先日、レンジャー522DVXを納艇致しました。

IMG_6913_1280.JPGIMG_6917_1280.JPGIMG_6916_1280.JPG

親子でいろいろなフィールドを楽しみたいとご購入いただいたお客様。お父さんはサムアップ、息子さんはピースサインをいただきました!

IMG_6920_1280.JPGIMG_6922_1280.JPGIMG_6926_1280.JPG

操船は息子さん担当。いい感じで操船されてました。

IMG_6940_1280.JPG

操船レクチャー後は春バスを求めて出船です。

このほどは当店でご購入いただきましてありがとうございました。これからのトレイルライフをしっかりサポートさせていただきますね。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
前編では導入手順、中編では実際の画像をご紹介した『ローランス ゴースト360を使ってみました!
 
 
最終回となる後編では便利な機能や気になる点についてご紹介します。

220322-360.png
 
1.ゴーストのフットスイッチでサーチ可能!

ゴースト360は魚探画面のスキャンスイッチを押してスキャンが開始しますが、スキャンするたびにしゃがみこんで魚探画面を操作するのは面倒ですよね。そこで利用したいのが、ゴーストのフットスイッチへの割り付けです。ゴーストのソフトを最新版にすることで3つあるフットスイッチのいずれかにゴースト360のScanスイッチを割り付けすることができます。
 
ペダルスイッチ.jpg
 
実際の割り付け方法ですが、ホーム画面から設定→オートパイロット→トローリングモーターの構成と進んで設定します。設定の操作方法を動画にしてみましたのでご覧ください!
 
 
 これでゴースト360をフットスイッチで操作することができます。
 
2.スキャン中にボートが流されると画像に影響あり!
 
ゴースト360を起動中にはアンカーモードを利用することができません。スキャン中にボートが流されると・・・

360乱れ.jpgテトラの位置にズレが・・・

この点をネガティブにとらえる方が多いと思いますが、

など、考えようによってはコストパワーマンスに優れた使える機能になります。もちろん、無風状態だったり、パワーポールを装備していれば最強です!

最近はレンタルボートでもゴーストを利用される方が増えてきました。

P2244759_1280.JPG【レンタルボート仕様】ローランス ゴースト
高額ですが、当店では売れ筋エレキのひとつになりました


パワーポールが装備できないレンタルボートやアルミボートだと当店が日本代理店を務めるシャローアンカーシステム『スティックイット』を使ってアンカリングすれば、きれいにサーチすることができますよ。


3.ゴーストのキャリブレーションは必ず実施! 
 
ゴースト360のスキャン画像の向きの基準になっているのはゴーストのバウオフセットです。正しい船首方向でバウオフセットを設定しないとボートの位置と表示画面の位置が合わない状態で表示されます。
 
バウオフセット.jpg
 なので必ずコーズトの初期決定のひとつであるバウオフセットの設定を行ってください。

3回に分けてご紹介しましたゴースト360、いかがだったでしょうか?
 
ローランス魚探とゴーストのソフト更新とゴースト(GHOST)アクティブイメージング3in1ノーズコーン振動子アクティブイメージング3in1振動子の導入だけで使えるゴースト360はローランスユーザーにとってはうれしいプレゼントでしたね。
 
当店にはゴースト360を試していただけるデモ艇がありますので、実際に体感したい方はハーツファインダー高橋(090-3470-1858)まで、お気軽にご相談ください。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ローランス ゴースト360を使ってみました!(前編)』ではゴースト360を導入するまでの手順をご紹介しました。
 
360_220318.jpg


中編では実際の画像をご紹介します。
 
1.スキャンスピードの違いによる画像比較

ゴースト360はスキャンスピードを高速・中速・低速の3段階に調整することができます。スキャンするのに要する時間は以下の通りです。

  • 高速・・・約20秒
  • 中速・・・約25秒
  • 低速・・・約36秒

スキャンするスビートが速いと画質が落ち、遅くするとより鮮明な画像を表示できます。スキャン中はアンカーモード機能を使うことができないのでボートが流されやすい状況なら高速か中速、無風状態やパワーポールなどでボートポジションを維持できるのなら低速、という感じで使い分けてください。
 
 
360高速.jpgスキャンスピード:高速
 

360中速.jpg

スキャンスピード:中速
 

360低速.jpg

スキャンスピード:低速
 
水深1.5mぐらいのシャローフラットにある沈船をそれぞれのスピードでスキャンしたところ、低速でスキャンしたほうが輪郭がはっきり出ている感じはしますが、びっくりするほどの差はない印象ですね。
 
2.水深による探査範囲の違い

ゴースト360の画像を見ると判りますが、サーチできない死角(中央黒丸部)があります。

360_5m.jpg
水深4.5mのフラットでスキャン
 

360_12m.jpg

水深12mの浚渫の穴でスキャン
 

水深を変えてサーチした結果、エレキ直下の水深とほぼ同じ距離が死角(画像中央の黒丸部)になるようです。

死角.jpg3.探査範囲の広さ

ゴースト360は455khz帯を利用することで探査範囲を広く設定できるのも特徴のひとつです。レンジを60mに広げて水深6m前後にあるテトラ帯をスキャンしてみると・・・

360_探査範囲.jpg

40m離れたテトラでもしっかりスキャンできています。これなら広大なエリアを一瞬で把握できますね!

ゴースト360の実力はいかがだったでしょうか?455khz帯でも描写力が高いのには驚かされました。

最後となる『ローランス ゴースト360を使ってみました!(後編)』では便利な機能と注意点についてお伝えします!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 22年1月に突然の発表で驚かされたローランス魚探の新機能、ゴースト360。

 G360_1.jpg

ハミンバードの専売特許だった360スキャン機能に新しいアプローチで参戦してきました。発表から時間が経ってしまって今更感がありますが、3回に分けてインプレしたいと思います。 

 ゴースト360ゴースト(GHOSTトローリングモーターにサイドイメージ機能を有するアクティブイメージング3in1振動子を取り付け、ゴースト(GHOSTトローリングモーターを魚探側で制御してサイドスキャンの映像から360の画像を生成させる機能です。
 
1.ゴースト360を使うには   
 
ゴースト360を使うには
 
 
が必要になります。  
 
まず、ローランス魚探のバージョンを確認しましょう。設定画面からシステム→仕様内で確認できます。  
 
IMG_2048.JPG
 
適用モデルなのにバージョンが22.1より古い場合は下記リンクのローランス ダウンロードサイトからローランス魚探で使用しているSDカードに当該ソフトをダウンロードして魚探をバージョンアップしてください。
 
 
バージョンアップ後、設定→システム→アンドバンス内の機能で「ゴースト360』を有効にすることでホーム画面にアイコンが出ます。 
 
 GHOST_2.jpg
 
次にゴースト(GHOSTトローリングモーターのバージョンも確認しましょう。
 
P1131753[1].jpg
ローランス魚探とゴースト(GHOSTトローリングモーターをNMEA2000ネットワークで接続した上でローランス魚探の設定→ネットワーク→デバイスリスト→GHOSTからバージョンを確認。Ver.1.2より古い場合、魚探と同じく下記リンクのローランス ダウンロードサイトからローランス魚探で使用しているSDカードに当該ソフトをダウンロードしてゴースト(GHOSTトローリングモーターをアップデートしてください。
 
 
最後は振動子。ゴースト(GHOSTトローリングモーターに内蔵されている振動子はHDI振動子です。なのでゴースト(GHOST)アクティブイメージング3in1ノーズコーン振動子に交換する必要があります。
 
274364373.jpg
 
HDI振動子ノーズコーンを外してゴースト(GHOST)アクティブイメージング3in1ノーズコーン振動子のケーブルを接続。
 

 273738307_940685119949671_5978850359441809121_n.jpg
 
六角レンチで締めて・・・
 
273885980_1972992016217695_782481077563821416_n (1).jpg
 
完成です。
 
274228540_283863223863177_2687433018827457378_n.jpg
 
既にアクティブイメージング3in1振動子をお持ちの方はローランスゴースト用ブラケットローランス3in1振動子プロテクターを使ってモーター下部に設置することも可能です。
 
ghost_4.jpeg
 
2.操作方法  
 
ホーム画面から「GHOST360」アイコンをタッチすると、360の表示画面とメニュー画面となります。

 
360_6.jpg
 
メニュー画面の「Scan」を押すと360モードになり一定スピードでエレキが180度回転しながら静止画像を生成します。生成させるまでの一連の流れを動画にしましたのでご覧ください。
 
 
スキャンを停止させるには、魚探の「Stop scan」をタッチするか、ゴーストのペダルを操作するかスポットロックする事でスキャンが停止します。停止してもスキャン画像が保持されるので画像を見ながら釣りをすることができます。
 
次回は設定や水深による写りの違いを紹介します!  
 
ローランス魚探に興味がある方はハーツファインダー高橋(090-3470-1858)まで、お気軽にご相談ください。




 

 

先日、トライトン18エクスプローラーを納艇致しました。

IMG_6794_1280.JPGIMG_6791_1280.JPG
大きなボートへのお乗り換えを考えていたお客様。念願の愛艇に笑顔のサムアップです。

IMG_6796_1280.JPGIMG_6797_1280.JPGIMG_6803_1280.JPG
絶好の納艇日よりの中、気持ち良さそうに操船。

IMG_6807_1280.JPGIMG_6830_1280.JPG
納艇レクチャー後は牽引についてもレクチャー。最後は満面の笑みをいただきました!

このほどは当店でご購入いただきましてありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。






クラシックEXPOで発表されたスズキマリンのNEWモデル船外機がDF250ATSSです。
 
DF250SS_Mat_2105.jpeg
 
プレスリリースによると
 
  • 電子制御のスロットルシステム
  • 素早いホールショット・ミドルレンジのトルク向上・低燃費を実現
  • 左右非対称のスゲクにするなどした新設計のギアユニット
  • 全体の性能を向上させる新しいプロペラ
  • 新しいカウルデザインとカラーリング
  • アメリカでは今夏ごろの発売で価格は未定
 
などの特徴がある船外機とのことです。いろいろとパトロールしても詳細なスペックを見つけることができず・・・今秋にはDF115ATSSも発売されるとのこと。
 
AAUCaMG.jpg
 
日本で発表はあるのか?は今月末、2年ぶりに開催されるジャパンインターナショナルボートショー2022で確認してきますね。




 先週末、ハートウェルで開催されたバスマスタークラシック。初出場を果たした青木大介プロに7位と健闘した伊藤巧プロ。二人の日本人が出場したことで注目されましたが、同時開催されたクラシックEXPOで注目されたのがレンジャーZ521Rでした。

 
Z521R-4.jpg

いろいろとパトロールしてみましたが、クラシックEXPOで発表されたNEWモデルはレンジャーZ521Rしか見つけられませんでした。


まずはレンジャーZ521Rの動画をご覧ください。  

 

レンジャー社にとって2023年度は55周年となるようで記念モデルとしてフラッグシップモデルの発表となりました。  

Z521R-0.jpg特別なデカールが目を引きますね

昨年のバスマスタークラシックのエキスポで発表されたレンジャーZ520Rは発表前にリーク情報が拡散したことで大きな話題になりました。

 
22_RAFI_Z520R_R009-b.jpg


参照ブログ:
http://www.heartsmarine.com/202106/z520r.html

 Z521Rの基本的なデザインはZ520Rと同じですね。Z520Rと比べると船体が1フィート弱、長くなって最大搭載馬力が50馬力アップの300馬力!フラッグシップモデルにふさわしい風格のあるボートに仕上がっているようです。

動画から注目点を拾ってみると・・・

Z521R-2-2.jpgZ521R-10.jpgZ521R-11.jpg

視界を遮ることなく12インチの魚探を2台配置できるコンソール

5d3_3117.jpgZ520Rも同じデザインですが、マウントメーカーからのサポートが理由なのか、単純に穴を開けたくないのか、使っていないプロが多いです(笑)

 Z521R-3.jpgZ521R-3-2.jpgメーター類は9インチのタッチパネルに集約 

Z521R-6.jpgフォブキーが手元にないとかからないプッシュボタン式のイグニッションキー
忘れ物が多い人だとちょっと心配になる機能ですね・・・

 

Z521R-8.jpg魚探をまっすく設置できるバウのパネル 

Z521R-7.jpg注目してほしいのはセンターストレージではなく左舷側のストレージ。Z521Lにはあったクーラーボックスがなくなっています。アメリカの掲示板では文句を言っている人が多いです(笑) 

Z521R-9.jpgZ520Rから採用されたシェルバックシートは運転席・助手席とも前後にスライド

Z521R-5.jpgこういうアングルがカッコいいのもレンジャーならでは

  レンジャーの日本代理店であるFUSIONさんも触れていましたが、琵琶湖や霞水系などの大規模レイクでは20フィートクラスより21フィートクラスに乗りたい!って方が多く、300馬力が搭載できるのもポイントで発表を待ち望んでいた方も多いと思います。

当店では
レンジャー新艇のご相談を承ります。来シーズンはレンジャー新艇で!とお考えのお客様はお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールからご連絡くださいませ。 





 
 

              

 

右セレクトバナー
右レンタルバナー
右レンタルバナー
右ガイドバナー

ご案内

HEARTS MARINE
HEARTS MARINE
〒314-0122
茨城県神栖市萩原182-1
TEL 0299-77-9212
FAX 0299-77-9213
HD 090−1422−6511(春木)
http://www.heartsmarine.com/

Movable -ケータイ-

HEARTS MARINEQRコード

アーカイブ