スナガ イーグル205の特徴 その3

 スナガ イーグル205の特徴その3ではストレージ関係を紹介したいと思います。
 
12360305_1226088637407249_4994928328729155755_n.jpg
フロントのセンターストレージは近年のトレンドを意識したデザインです。これは賛否が分かれるところですが、個人的には嫌いではないです。
 
IMG_3628[1].jpg
このセンターストレージは汚れた時は水洗いできるよう、あえてカーペット張りしていません。水抜けが良くなるように大きな水抜き穴が設置してあり、ここに水が集まるようストレージ全体が手前に傾斜しています。
 
IMG_3630[1].jpg
何よりも特徴的なのがその大きさ。人気タックルBOXであるバーサス3080を入れてみるとご覧の通り。ホームセンターで売っている買い物かごでタックル毎に分けたり、仕切りを自分で作製するなど、自分でどのようにもアレンジできる広さです。
 
IMG_3740[1].jpg
IMG_3736[1].jpg
助手席側には小さなドライストレージがあります。船検書類などを入れるのにちょうどいいサイズ。ダブルコンソールにした場合にはストレージの蓋を取ってコンソールを取り付けるそうでこのドライストレージは使えなくなります。
 
12360305_1.jpg
フロントデッキのステップはクーラーBOXになっています。
 
12360305_2.jpg
これらのストレージはボタン式の留め具になっていたのですが、来場者から多くのご指摘を頂いたそうで違った方法を検討するとのことでした。
 
IMG_3724[1].jpg
シートの下にもストレージがあります。ここも水が抜けやすいように段差が付けてあります。ちょっとしたことですが、こだわって作ってますね。
 
IMG_3730[1].jpg
シート中央も近年のトレンドであるグローブBOXになっています。蓋はFRPがむき出しになっていますが、ちゃんと裏張りされるそうです。
 
IMG_3713[1].jpg
リアのストレージも以前のイーグルと比べると大幅に容量が拡大。ここも溝が付いていて水が抜けやすくなっています。
 
IMG_3593[1].jpg
後方のストレージは今までのイーグルと同様に広々としています。メカニックとしては作業が非常にやりやすくて助かります。
 
IMG_3666[1].jpg
ユーザーとしても法定備品やフェンダーなどを入れるスペースとして重宝します。
 
IMG_3658[1].jpg
給油口はイーグル155と同じくストレージ内にあります。ストレージロックを付ければイタズラや盗難防止になります。日本のメーカーならではの工夫ですね。
 
IMG_3668[1].jpg
給油口の使い勝手を確認するために多くのユーザーが行なっている携行缶での給油をさせてもらいましたが、リアに滑り止めが付いたステップがあっていい感じに給油できました。
 
IMG_3859[1].jpg
3回にわたってイーグル205の特徴をお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。既にたくさんの方からお問い合わせやご相談を頂いております。今回のレポートを見て気になった方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご相談ください! 
 
 
 
 
右セレクトバナー
右レンタルバナー
右ガイドバナー

ご案内

HEARTS MARINE
HEARTS MARINE
〒314-0122
茨城県神栖市萩原182-1
TEL 0299-77-9212
FAX 0299-77-9213
HD 090−1422−6511(春木)
http://www.heartsmarine.com/

Movable -ケータイ-

HEARTS MARINEQRコード

アーカイブ