お待たせいたしました。バスキャット エイラの詳細をUPしました。
 
IMG_0726[1].jpg
 
事前にご連絡頂ければいつでもご試乗頂けます。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。 
 
 
 
 
【2018/05/19追記】
V8 4ストロークエンジンのRacingモデルも発表されました!
 
ac1_1083.jpg
動画を見るだけでワクワクしますね!
 
 
 

 
 
今年の2月に発表されたマーキュリーのNEW 4ストロークエンジン。
 
 
ラインナップが175・200・225馬力の3種類 だったこともあって前々から噂されていたとおり、250・300馬力が発表されました。
 
fourstroke-300.png
 驚くべきはマーキュリー社最大の排気量と言われたV6の4ストロークエンジンを更に上回る4.6リッターのV8エンジンで重量は239kg
 
同時に発表されたNEW 4ストロークエンジンのProXSシリーズは200・225・250・300馬力の4モデルが4.6リッターのV8エンジンで重量は229kg!!
 
proxs.jpg
 V6の4ストロークエンジン同様、他社の同馬力4ストロークと比べ、最大で15%以上の燃費が向上しているとのことです。
 
これですべての馬力がラインナップされたことになります。流れは完全に4ストロークですね。日本正規代理店であるキサカさんによると2ストロークのOptiMAXやProXSは在庫限り、XS Racingは入手困難とのことです。マーキュリーのHPにはすでに記載がありませんね。
 
 
載せ替えを検討しているお客様でやっぱり2ストロークのパンチは捨てがたい!とお考えの方はお早めにご相談ください。
 
V6の4ストロークエンジンは順調に進めば年内発売、V8の4ストロークエンジンは来年初めには発売とのこと。どんなエンジンなのか、楽しみです。
 
 
 
 
 
 
ハミンバードSOLIXシリーズのご紹介その1では外観の違いについてご紹介しました。
 
 
その2では、変更されたハードウェアーについて前回同様にSOLIX 10 CHIRP MEGA SI GPS、同じ画面サイズのHELIX 10 CHIRP MEGA SI GPS G2Nとの比較も交えてご紹介します。
 
まず、キーパッド下に設置されてるSDカードスロットがSDカードからmicroSDカードへ変更になりました。同時にカードスロットのカバーも奥行きのあるタイプに変更されてます。
 
IMG_3231.JPG
HELIXシリーズでは80マイル走行時に蓋が開くことがありましたが・・・
 
IMG_3140.jpg
 SOLIXシリーズでは密閉性・防水性の向上が図られていますね
 
今回のモデルで一番の注目はタッチパネルの採用です。画面上にあるアイコンをタッチすることで、ダイレクトに希望のメニューへ進む事ができます。
 
snp0508185837.jpg
 また、解像度も向上しています。
 
  • HELIX 10   モニタードット数 1024H×600V
  • SOLIX 10   モニタードット数 1280H×800V
  • HELIX 12   モニタードット数 1280H×800V
  • SOLIX 12   モニタードット数 1280H×800V
  • SOLIX 15   モニタードット数 1280H×800V
 
snp0517182028.jpg
 SOLIXシリーズはすべて最高解像度モニターが採用されたことになります。 
 
前回のブログで接続端子の仕様変更をお知らせしましたが、SOLIXシリーズには新たにNMEA2000の接続端子が追加されました。
 
IMG_3228.JPG
世界的マリン規格であるNMEA2000端子が追加されたことで、同規格の外部アンテナ接続することができるようになります。
 
外部アンテナとして人気のローランス Ponint-1をテスト接続して見たところ、接続機器として認識できました。これによりローランス ・ハミンバードの2台体制でもアンテナをひとつに集約することができるようになりますね。
 
snp0508185918.jpg
第3回は操作性ついてご紹介しますね。お楽しみに。
 
 
 
もご覧下さいませ!
 
 
 
 

 

 当店の公式Facebookページでお知らせしました通り、バスキャット エイラを委託をお預かりしました。
 
IMG_0699[1].jpg
程度は極上!毎年、ガラスコーティングを施工してますので新艇の輝きを維持しています。魚探は付属しませんが、パワーポールは破裂防止のために現行モデルのホースに交換済みです。
 
詳細をUPするまで少しお時間を頂きますが、気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
 
 
先日、ご依頼頂いていたけん引車の950登録を行いに東京運輸支局(品川区)へ行ってきました。 
 
IMG_0880.JPG
950登録とは当該けん引車がけん引可能なトレーラーの車両総重量を車検証に記載することで登録することでその範囲内であればどのトレーラーでもけん引出来るようになります。但し、書き換えはナンバープレートを管轄する陸運支局でしか出来ない為、品川へ出張しました。 
 
車検証.jpg
今回、ご依頼頂いた車両は4WDのSUVだったので通常のけん引であれば十分に余裕のある緒元でした。オーナーさんは今後、長距離のけん引をするそうなので安全運転でお願いします!
 
当店ではトレーラーの様々なご要望承りますので、お気軽にご相談ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今春から正規代理店であるFUSIONさんのご協力により取り扱いを始めたBULLET BOATS(バレットボート)
 
BULLET boat.jpg
バレットボートは霞水系で90年代後半から2000年前半にかけて販売数を伸ばしたバスボートブランドのひとつです。当時は20フィートの20XDや20XDCが人気モデルでレーシングエンジンとの組み合わせで80マイルオーバーで走行できる数少ないバスボートでした。
 
150723_550897368284570_1132335348_n.jpg
人気モデルだった20XDC
 
現在、BULLET社では20XDや20XDCなどの従来モデルは『20' Length Classic』という位置づけで『基本的には生産しませんが、欲しいならワンオフで作りますよ!』的な扱いとなっています。
 
現行モデルと言えるのは21フィートの21SSTと21フィート10インチの21XRS21SDCの3モデルになります。 
 
 
27858765_1592756927506028_169631670025257067_n.jpg
 
21sdc_hp.jpg
 
21SSTは今現在、販売されている船外機で最高のパフォーマンスが発揮できるよう2011年に新設計された21SSをベースにデッキレイアウトをトーナメント仕様にしたもので現行モデルの中では最高の走りを提供するモデルです。
 
24296635_1527469854034736_4963344816609842260_n.jpg
 イエローカラーが21SST、レッドカラーが21SS
21SSTは近年のトレンドを意識したデッキレイアウトになりました
 
21XRSは21フィート10インチの従来モデルのハルをベースに外観は21SSのデザインを踏襲、デッキレイアウトをトーナメント仕様にしたモデルです。
 
31064324_1582461558469869_7640281726165450752_n.jpg
 FLW TourのAOYを3度獲得しているアンディー・モーガンほか
複数名のプロが21XRSでFLW Tourに出場しています
 
21SDCはシングルコンソールの21XRSのダブルコンソールモデルです。
 
27540131_1592789927502728_555600325003324997_n.jpg
 セパレートタイプのコンソールではなく、船体と一体成型です
 
 お勧めはバレット社が『The ultimate fishing machine!』と称する最新モデル、21SSTでしょうか。
 
29749321_1646339085481145_6055982038144553659_o.jpg
マーキュリーProXS250との組み合わせでも90マイル近い領域にあなたを誘います
Racingモデルと組み合わせたら・・・と想像するだけでワクワクしてきますね
 
他のバスボートブランドでは味わえない至福の瞬間と究極のパフォーマンスを提供するバレットボートが気になる方はお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールにてご相談ください。
 
 
 
 
 昨日、バスキャット リンクスを納艇致しました。
 
IMG_0659[1].jpg
IMG_0667[1].jpg
IMG_0664[1].jpg
念願のフラッグシップモデル、こだわりのカラーオーダーも思った通りの仕上がりで喜びのダブルピースです。
 
IMG_0670[1].jpg
IMG_0678[1].jpg
IMG_0682[1].jpg
お乗り換えのお客様ですから操船はスムーズ。以前、所有されていたボートと比べると2ランク上となるリンクスの大きさや速さに興奮が隠し切れないご様子でした。
 
このほどは当店でご購入頂きましてありがとうございました。新たなバスボートライフを全力でサポートさせて頂きますね。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
当店のブログでも以前にアナウンスしましたが、抜群の描写力で人気のハミンバードより、待望のクロスタッチインターフェイス搭載モデル 「SOLIXシリーズ」がついに発売されます!
 
IMG_3137.jpg
今回、輸入代理店である岡田商事様のご配慮により、発売前の実機SOLIX 10 CHIRP MEGA SI GPSをお預かりさせていただきましたので、同じ画面サイズのHELIX 10 CHIRP MEGA SI GPS G2Nとの比較でご紹介します。
 
 第1回はサイズと外観です。
 
IMG_3138.jpg
本体のサイズは、SOLIX10のほうが全体的にコンパクトになってます。
 
  • SOLIX10本体サイズ:縦179mmt × 横300mm
  • HELIX10本体サイズ:縦181mm × 横341mm 
液晶モニターは同じ10インチですが縦横比が若干変わってます。サイドイメージの表示では横幅が広いほうが有利とされてますが、通常魚探の表示も考慮してSOLIXシリーズはあえて縦横比を変更してきたようです。
 
  • SOLIX10画面サイズ:縦135mm × 横217mm
  • HELIX10画面サイズ:縦125mm × 横222mm 
本体サイズが変わったと同時にコの字架台も変更されており、HELIXシリーズとの互換性はありません。幅は狭くなり、曲がりやすかったノブのネジサイズも太くなりました。
 
IMG_3129.jpg
IMG_3131.jpg
左のノブがSOLIXシリーズのものです
 
次にお約束の重量測定を実施。SOLIX10はコの字架台を外した状態で2,405gでした。HELIX10が2,255gでしたので、若干の重量アップとなってます。コンソールにサイドバイサイドで取り付けたい時にはパネルの強度も意識しないといけませんね。
 
IMG_3133.jpg
外観で大きく変わったのは、キーパッドのデザインです。タッチパネルが注目されてますが、キーパッドもコントロールノブとジョイスティックが追加されたことで操作性の向上が図られています。
 
IMG_3141.jpg
最後に裏側の接続端子です。従来のハミンバードではホルダーで全てのケーブルが一度に接続できましたが、SOLIXシリーズは他社GPS魚探と同じくそれぞれのケーブルをネジ式で固定する方法に変更されました。
 
IMG_3143.jpg

IMG_3150.jpg

右から振動子、イーサネット、NMEA0183

この変更によりMEGAイメージング用の振動子もHELIXシリーズとの互換性が無くなりました。

IMG_3152.jpg

 左がSOLIXの振動子端子、右がHELIXの振動子端子です 

 
第2回はハードウェアの変更点についてご紹介します。お楽しみに。
 

 

 
 
 


不定期連載中のバスキャット パンテラクラシックのご紹介。
 
 
最終回はパンテラクラシックの浮き姿勢についてです。撮影時の条件は以下の通りです。
 
  • エンジンはスズキDF200A(重量239kg、マークProXS200は234kg、ヤマハSHO225は239kg)
  • ガソリン40リッター
  • ライブウェルは空
  • 赤のショルダーライジャケ搭乗者体重50kg
  • 赤黒の腰巻ライジャケ搭乗者体重64kg
まず、横向きから。
 
IMG_0355.jpg
ちょっとスタンヘビー気味の浮き姿勢です。
 
IMG_0369_2.jpg
合計体重100kgが前に立つとレンジャーっぽい浮き姿勢に。

IMG_0372.jpg
フロントデッキに二人並んで釣りをする時のポジションでは体重50kg搭乗者ひとりの時とほぼ同じ浮き姿勢ですね。
 
IMG_0375.jpg
体重64kgの搭乗者が後ろに立つと前がかなり浮きますね。
 
IMG_0378.jpg
二人が入れ替わると体重50kg搭乗者ひとりの時とほぼ同じ浮き姿勢になりました。
 
続いて正面。
 
IMG_0361.jpg
IMG_0364_2.jpg
体重50kgぐらいではさほど傾きを感じることがないレベル。
 
IMG_0380.jpg
IMG_0385.jpg
さすがに合計体重100kgが端に立つとそれなりに傾きますね。
 
総じてバスキャットらしい浮き姿勢でした。走破性とフィッシャビリティーの両立を目指すとこういう浮き姿勢になるのかな!?と思います。ちなみにパンテラクラシックとスズキDF200Aとの組み合わせでプロペラチェック走行では時速105kmでした。慣らしが終わればもう少し伸びるかもしれません。
 
以上、5回にわたってお伝えしたパンテラクラシックのご紹介、いかがだったでしょうか。20フィートオーバークラスが700万円以上する中で、19.5フィート200馬力搭載モデルで500万円台のボートはそう多くはありません。決して安い買い物ではありませんが、リーズナブルな価格とも言えるパンテラクラシック。夏には試乗艇をご用意できる予定ですので来春はパンテラクラシック新艇で!という方はお楽しみにお待ちください。
 
 
 
 
 
 

4月15日に予定されていたJB霞ヶ浦第2戦が悪天候で6月3日に延期となり、ハーツマリントーナメント2018第1戦と重なることになりました。

ハーツマリントーナメントのスケジュールを変更することも考えましたが、日程的に難しいと判断。同日に以下の手順にて開催することを決定しました。

  1. JB霞ヶ浦参加者でハーツマリントーナメントクラシック出場を目指す方は参加費1,500円(クラシック積立金とします)を支払うことでJB霞ヶ浦で記録した重量をハーツマリントーナメントの年間順位算出の成績とします。但し、ハーツマリントーナメント2018第1戦の表彰の対象とはなりません。

  2. 当日はハーツマリントーナメント参加者もJB霞ヶ浦参加者も出船準備を終えて全員、5時にクラブハウスに集合。出船の順番を決めるために受付してください。

  3. ミーティング終了後、最初にJB霞ヶ浦参加者をランチングします。続いてハーツマリントーナメント参加者を抽選順にランチングいたします。

  4. 以降はハーツマリントーナメントルールに基づいて進行します。

ハーツマリントーナメント参加者・JB霞ヶ浦参加者ともにご迷惑とお手数をお掛け致しますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 
 
 
 
 トライトンTr-21をご成約頂きました。
 
IMG_0261[1].jpg
お仲間さんでバスフィッシングを楽しみたいとお考えでしたお客様。ボートの広さと速さが決め手となってご成約頂きました。併せて最新GPS魚探もご依頼いただきました。
 
また、詳細UP前でしたが、ホーク スーパー1900もご成約頂きました。
 
P4032052[1].jpg
以前、バスボートを所有されたいたお客様。念願の復活です!
 
両艇とも少しお時間を頂きますが、楽しみにお待ちくださいませ。ご成約ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日、バスキャット パンテラクラシックを納艇致しました。
 
IMG_0483[1].jpg
IMG_0486[1].jpg
昨年7月にオーダー頂き、待つこと約9ヶ月。待ちに待った納艇に喜びのVサインです。
 
IMG_0498[1].jpg
 お乗り換えのお客様でしたので操船はお手のもの。お子様も笑顔全開!
 
IMG_0507[1].jpg
 湖上レクチャー後はご家族で楽しむことに。良いG.W.の思い出になったでしょうか!?
 
このほどは当店でご購入頂きましてありがとうございました。いろいろとご迷惑をお掛け致しましたが、これからのバスボートライフをしっかりサポートさせて頂きますね。今後ともよろしくお願い致します。
 
 
 
 
 
 
恒例の走行会を開催いたします。ブイを浮かべてスラローム走行のタイムを計ったりしますが、あくまでも速さを競う会ではなく、バスボートの操船技術向上を目的とした催しです。
 
IMG_2835[1].jpg
今回は当店保有のバンブルビーでのワンメイクを考えていますので、どなたでも気軽に操船のスキルアップができるのではないかと思います。
 
IMG_8743[1].jpg
≪開催要綱≫
 集合日時:5月20
日(日)9:00(雨天・荒天中止)
 集合場所:ハーツマリン 
 参加費:無料
 終了時間:14:00頃
 
※当店の会員さん以外でも参加可能です。事前に0299-77-9212(担当 春木)までお気軽にお問合せください。
 
 
 

  HEARTS MARINE公式Facebookページ

 
 
 
 
 
 
 
 不定期連載中のバスキャット パンテラクラシックのご紹介。
 
 
その4はパンテラクラシックの気になる点についてです。パンテラクラシックのガソリンタンク容量は30ガロン約113リットルです。このクラスでは少なく感じますね。
 
P4162153[1].jpg
タンクは現状ではアルミ製ですが、いずれは樹脂製に変わるそうです
 
トーナメントで霞水系や琵琶湖などの大規模レイク全域をランガンすることを考えるとちょっと不安という方のために20リットルのガソリン携行缶を試しに持ち込んでみると・・・
 
IMG_0098[2].jpg
ピッタリ!
 
 センターストレージに2缶が余裕で入ります。深さもありますのでロッドを入れても干渉しませんし、棚を自作すればタックルなども入れることができます(携行缶をボートに積むことを推奨している訳ではありません。あくまで自己責任でお願いします)。
 
パンテラクラシックの給油口は外側に向けて開くのでボート上からガソリンを入れるのも容易です。
 
IMG_0163[1].jpg
IMG_0161[1].jpg
次にバッテリーストレージ!?と呼んでいいのか判りませんが、リアのスペースです。ハッキリ言ってかなり狭いです。
 
P4162155[1].jpg
P4162156[1].jpg
見ての通り、4ストロークエンジンを搭載した場合はオイルタンクがありませんからバッテリーをもうひとつ積んで36V仕様のトローリングモーターを使用することができますが、2ストロークエンジンを搭載した場合はビルジポンプや振動子を設置するスペースの上に棚を作るなどして設置する必要があります。
 
P4162162[1].jpg
ダブルパワーポール仕様だとポンプを2個設置する必要があります。バッテリー4個にオイルタンクとパワーポールポンプ2個を設置できるかどうか試したわけではありませんが、かなり難しいと思います。どうしても!ということであればリアのストレージやセンターストレージに設置するようになると思います。
 
最終回となる第5回はパンテラクラシックが湖上に浮かんだ時の姿勢をご紹介したいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このほど当店では正規代理店であるFUSIONさんのご協力によりバレットボートの取り扱いを始めることになりました。
 
29749321_1646339085481145_6055982038144553659_o.jpg
 
バレットボートと言えばカッ飛び系のバスボート。昨今のバスボートブランドの多くが個性を失う中、創業当初から速さを追求する異色のブランドです。近年のモデルは重量化した船外機に対応するために設計変更、使いやすいデッキレイアウトを採用するなど進化を続けています。
 
26172590_1556024621179259_7286362437673174523_o.jpg
フォルムを見ているだけで男心を揺さぶるカッコ良さ、ハンドルを握ればオーナーを異次元の世界に誘い、派手なカラーやカスタマイズが似合うボートはそう多くありません。
 
そんな個性の塊ともいえるバレットボートを関東のお客様にお届けできることをスタッフ一同、喜んでおります。バレットボートの新艇が気になる方はお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールにてご相談ください。
 
 
 
 
 お待たせしました。チャージャー295TFの詳細をUPしました。
 
IMG_0392[1].jpg
 
事前にご連絡頂ければいつでもご試乗頂けます。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。 
 
 
 
 
 
5年以上使用されなかったヤマハHPDI 200。長期不動の場合、フューエルポンプの固着は必至ですが、ここまで凄いの初めて見ました。
 
P4190052[1].jpg
出てくるガソリンは茶色。匂いも酸っぱい感じ。
 
P4190053[1].jpg
 
P4190058[1].jpg
そしてポンプはタール状を通り越して粉ふいてるし。
 
P4190061[1].jpg
とりあえず溶剤に漬け込んでみます。通常3時間ほどで洗浄できることがほとんどですが、これは一日以上かな。
 
P4200063[1].jpg
一日後、周りはキレイになったけど、電圧かけても作動せず。もう一日漬け込んでみますが、さすがに復活はムリかもしれませんね?
 
 
 
 

   HEARTS MARINE公式Facebookページ

 
 
 
 
2018年モデルのスキーターZX200をオーダー頂きました!
 
zx200-gallery13.jpg
zx200-gallery05.jpg
zx200-gallery14.jpg
いろいろなボートブランドをご検討されていたお客様。最終的には思い入れの強いスキーターからスキーターへのお乗り換えをご決断頂きました。納艇までかなりのお時間を頂きますが、楽しみにお待ちください。
 
今回の商談にはスキーターの日本正規代理店であるヴァイタルスピリット(ハイテックボート)さんに多大なるご協力を頂きました。スキーターはパッケージ販売がメインで選びやすいですね。
 
スキーターボートジャパンHP:http://www.hitechboats.jp/skeeter/
 
興味がございましたらお気軽に0299-77-9212までご相談くださいませ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 昨日、トライトン19XSを納艇致しました。
 
IMG_0335[1].jpg
IMG_0337[2].jpg
いつかはフルサイズのボートをけん引したいと考えていたお客様。理想のボートへのお乗り換えにご満悦です。
 
IMG_0330[1].jpg
IMG_0352.jpg
お乗り換えなので湖上レクチャーはなし。新たな相棒をお清めして春のデカバスを狙いに出船されました。
 
このほどは当店でご購入頂きましてありがとうございました。新たなバスボートライフをしっかりサポートさせて頂きますので今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
先日持ち込みでご依頼頂いていたチャンピオンミーンボートトレーラーの継続車検を受けに陸運支局に行ってきました。 
 
IMG_0840.JPG
3月は年度末でたくさんの車で混み合っていましたが、4月に入って比較的スムーズに検査出来る様になりました。検査も一発合格で問題ありませんでした。オーナーさん今年も安全運転でのトレールをお願いします! 
 
bb.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
こちらはトレーラーをけん引する自動車を乗り換えたオーナーさんからのご依頼でトレーラー車検証へけん引車を追加しました。
 
けん引する自動車へ950登録(けん引出来るトレーラーの総重量を記載)してあれば総重量記載範囲内のトレーラーは個別に指定しなくてもけん引出来ますが、けん引する自動車が950登録していない場合や総重量2トンを超えるトレーラーをけん引しようとする場合は、個別に連結検討書を作製してどちらかの車検証に記載しなければなりません。トレーラーをけん引する方は念のため、ご自身の車検証を確認してくださいね。 
 
当店ではトレーラーについての様々なご要望承りますので、お気軽にご相談下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
不定期連載中のバスキャット パンテラクラシックのご紹介。
 
 
その3はリアデッキとシート下のストレージについてです。パンテラクラシックのリアデッキは少し狭めです。
 
IMG_0169[1].jpg
それでも両サイドに大きなストレージがあります。
 
IMG_0175[1].jpg
 残念ながらバーサスVS-3080は幅が足りなくて入りませんでしたが、プラノ3700を入れるとご覧の通り。
 
IMG_0179[1].jpg
 深さもあって充分な容量です
 
 バスキャットの特徴でもあるシート下のストレージ。もちろん、パンテラクラシックにもあります。
 
IMG_0172[1].jpg
 船舶検査証書などを入れておくには十分な容量です。中央は水抜き穴がありますのでクーラーBOXとして使うことができます。
 
フロントデッキへ上がるステップもクーラーBOXとして使えます。
 
IMG_0185[1].jpg
 
IMG_0182[1].jpg
 二人分の弁当を入れるにはちょっと狭いかも・・・
 
2回に分けて紹介したパンテラクラシックのストレージ。19ftクラスのバスボートの中ではトップクラスのストレージ容量だと思います。
 
第4回は良いところばかりではない!?パンテラクラシックの気になる点について紹介いたします。
 
 
 
 
 
 

 

 大変お待たせいたしました。トライトンTr-21の詳細をUPしました。
 
IMG_0267[1].jpg
 
事前にご連絡頂ければいつでもご試乗頂けます。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。 
 
 
 
 
 レンジャーのNEWモデル、Z521Lをオーダー頂きました。
 
Z521L_3.jpg
年明けからご相談を頂いていたお客様。将来のビジョンを明確に抱いて時間を掛けて環境を構築。フラッグシップであるレンジャーZ521Lをオーダー頂きました。キャンペーンはパワーポールブレイド8ftを選択されました。
 
cq5dam.web_2.jpeg
かなりのお時間を頂くことになりますが、楽しみにお待ちください。ありがとうございました。
 
レンジャー・トライトンのキャンペーンも残りわずかです。
 
 
レンジャー・トライトンの新艇をご検討のお客様がいらっしゃいましたらお気軽に0299-77-9212までご相談ください。
 
 
 
 
 
昨年から続く中古艇不足により恒例のお年玉セールができませんでしたが、委託艇でお預かりしているボートのオーナーさんにご協力を頂きましたので5月6日までスプリングセールを実施いたします。
 
IMG_9499[1].jpg

BassCat Puma 2005年モデル 348万円

 
IMG_9776[2].jpg
 Triton Tr-21X 2005年モデル 348万円
 
また、近日中に入庫予定の中古艇もセール価格で販売いたします。
 
P4032060[1].jpg
Triton Tr-21X+ヤマハSHO250 99年モデル 228万円
 
P4032056[1].jpg
Charger 295TF +マーキュリー200 97年モデル 78万円
 
P4032052[1].jpg
HAWK Super1900 +マーキュリー150 01年モデル 78万円
 
販売中の2艇はもちろん、入庫予定の3艇も現物確認・試乗が可能です。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
 
 
 バスキャット パンテラクラシックのご紹介 その1ではデッキの広さについてご紹介しました。
 
 
その2はフロントデッキのストレージについてです。パンテラクラシックは最近のトレンドであるセンターストレージがロッドストレージになっています。
 
IMG_0049[1].jpg
レンジャーやトライトンのそれと大きく違うのはセンターロッドストレージの幅を控えめにして右舷側のストレージの容量を増やしていることです。
 
IMG_0064[1].jpg
右舷側後方のストレージはかなりの容量です。
 
IMG_0071[1].jpg
バーサスVS-3080が余裕で入ります
 
IMG_0075[2].jpg
プラノ3700なら20個近く入れることができます
 
その1でご紹介しましたが、ストレージを開けてもロッドに干渉することがないのでストレスなく開け閉めができます。
 
IMG_0143[1].jpg
サイドのストレージからタックルを取り出すときにはアングラーがセンターストレージに腰かけることになるので使用頻度が少ないタックルや予備のロッドを入れておいて使用頻度の高いタックルはサイドのストレージを使うというのがバスキャット社のコンセプトではないかと想像します。
 
右舷前方のストレージもかなりの容量です。
 
IMG_0083[1].jpg
プラノ3700を10個近く並べることができます
 
左舷側のストレージは右舷側のストレージと比べてあまり深くはありませんが、それなりの容量があります。
 
IMG_0054[1].jpg
ロッドオーガナイザーは付いていません
 
IMG_0085[1].jpg
なんとかバーサスVS-3080が収まる深さです 
 
IMG_0147[1].jpg
センターストレージに腰掛ければ容易に取り出しができます
 
センターストレージはかなりの深さがあり、上部がロッドストレージという位置づけです。
 
IMG_0051[1].jpg
 
IMG_0066[3].jpg
上部にロッドが9本並ぶオーガナイザーが付いています。ロッドは傷つけたくないので当店で販売しているロッドクローブは必須ですね。
 
 
下部は相当な容量です。
 
IMG_0096[1].jpg
バーサスVS-3080がピッタリサイズで横に置けます
 
IMG_0091[2].jpg
ロッドを入れなければバーサスVS-3080を立てても置けます
 
 なかなか使い勝手が良いストレージになっているバスキャットパンテラクラシック。4月中であれば実物を見学して頂けますので気になる方はお気軽に0299-77-9212までご相談ください。
 
第3回はリアデッキのストレージについてご紹介いたします。お楽しみに。
 
 
 
 

 

 ガーミンECHOMAP Plus 95svローランスElite-9TiホンデックスHE-9000ハミンバード HELIX 7 SI GPS G2Nなどの売れ筋GPS魚探の購入を検討されている方に朗報です!
 
今までは10万円以上35万円未満のパーツ類のローンクレジットの金利は12.5%でした。GPS魚探の売れ筋モデルは20万円前後ですからローンクレジットで購入する場合は金利12.5%の通常クレジットを利用して頂いておりましたが、特別金利8%キャンペーンを実施いたします。
 
GPS魚探の売れ筋モデルを20万円の金利12.5%通常クレジット24回払いで購入した場合は・・・
 
FireShot Capture 90.jpg
月々10,875円、分割金利手数料27,075円となります。
 
同じく20万円を特別金利8%通常クレジット24回払いで購入した場合は・・・
 
FireShot Capture 87.jpg
月々10,090円、分割金利手数料17,090円となります。
 
今後、パーツ類のクレジットの金利は以下のとおりになります。
 
・10万円以上35万円未満・・・通常クレジット金利8%
・35万円以上50万未満・・・24回以上の支払いのニューバジェット金利5.9%
50万円以上100万未満・・・ニューバジェット金利5.9%
・100万円以上・・・ニューバジェット金利2.9%
 
ご自宅でローン審査を申込みできますのでお問い合わせからお問い合わせ内容にローン審査希望であることと購入したいパーツを記入してメールしてください。
 
 
ご負担を少なく売れ筋GPS魚探を手にすることができるこの機会を是非、ご利用ください。不明な点がございましたらお気軽に0299-77-9212までお問い合わせください。尚、今回の特別金利キャンペーンは予告なく終了することがございますので予めご了承ください。
 
 
 
 
 
昨年の3月に発表されたバスキャットのパンテラクラシック。 
 
IMG_0047[1].jpg
昨年7月にオーダー頂いたパンテラクラシックが入庫しましたのでお客様にご協力頂いて気になる特徴を何回かに分けてご紹介したいと思います。第1回はデッキの広さについてです。
 
パンテラクラシックの全幅は90インチです。最近のバスボートのトレンドは『95インチのワイドデッキ』と称するために90インチのバスキャットは『デッキが狭い』というイメージがあると思います。全幅というのは船体の一番後ろのサイズですから釣りのしやすさはフロントデッキの形状が重要です。
 
IMG_0049[1].jpg
パンテラクラシックのフロントデッキを見た方は口を揃えて『広いですね』と言われます。実際にロットを並べてみると・・・
 
IMG_0129[2].jpg
左右に5本ずつ並べた時のロッドの位置になります
 
釣りをするところに立ってみても・・・
 
IMG_0152[1].jpg
足元は広々していてストレスなく釣りができます
 
右舷側にロッドを5本並べてみると・・・
 
IMG_0103[1].jpg
パンテラクラシックは左右ギリギリにストレージを配置していないのでこの状態で右舷側後方のストレージを開けてもロッドに干渉することはありません。
 
IMG_0113[1].jpg
左舷側にロッドを5本並べてみると・・・
 
IMG_0125[1].jpg
ウルトレックスのスタビライザーに干渉しないところに収まります。よほどのことがない限り、左右それぞれに5本以上のロッドを並べることはないでしょうからデッキの広さとしては十分ですね。
 
第2回はフロントデッキのストレージについてご紹介します。お楽しみに。
 
 
 
 
 
 
P2281875[1].jpg
安心・信頼の国産モデルということで人気のモデルです。
 
実際にフィールドで使用したユーザーさんからホンデックスに多くのリクエストが寄せられているようで数回のアップデートを行っております。
 
P3272007[1].jpg
 
【1月販売分からのアップデート】
  • デモ機能の追加
  • デプスマッピング航跡OFFの追加
  • 通常魚探のポイント入力カーソル表示機能の追加
【2月販売分からのアップデート】
  • MAP上に表示のない河川であってもデブスマッピング機能が使用可能に
【3月販売分からのアップデート】
  • 地図の追加(バス釣りが解禁された片倉ダムや戸面原ダムなど)
  • 一部メニューの修正
 昨年11月末から12月に販売された初ロットは上記アップデートがされていない状態です。
 
痛し痒しなのがデプスマッピングのアップデート。アップデートする前は湖岸線の上からデプスマッピングデータを表示することはありませんでしたが、アップデートすると表示の上では陸地であってもデプスマッピングデータを表示しますので湖岸線近くでデプスマッピング機能を使用するとデプスマッピングデータが湖岸線の上から表示してしまうことがありますのでご注意ください。
 
アップデートは購入された販売店にご相談ください。当店でご購入された方はハーツファインダー高橋(TEL 090-3470-1858)までご相談ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 昨日、バレット21XDCを納艇致しました。
 
IMG_0004[1].jpg
IMG_0008[1].jpg
IMG_0014[1].jpg
以前、バスボートを所有されていたお客様。久しぶりにバスボートライフの復活です。
 
IMG_0030[2].jpg
IMG_0018[1].jpg
操船はお手のもの。以前、乗られていたボートとはまったく違うバレットの乗り味を楽しまれていました。
 
この程は当店でご購入頂きましてありがとうございました。新たなバスボートライフをしっかりサポートさせて頂きますね。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 先日、ナンバー登録無しのトレーラーを組立車審査通知書を受けて予備検査取得しました。 
 
unnamed001.jpg
このトレーラーは通関書類無し・ブレーキ無し状態でしたので、ディスクブレーキや灯火類などを追加して組立車として申請しました。オーナーさんはDIYが得意な様でトレーラーのフレーム塗装やLED灯火類取付けはオーナーさん自身で実施されました。ナンバーが付いたら桧原湖遠征に行くそうです。それまでに近場でけん引の感覚を覚えて安全にトレイルして下さい。
 
 
当店ではトレーラーについての様々なご要望承りますので、お気軽にご相談下さい。
 
 
 
 
【2018/04/30追記】
本キャンペーンは終了いたしました。
 

 
  レンジャートライトンパワーポールの日本正規代理店であるFUSIONさんのご協力を頂きまして レンジャートライトンの新艇を検討されているお客様にビッグプレゼント第二弾です!
 
第一弾はキャンペーン継続中のパワーポールプレゼント。
 
cq5dam.web_2.jpeg
 
自分の釣りのスタイルではパワーポールの使用頻度が少ないなぁ・・・というお客様向けの第二弾はウルトレックスへのアップグレードとホンデックスHE-9000ローランスElite-9TiガーミンECHOMAP Plus 95svのいずれか1台をプレゼントです。
 
ウルトレックス80とGPS魚探プレゼント対象はレンジャーZ519。ウルトレックス112とGPS魚探プレゼント対象はトライトン20TRXトライトン21TRXです。
 
cq5dam.web_3.jpeg
19TrX_run8.jpg
プレゼント第一弾・第二弾とも期間・台数限定です。気になる方は0299-77-9212までお気軽にお問い合わせくださいませ。
 
 
 
 
 
 
 攻めの姿勢が続くガーミンからUltra High Definition Sonar System(ウルトラ ハイ デフィニション ソナー システム)が発表されました。
UHD_4[6][1].jpg
 
 
Ultra High Definition Sonar System(ウルトラ ハイ デフィニション ソナー システム)はサイドビュー・クリア(ダウン)ビューの画像をより鮮明にするシステムです。
 
12034-UHD-sonar-at-a-glance-img_v2-b38e85f8-dd55-4546-abe2-b24ff3b614a7 (2).jpg
沈船でしょうか?確かに鮮明になってますね
 
Ultra High Definition Sonar System(ウルトラ ハイ デフィニション ソナー システム)はGCV20というユニットとGT34という振動子で構成されています。
 
cf-lg-5847af11-496c-4377-a8f6-b627c26cd429.jpg
バスフィッシングにお勧めの振動子GT52のクリア(ダウン)ビュー・サイドビューの周波数は455・800kHzでしたが、GT34は800・1200kHzとなり、ハミンバードの MEGA IMAGINGと同じ周波数です。
 
UHD-sonar-02c-d96e470f-03ec-4663-b26b-b28ed0320de0.jpg

UHD-sonar-03a-9c57e82b-70a4-49cf-a84b-ae65faa83ae6.jpg

デモ画像を見る限り、MEGA IMAGINGに近い画像ですね
 
使用できるモデルはGPSMAPシリーズはもちろん、ECHOMAP Plus 75sv・95svでも使用可能です。日本発売は5月下旬、楽しみですね。
 
ECHOMAP Plus 75sv・95svにマルチタッチを採用してローランスElite-Tiシリーズに戦いを挑んだと思ったら、Ultra High Definition Sonar System(ウルトラ ハイ デフィニション ソナー システム)でハミンバードの MEGA IMAGINGに戦いを挑むガーミン魚探。
 
気になる方はお気軽にハーツファインダー高橋(TEL 090-3470-1858)かお問い合わせメールまでご連絡ください。
 
 
 
 
 

  HEARTS MARINE公式Facebookページ

もご覧下さいませ!
 
  
 
 
 
 

 

 

今週末、サウスカロライナ州のレイクハートウェルで開催されるバスマスタークラシックのExpoに発表される予定のVexus Boats(ベクサスボート)のプレビューが公開されました。 
 
 
 一部で噂されていた通り、アルミボートのリリースになりました。アルミボートと言ってもFRPに見えるようなデザインには目を引かれますね。
 
28379346.jpg
FireShot Capture 80 - Teaser Video_ New VEXUS Boats to be Re_ - https___www.outdoorhub.com_news_20.png
28379346_602526603413037_5707806288246756309_n.jpg
コンソールはどこかで見たことがあるようなデザインですが・・・
 
動画もカッコいい作りでイメージ戦略に凄く力を入れている感じですね。メジャーブランドに勝負する気持ちの表れでしょうか。
 
いずれFRPボートをリリースしてくるのか、Vexus Boatsができたことを受けて他メーカーがどのような動きになるのか、今後の動向に注目です!
 
 
 
 
 

 

 先日、腐食して穴が開いたブレットボートトレーラーの車軸を交換しました。 
 
IMG_0712.JPG
IMG_0708.JPG
タンデムアクスルの前後とも交換が必要なレベルでした。 
 
IMG_0718.JPGのサムネール画像
車軸を取り付けた状態の寸法を測定して製図、車軸を作製しました。  

IMG_0716p.jpgのサムネール画像
リーフスプリングを取り付けるUボルトも新品に交換しましたのでランチングを安心して行えるようになりました。 
 
当店では腐食などで車軸の交換が必要になった方に同サイズの車軸を製作・販売致します。当店で交換ご依頼の場合、提携整備工場で作業致しますので、分解整備記録簿をお付けします。ご来店できない場合、必要な寸法をお教え頂ければ車軸の製作、発送も可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 先日、トライトン19SEを納艇致しました。
 
IMG_9908[1].jpg
IMG_9909[1].jpg
昨年末、ボート探しでご来店頂いたお客様。ちょうど売り出すところだったトライトン19SEをお勧めしたところ、即決!ご家族揃っての納艇となりました。
 
IMG_9918[1].jpg
IMG_9916[1].jpg
シングルコンソールなのでドライバーは快適ですが、ご家族は爆風でしたね。
 
この程は当店でご購入頂きましてありがとうございました。今回の納艇でお伝え出来なかったところは改めてレクチャーさせて頂きますね。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
今週末は名古屋でキープキャストが開催されます。
 
bnr-sadv2.png
当店としてブース出展するわけではないのですが、当店の魚探担当であるハーツファインダーの高橋がガーミンブースに2日間常駐いたします。
 
P3020270[1].jpg
また、H-1グランプリブースでは横浜のフィッシングショーで好評でした4大GPS魚探メーカーの売れ筋モデルを展示いたします。
 
P1191620[1].jpg
高橋は常駐しませんが、全モデルを見て触って比較できる絶好の機会なので是非、H-1グランプリブースに足をお運びくださいませ。どうしても聞きたいことがございましたらガーミンブースにお越しください。
 
いつもお世話になっているエレキの修理屋さん・ノースウェーブさん・テッケルさんは例年通り、合同で出展されます。
 
25660126_1700740539991515_8620427609301052889_n.jpg
 エレキの修理屋さん・ノースウェーブさんは恒例のスピードくじを実施。
 
28279256_1758095714255997_6144944058744683767_n.jpg
  エレキの修理屋さんブースでは昨年同様、ウルトレックスの実機展示&エレキの解体ショーが実施されます。また、巷で話題のハイガーの新商品110&130ポンドハンドエレキの実機が展示されます。
 
128521120s.jpg
ノースウェーブさんのブースではローランスの各種実機展示はもちろん、今春発売予定のHOOK2が初お披露目となります。
 
28276255_1675050559241335_3228147746239321796_n.jpg
テッケルさんブースは恒例の色塗り体験を実施。
 
16797645_1196249487097155_1657170662303143779_o.jpg
また、テッケルCAP・チョーカーのポッパーチューン・スプリンカーのテールを使ったスイムジグを限定販売いたします。
 
28377782_1372619656177343_4145893734681034091_n.jpg
28468126_1373670586072250_4599723847609751263_n.jpg
28377454_1375180079254634_8945077584949226671_n.jpg
是非、エレキの修理屋さん・ノースウェーブさん・テッケルさん合同ブースにも足をお運びください。
 
 
 
 
 
先日、ご依頼頂いでいたトレーラー新車新規登録に行って来ました。
 
場所は山梨県ナンバーセンターです。2月だったので凍結や降雪を考えてトレーラーにもスタッドレスタイヤを履かせて行きました。 
 
IMG_0690.JPGこちらのトレーラーは通関書類無し、ブレーキアクチュエーターケース無し、ディスクブレーキ無しでしたので保安基準に適合する様に仕上げて組立車登録いたしました。 
 
IMG_0688.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
 オーナーさん、無事に山梨ナンバーが付きましたので安全運転でトレールしてください。 
 
 当店ではトレーラー車検を取得したいお客さんが遠方の方でも可能な限り対応いたしますので、遠慮なくご相談ください。
 
 
 
 
【2018/04/30追記】
本キャンペーンは終了いたしました。
 

 
 レンジャートライトンパワーポールの日本正規代理店であるFUSIONさんのご協力を頂きまして レンジャートライトンの新艇を検討されているお客様にビッグプレゼントです!
 
cq5dam.web.2080.2080 (2).jpeg
21Pat-run3.jpg
レンジャーZコマンチシリーズ(Lモデル・Cモデル)、トライトンTRX LTDシリーズをご購入のお客様にはもれなくパワーポールブレイド8ftか10ftを2本プレゼント!
 
blade_newheaderimage.jpg
レンジャーZ500・Z100シリーズ、トライトンTRXシリーズをご購入のお客様にはもれなくパワーポールプロ2を2本プレゼント!
 
pro2_.jpg
なんと最大712,800円(税込)のプレゼントとなります!
 
いずれも期間・台数限定ではありますが、こんな機会は滅多にございません!!気になる方は0299-77-9212までお気軽にお問い合わせくださいませ。
 
 
 
 
 
 先日、トライトンTr-21XHPを納艇致しました。
 
IMG_9865[1].jpg
IMG_9867[1].jpg
念願のフルサイズバスボートへ乗り換えたお客様。待ち望んだ納艇に控えめの微笑みです。
 
IMG_9874[1].jpg
IMG_9886[2].jpg
お乗り換えのお客様ですから操船はお手のもの。フルサイズの安定感・走行性能を味わうように操船されていました。
 
P2211841[1].jpg
納艇後は愛艇と共にロングドライブです。
 
このほどは当店でご購入頂きましてありがとうございました。遠方ではございますが、可能な限りサポートさせて頂きますね。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
昨日、トライトン18SEを納艇致しました。
 
IMG_9848[1].jpg
IMG_9850.JPG
初めてのバスボートとなるお客様。念願の愛艇に笑顔があふれます。
 
IMG_9857[1].jpg
IMG_9858[2].jpg
IMG_9863[1].jpg
初めてなので・・・と言われてましたが、落ち着いた操船で最後は余裕のVサイン!
 
このほどは当店でご購入頂きましてありがとうございました。暖かくなったらご家族で思う存分、釣りを楽しんでくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 

 

 大変お待たせいたしました。トライトンTr-21Xの詳細をUPしました。
 
IMG_9785[1].jpg
 
事前にご連絡頂ければいつでもご試乗頂けます。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。 
 
 
 
 
 
HMT2018.png
ハーツマリントーナメント2018は年間4戦のレギュラー戦と年間ランキング上位者によるクラシック行います。スケジュールは下記の通りです。
 
  • 第1戦・・・6月3日(予備日:6月17日)
  • 第2戦・・・6月24日(予備日:7月8日)
  • 第3戦(Pride of HEARTS)・・・7月29日(予備日:8月5日)
  • 第4戦・・・8月19日(予備日:8月26日)
  • クラシック・・・10月6・7日(予備日:10月20・21日)※バサクラの日程によって変更あり 
  • MORIZO CUP2018・・・10月か11月に開催予定
ルールは下記ページをご参照ください。禁止エリアを追加しております。
 
 
トーナメント以外にもハゼ釣り大会やBBQ、バスボート走行会などのイベントを予定しております。皆様のご参加お待ちしております!
 
 
 
2月15日からフロリダ州マイアミで開催されているマイアミインターナショナルボートショーでマーキュリーは新しい4ストロークエンジンを発表しました!
 
ob_29d80f.JPG
新しい4ストロークエンジンマーキュリー社最大の排気量3.4リッターのV6エンジンで175・200・225馬力の3種類。
 
驚くべきはその重量。同じ4ストロークエンジンのVERADO 225-300の305kgや2ストロークエンジンのProXS 200-250の234kgを大きく下回る215kg!
 
プレスリリースによると他社の同馬力4ストロークと比べ、最大で15%以上の燃費が向上しているとのことです。
 
【FOURSTROKE V6仕様】
 
  • 馬力:225 / 200 / 175
  • WOT RPM:5200-6000 / 5000-5800 / 5000-5800
  • エンジンタイプ:V-6
  • 排気量:209 CID (3.4L)
  • 過給:24-valves, DOHC
  • 起動:電気式 SmartStart
  • ギア比:1.85:1
  • オルタネーター:85 amp (1071 watt)
  • トリムシステム:パワートリムチルト
  • Dry Weight* :475 lbs (215kg) *lightest available model
  • ステアリング:Hydraulic (Standard base color), Power (options)
  • シャフトの長さ:* 20in (508mm), 25in (635mm), 30in (762mm)
    *30インチ (762mm) は225のみで使用可能
  • カラー: ファントム ブラック、パール フュージョン ホワイト、ウォーム フュージョン ホワイト、コールド フュージョン ホワイト*ホワイト塗装は、200および225 FourStrokeモデルのみ
斬新なデザインのカウルはブラック以外にも4種類のカラーがあり、愛艇のカラーリングに合わせてセレクトが可能です。
 
8142235.jpg
グレー・シルバー・ブルー・レッド
 
先日のブログでエリートプロが搭載しているエンジンの4割が4ストロークになったとお伝えしました。
 
 
今回の発表では225馬力までなのですぐにエリートプロが搭載することはなさそうですが、時代は4ストロークという流れは止まりそうにありませんね。
 
バスボートユーザーにとっては新しい選択肢となるマーキュリーのNEW4ストロークエンジン。発売が楽しみです!
 
 
 
 
冬季メンテナンス作業を進めていますが、そこで発見した不具合も同時に進めています。
 
P1203963[1].jpg
こちらはバレットですが、ビルジが多く溜まる症状。ライブウェルのホースまたはポンプ回りだと思うので先ずはガソリンタンクの取り外しから。
 
P1203966[1].jpg
P1203965[1].jpg
原因はライブウェルドレンの割れ。どうやらホースが劣化・収縮して引っ張られたみたい。
 
P1203973[1].jpg
特殊なドレンバルブを一般的なタイプに交換。
 
P1203970[1].jpg
もちろんホースも新しくしました。
 
P2074012[1].jpg
P2024002[1].jpg
こちらはエンジンからの水漏れ。始動点検の時にカウル内に多く水が回っていたので気付いたのですが、エンジンパワーヘッドの合わせ面から冷却水が漏れていました。
 
P2074022[1].jpg
P2074019[1].jpg
チェーンブロックでヘッドを上げてガスケットの交換。ちょうど排気の熱が伝わる部分のガスケットが痩せています。
 
P2074034[1].jpg
新しいガスケットは材質が変わり、劣化しづらくなっているので安心かな。
 
まだまだ冬季メンテナンスを進めていますが、少し余裕が出てきました。今でしたらご依頼頂いてから比較的早く作業に取り掛かれますので、お急ぎの方でもお気軽にご用命ください。
 
 
 
 
 

 当店の公式Facebookページでお知らせしました通り、トライトンTr-21Xを委託をお預かりしました。

 
IMG_9731[1].jpg
速さと安定を両立したトライトンTr-21X。霞ヶ浦や琵琶湖などの大規模レイクをストレスなく走破できます。コンソールにはサイドイメージが見れるハミン898を装備。使用に伴う小傷はありますが、全体的には良いコンディションを維持しています。
 
詳細をUPするまで少しお時間を頂きますが、気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
 
最後は B.A.S.S.サイトで公開されたエリートプロが乗るバスボートに搭載されているエンジンついて調べてみました。
 
 
一番多いのは昨年同様、マーキュリー。66艇が搭載、うち59艇がProXSでした。昨年は63艇でしたから4艇減。
 
26172654.jpg
その分、増えたのが4ストロークのベラード。昨年の2艇から7艇に大幅増。
 
12592567_10153947715414337_3090385911909188786_n.jpg
プレジャーボートの搭載率が高いベラード。バスボートでもシェアを伸ばすのか!?
 
ヤマハは昨年とほぼ同じ29艇。もちろん、すべてSHOです。
 
21688345_10159354685520405_1446779242755772861_o.jpg
USヤマハのFBカバー写真もブラントン・パラニューク。スキーター&ヤマハの顔ですね
 
少数派はスズキが6艇、エビンルードが4艇、ホンダが2艇。スズキは一昨年が2艇、昨年は4艇でしたから着実に増えてますね。
 
 
 ディーン・ロハスの移籍にはビックリさせられました
 
 2ストローク・4ストロークで見ると4ストロークのシェアが4割を超えました。時代は4ストロークなのでしょうか。
 
ボートブランドを絡めて見ていくと一番多いのがレンジャーとマーキュリーの組み合わせで18艇。
 
biffle_tommy-16.jpg
  次に多いのがトライトンとマーキュリーとの組み合わせで17艇。うち4艇がベラードです。 
 
browning_stephen-36.jpg
昨年、一番多かったスキーターとヤマハSHOの組み合わせは15艇。
 
davis_mark-73.jpg
ナイトロはマーキュリーProXSのみの組み合わせで13艇。
 
defoe_ott-82.jpg
バスキャットはマーキュリーが4艇(うち1艇がベラード)、ヤマハが1艇、スズキが4艇、ホンダが2艇で4メーカー5種類というバスボートブランド最多の組み合わせ。
 
feider_seth-95.jpg
crews_john-106.jpg
card_brandon-104.jpg
iaconelli_michael-13.jpg
elias_paul-44.jpg
フェニックスもマーキュリーが11艇(うち1艇がベラード)、ヤマハが4艇、スズキが1艇とバラエティーに富んでます。
 
pirch_cliff-70.jpg
少数派中の少数派はファルコン&ベラードとブレーザー&スズキいう組み合わせでした。
 
morris_rick-9.jpg
rojas_dean-47.jpg
毎年2艇ずつ増えているスズキDF250SS。
 
27628876_1750476741640994_2910533096014122440_o.jpg
スズキマリンさんには真剣に日本発売を考えて欲しいですね。
 
 
 
 
 昨日、レンジャーZ20を納艇致しました。
 
IMG_9699[1].jpg
IMG_9703[1].jpg
遠方からお越し頂いたお客様。深夜のドライブでお疲れでしたが、念願のフルサイズに喜びのポーズです。
 
IMG_9709[2].jpg
バスボートオーナーですから操船はお手のもの。
 
IMG_9722[2].jpg
IMG_9717[2].jpg
IMG_9721[1].jpg
快晴無風の冬晴れの中、気持ちよく操船されていました。
 
このほどは当店でご購入頂きましてありがとうございました。遠方ではございますが、今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 前回に引き続き、B.A.S.S.サイトで公開されたエリートプロが乗るバスボートについて調べてみました。
 
 
公開されたボートで一番多かったのは昨年同様、レンジャーで26艇。
 
shimizu_morizo-43.jpg
清水盛三プロは昨年乗っていたZ521cを継続使用
 
omori_takahiro-68.jpg
大森貴洋艇は最新のZ520L
 
昨年の20艇から増えているのはFLWからの移籍組が増えたからでしょうか!?
 
fukae_shin-22.jpg
FLWから移籍した深江真一プロは新艇が間に合わなかったようでZ520cで出場
 
次に多かったのがトライトンで20艇。こちらも昨年の16艇から数を増やしています。
 
ashley_casey-100.jpg
2015年のクラシックを制したケーシー・アシュリー艇
 
フェニックスは昨年とほぼ同じ17艇。
 
hackney_greg-79.jpg
フリッパーで有名なグレック・ハックニー艇
 
このあとスキーターの15艇、ナイトロの13艇、バスキャットの12艇と続きます。
 
palaniuk_brandon-99.jpg
昨年のAOY、スキーターの顔となったブラントン・パラニューク艇
 
vandam_kevin-77.jpg
ナイトロと言えばケビン・バンダム
 
iaconelli_michael-13.jpg
 マイク・アイコネリ艇 写真を見る限り、リンクスではないようです
 
少数派はアルミのエクスプレスボートが2艇、ファルコンが1艇、ブレーザーが1艇。
 
lowen_bill-42.jpg
morris_rick-9.jpg
rojas_dean-47.jpg
スキーターからブレーザーに乗り換えたディーン・ロハス艇
 
大きな変化と言えば昨年は7艇もあったレジェンド。昨夏、レンジャー・トライトン・ナイトロ・ストラトスと同じバスプロショップス傘下のホワイトリバーマリングループに買収されたのが影響しているのかどうか判りませんが、公開された写真の中には1艇もありませんでした。
 
lane_chris-8.jpg
レジェンドの顔だったクリス・レーンはナイトロに乗り換え
 
あと、気になるのがバスマスタークラシックで発表される予定のベクサスというNEWブランド。
 
 
レンジャーの創業者が絡むNEWブランドだけに注目度は高いです
 
どんなボートが発表されるのか判りませんが、来年のシェアが大きく変動する可能性もあって楽しみです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨年の暇つぶしネタが好評でしたので今年もB.A.S.S.サイトで公開されたエリートプロが乗るバスボートについて調べてみました。(写真はB.A.S.S.より拝借)
 
昨年はボートブランドからレポートしましたが、今年は何かと話題のトローリングモーターからです。
 
 
先週、衝撃をもって伝えられたのがケビン・バンダムのミンコタ移籍。
 
e2c3b1d4-7933-4347-909d-effbc12c6f2a.png
理由はただひとつ。ウルトレックスが使いたいからに違いない!と想像するのは私だけではないと思います。
 
7a8b4ba0-ef0a-4439-8c1b-3a3ee81b1c79.jpg
ミンコタを搭載しているボートは92艇。そのうち85艇がウルトレックス!昨年は34艇だったので2.5倍増!!実に全体の約8割のエリートプロがウルトレックスを選択!!やっぱりスポットロックの威力は絶大だったようです。
 
驚いたのがスキート・リースまでもがモーターガイドからウルトレックスに!
 
reese_skeet-66.jpg
スキート・リース艇
 
ミンコタが実施している懸賞の対象となるプロのメンバーにスキート・リースが入っていないところを見ると自腹なのか!?電撃移籍なのか!?判りませんが、この事実も衝撃的です。
 
27624745_10155547339007547_7462378208582424193_o.jpg
スキート・リースはいません・・・
 
使い慣れたものから変更しないというイメージがある大森貴洋プロもウルトレックス
 
omori_takahiro-68.jpg
大森貴洋艇
 
もはやウルトレックスの勢いは止められないのでしょうか。
 
一方のモーターガイドは15艇。昨年は35艇でしたから半減以下。15艇のうち12艇がX5、3艇が未だにツアーシリーズを使っています。
 
26113722_10155950017948560_5279165916929433541_n.jpg
 さすがにXi5は一人もいませんでした・・・
 
 モーターガイドウルトレックスと同じようなコンセプトのトローリングモーターを開発中との噂もありますので逆襲に期待したいところです。
 
昨年同様、シャローアンカーにも触れておくとパワーポールを装着しているのは92艇(うち79艇が8ft)、タロンが13艇、搭載していないボートは2艇でした。ミンコタ契約プロ以外はタダでもらえるパワーポールという図式は変わらず。
 
搭載していないボート2艇は両方ともウルトレックスを搭載してました。
 
hanselmanjr_ray-18.jpg
次回はボートブランドについてレポートしてみたいと思います。お楽しみに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【2018/03/27追記】
3月下旬にリリースされたソフトウェアによりECHOMAP Plus(エコーマッププラス)75sv・95svを最大8台、イーサネットケーブルでネットワークすることで振動子情報・GPSポイント・NMEA0183ヘディング情報の共有が可能になりました。尚、地図情報やクイックドローコンターズで作製した等深線情報は共有できません。また、WIFI接続によるモバイル機器での表示・操作はできません。
 

 
 ECHOMAP Plus(エコーマッププラス)75sv・95svについて重要なお知らせです。ECHOMAP plus.jpgECHOMAP Plus(エコーマッププラス)75sv・95svの発表時にNMEA0183ネットワークでポイント共有できるとお知らせいたしましたが、できないことが判明しました。NMEA0183ネットワークでポイント共有できることを前提に購入したお客様、購入検討をされていたお客様にはご迷惑とご心配をお掛けしたことをお詫びいたします。
 
※ECHOMAP Plus 45cv・65cv はNMEA0183ネットワークでポイント共有できます
 
予定では3月末にリリースされるソフトウェアによりイーサネットケーブルにてポイント共有と振動子情報の共有ができるようになります。
 
P2061805[1].jpg
 赤丸印のイーサネットポートを利用します
 
このソフトリリースにより上位機種しかできなかった振動子情報の共有が可能となることでECHOMAP Plus(エコーマッププラス)75sv・95svGPSMAPシリーズechoMAPシリーズの間となる新しいモデルという位置づけになります。
 
尚、ECHOMAP Plus(エコーマッププラス)75sv・95svはNMEA0183ネットワークでのポイント共有できないことから現時点では従来のechoMAPシリーズSTRIKER PlusシリーズSTRIKERシリーズとはポイント共有できないのでご注意ください。また、echoMAPシリーズにあるイーサネットポートを利用してのネットワークもできません。
 
今回の事例以外にも確認できていない事項もございますので判り次第、ご報告させていただきます。
 
 
 
 
 

 

ECHOMAP PlusSTRIKER Plusシリーズのリリースで魚探戦争に旋風を巻き起こしてるガーミンGPS魚探。唯一の欠点!?とも言えた湖沼MAPが全面リニューアル!Water View Mapとしてリリースされます!!
 
050218_1048_00.jpg
従来の湖沼MAPは小規模河川や汽水域河川の一部が表示されておらず、お客様のメインフィールドによっては使いづらい地図でした。そこで当店ではお客様に少しでも快適に使っていただけるよう、航跡による作図で湖岸線データを作成・表示するサービスにて対応してきました。
 
常陸湖岸.jpg
オリジナルで作成した常陸利根川や北利根川のMAP
 
katakura (1).jpg
オリジナルで作成した片倉ダムMAP
 
新しくリリースされるWater View Mapは今まで表示されていなかったエリアの大半が表示されます。
 
hitachi.jpg
外浪逆浦から常陸利根川
 
片倉ダムもご覧の通り。
 
katakura2.jpg
拡大しても湖岸線は比較的、滑らかな描写です。
 
010218_2223_00.jpg
青色表示されていない小規模河川であっても周辺地図が表記されていますので使い勝手は悪くないと思います。
 
040218_0852_00.jpg
利根川下流域の一部は青色表示されていませんが湖岸線はあります
 
040218_0854_00.jpg
長門川は湖岸線表示がありません・・・
 
湖岸線があったほうがいいなぁ・・・とお思いのお客様には当店オリジナル湖岸線をインストールすることで・・・
 
050218_0914_00.jpg
長門川の湖岸線が表示されます
 
尚、Water View Mapは従来の湖沼MAPのようにユーザーがダウロードすることはできません。各ディーラーがSDカードにインストールして配布・販売することになります。
 
当店ではWater View Mapにお客様が希望するオリジナル湖岸線を加えて『ガーミン Water View Map ハーツマリンエディション2018』として配布・販売、当店でガーミンGPS魚探をご購入して頂ければ無料でプレゼントさせて頂きます。以前、当店でガーミンGPS魚探をご購入されたお客様への配布については別途、ご案内いたします。
 
ガーミンGPS魚探通販サイト:http://heartsselect.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1601724
 
今冬の大人気モデル、ECHOMAP Plus 95svの即納在庫もございます。
 
 
進化を続けるガーミンGPS魚探が気になる方はお気軽にハーツファインダー高橋(TEL 090-3470-1858)かお問い合わせメールまでご連絡ください。
 
 
 
 
 
 トライトン19XSをご成約頂きました。
 
IMG_9345[1].jpg
いつかは愛艇を牽引したいとお考えだったお客様。コンディションとトレーラー車検取得済みが決め手となってご成約頂きました。併せてウルトレックスなどたくさんのオプションもご依頼いただきました。
 
少しお時間を頂きますが、理想の一艇に仕上げますね。ご成約ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 明日の2月1日は多くのボートパーツメーカーが価格改定を実施する日です。メーカーやアイテムによって値下げ値上げが入り乱れていますが、いくつかお知らせします。
 
まずハミンバード。HELIX G2Nシリーズは嬉しい値下げです! 
 
24173551_1774371899242773_846089987833086898_o.jpg
HELIX 7 SI GPS G2N・・・190,000円(税別)→170,000円(税別)
HELIX 7 DI GPS G2N・・・150,000円(税別)→140,000円(税別)
HELIX 9 CHIRP MEGA SI GPS G2N・・・328,000円(税別)→290,000円(税別)
HELIX 10 CHIRP MEGA SI GPS G2N・・・428,000円(税別)→390,000円(税別)
HELIX 12 CHIRP MEGA SI GPS G2N・・・590,000円(税別)→530,000円(税別)
 
併せてSOLIXシリーズも予約を開始いたします。
 
16113451_1443692858977347_1169858199915024051_o.png
SOLIX 10 CHIRP MEGA SI GPS・・・550,000円(税別)
SOLIX 12 CHIRP MEGA SI GPS・・・620,000円(税別)
SOLIX 15 CHIRP MEGA SI GPS・・・800,000円(税別)
 
次にマーキュリー船外機。こちらは値上げです。
 
27368886_10156062528609337_5653703048084876663_o.jpg
代表的なところでは
 
MERCURY ProXS200・・・1,950,000円(税別)→2,047,000円(税別)
MERCURY ProXS225・・・2,070,000円(税別)→2,140,000円(税別)
MERCURY ProXS250・・・2,150,000円(税別)→2,160,000円(税別)
 
定価こそ値上げになりましたが、新艇はヤマハSHOパッケージと同価格で提供』は継続させて頂きます!
 
 
 
gen3-2.jpg
 在庫限りの期間延長です!
 
 
 この機会に是非、ご検討くださいませ。
 
 
 
 
 
当店で扱う レンジャーのZコマンチシリーズ、トライトンのLTDシリーズの一部の新艇にはハミンバードのHELIX-9が標準装備されておりましたが、ハミンバードからはマルチタッチのSOLIXシリーズが日本で発売されることになったり、他メーカーも新モデルを次々に市場に投入しており、お客様の選択肢は拡大する一方です。
 
 
SOLIX_Sec1_1column-Stacked_800x284_Image_v2_3b.jpg
 
そこで今後は魚探が標準装備されていたモデルをGPS魚探レスとした上での本体価格を30万円値下げしてお好きなGPS魚探をお選び頂けるようにいたします。
 
Z519C_05.jpg
 
21TrX_run2.jpg
 
その上で当店で取り扱っているレンジャートライトンバスキャットなどの新艇に取り付けるGPS魚探に限り、特別価格を設定させて頂きます。スキーターなどの他ブランドでも新艇を当店を通じてオーダー頂ければ対象となります。詳細は0299-77-9212までお気軽にお問い合わせください。
 
 
 
 
 
 
レンジャーZ20とバレット21XDCをご成約頂きました。
 
IMG_8527[1].jpg
お客様のホームレイクである琵琶湖でもなかなか中古市場に出てこないレンジャーZ20を遠方から試乗にお越しいただきましてご成約頂きました。
 

IMG_8230[1].jpg

 普段はレンタルボートで楽しんでおられたお客様。20年ぶりにバスボートを所有して楽しみたいということでご成約頂きました。
 
両艇とも少しお時間を頂きますが、今シーズンに間に合うよう整備を進めさせていただきますね。ご成約、ありがとうございました。
 
 
 
 

 HEARTS MARINE公式Facebookページ

もご覧下さいませ!
 
 
 
 
昨日、バスキャットLYNXをオーダー頂きました!
 
orig_6a5349aef07e6b1db78e50710e27938f0080a17d.jpg
何度かご友人とハーツレンタルのバスボートをお借りいただいていたお客様。マイボートでバスフィッシングを楽しむために各メーカーの新艇を検討。インパクトがあるデザインを気に入ってバスキャットLYNXをオーダー頂きました。
 
 
かなりのお時間を頂くことになりますが、楽しみにお待ちくださいませ。
 
各メーカーの2018年モデルの発表以降、NEWモデルが発売されたことが理由なのか!?バスキャットをオーダーされる方が多いです。バスキャット2018年モデルに興味があるお客様がいらっしゃいましたらお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールからご連絡ください。
 
 
 
 
 横浜で開催されているジャパンフィッシングショー2018にご挨拶を兼ねて行ってきました。
 
最初にお邪魔したのはH-1グランプリブース。
 
26993301_954302178051826_4646203831928506951_n.jpg
今回は多大なるご配慮をいただき、ハーツファインダーとして最新GPS魚探の展示スペースを設けさせていただきました。
 
P1191620[1].jpg
P1191619[1].jpg
次にお邪魔したのがサンラインブース。
 
P1191609[1].jpg
お年寄りに優しいBMSのラインナップに待望の300mが加わります。
 
P1191607[1].jpg
ウルトレックスの大ヒットの恩恵なのか!?例年になく大きくなっていた岡田商事ブース。
 
P1191621[1].jpg
話題のSOLIXを触りに来るお客さんがたくさんいらっしゃいました。
 
P1191628[1].jpg
エバーグリーンブースでは竹じぃこと竹内プロや小林プロが仕事をしている感じのポーズ。
 
P1191631[1].jpg
東レ・イマカツブースでは自分のボートか!?と思えるようなでかい顔&態度でポーズを決めてくれた薮田プロ。
 
P1191610[1].jpg
シマノブースで忙しくしていた早野プロは終わり際に得意の笑顔を頂きました。
 
P1191633[1].jpg
ジャパンフィッシングショー2018は本日17時まで開催されていますので最新のGPS魚探が気になる方はH-1グランプリブースまでお越しくださいませ。
 
 
 
 
【2018/01/19追記】
SOLIXの価格は以下の通り。12・15インチが3月、10インチが5月発売予定だそうです。
 
SOLIX10・・・550,000円(税別MAPなし)
SOLIX12・・・620,000円(税別MAPなし)
SOLIX15・・・800,000円(税別MAPなし)
 

 
 
日本では未発売だったハミンバードSOLIXシリーズ。
 
SOLIX_Sec1_1column-Stacked_800x284_Image_v2_3b.jpg
 昨秋、追加された10インチモデルのSOLIX-10が引き金になったのか!?遅ればせながら今春、日本でも全モデル(10・12・15インチ)が発売になります。
 
SOLIXシリーズ最大の特徴は『クロスタッチ』と称したマルチタッチ画面。画面の拡大縮小はもちろん、HELIXシリーズではカーソルを動かしてポイントマークしていましたが、SOLIXシリーズでは画面に映る気になる地形やストラクチャーをタッチするだけ。
 
FireShot Capture 65 -  - https___www.humminbird.com_Freshwater_Lifestyle_SOLIX_FW_.png
 分割画面から任意の画面を拡大して見たい場合は画面を指2本でタッチするだけ。
 
SOLIX_Sec2_CrossTouch-access_1column-Side_560x400_Image.jpg
 分割画面の構成もワンタッチです。
SOLIX_Sec2_CrossTouch-custom_1column-Side_560x400_Image.jpg
サイドにはジョイステックを備えたキーパッドもあるので多様な操作が可能です。
a8fb3bbe-bb9c-4548-99c7-afa813cfd71b.png
もちろん、HELIX G2Nシリーズでユーザーを驚かせたMEGAイメージングを採用しています。 
 
d0145899_180118.jpg
 実機はハミンバードの日本代理店である岡田商事さんが今週末に横浜で開催されるジャパンフィッシングショー2018で展示されます。
 
SOLIX_Sec3_Design_1column-Stacked_800x284_Image_2.png
発売は10・1212・15インチモデルが3月頃、1510インチモデルは5月頃と聞いています。価格は判り次第、ご報告しますね。
 
ハミンバードのマルチタッチモデルが日本で発売されることでGPS魚探の勢力図がどう変わるのか!?楽しみです。
 
 
 
 
 大変お待たせいたしました!バスキャットプーマの詳細をUPしました。
 
IMG_9582[1].jpg
 
事前にご連絡頂ければいつでもご試乗頂けます。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。 
 
 
 
 
 
 昨晩、ローランスの日本代理店であるジムクォーツさんより2018年新製品の案内が届きました。
 
画像や感度などを自動調整してくれる2018年NEWモデル、HOOK2の販売価格やHDS Carbonの嬉しい価格改定など盛り沢山な内容でしたが、それらをお伝えする前にお伝えすべきはローランスのGPS機能を搭載したモデルには次回のアップデートで等深線自動作図機能が追加されるというローランスユーザーにとっては待望の情報でした。
 
lowrance_chart.jpg
アメリカではNavionicsとの組み合わせで実現できていた等深線自動作図機能が遂に・・・
 
ガーミンのクイックドローコンターズやハミンバードのオートチャートライブに端を発し、ホンデックスもデプスマッピングで追従したことでGPS魚探の必須機能になりつつあった等深線自動作図機能。遅ればせながらローランスにも追加されることになりました。(G.W.前後を予定しているそうです)
 
気になる搭載モデルですが、HDS Carbonはもちろん、現行のElite-Tiシリーズ、新発売となるHOOK2にも搭載されるとのことです。(HDS Gen3は検討中だそうです)
 
ローランスの逆襲でGPS魚探の勢力図がどう変わるのか!?今後が楽しみです!
 
 
 
 
 

 HEARTS MARINE公式Facebookページ

もご覧下さいませ!
 
 
 
 
 
 
 トライトンTr-21X HPと18SEをご成約頂きました。
 
IMG_8931[1].jpg
 トライトンTr-21X HPをご成約頂いたお客様はアルミボートからのステップアップ。フルサイズのバスボートを牽引していろんなフィールドで釣りをしたいという希望に合う中古艇に出会えて大変喜ばれていました。
 
IMG_5298[3].jpg
トライトン18SEをご成約頂いたお客様は初めてのボート所有。親子でのんびり釣りができるボートが希望とのことで入庫ご案内当日にご来店頂き、即決!本日、ご成約となりました。
 
両艇とも少しお時間を頂きますが、楽しみにお待ちください。ご成約、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
  昨日、当店の公式Facebookページでお知らせしました通り、トライトン18SE&バスキャットプーマが入庫しました!
 
IMG_5298[3].jpg
IMG_3585[3].jpg
 両艇とも以前、当店で販売してそのまま駐艇、定期的にメンテナンスしていたボートです。
 
詳細をUPするまで少しお時間を頂きますが、現物確認・試乗は可能です。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
 
 新年早々にバスキャットプーマFTDをオーダー頂きました!
 
PumaFTD_Model_Header.jpg
昨春よりご相談頂いていたお客様。クーガーFTDを試乗したり、アメドリでリンクスを見学などして検討の結果、プーマFTDをオーダー頂きました。エンジンはキサカさんのご協力によりヤマハSHO275と同価格で購入できるようになったマーキュリーProXS250を選択されました。
 
かなりのお時間を頂くことになりますが、楽しみにお待ちくださいませ。
 
バスキャット2018年モデルに興味があるお客様がいらっしゃいましたらお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールからご連絡ください。
 
 
 
 
あけましておめでとうございます。本日(4日)より通常営業を開始しておりますが、年末のワカサギ釣りの模様を報告します。
 
PC293888[1].jpg
前情報では千匹越え(ボート)の釣果も聞かれるぐらい好調な様子。早速仕掛けを垂らすと直ぐにヒット!!これは期待できます。
 
PC293877[1].jpg
 魚探を見ると水深5mですが、ボトムから水面までビッシリの魚影。
 
PC293872[1].jpg
PC293873[1].jpg
朝の時合いを逃さないように皆さん次々と釣っていますね。
 
PC293881[1].jpg
 早野プロも釣っていますが、なんだその眉毛は!!
 
PC293910[1].jpg
 海釣りクラブはさすが毎週何かしらの釣りしているだけに好調ですな。
 

PC293911[1].jpgPC293916[1].jpg

PC293893[1].jpg
朝の時合いが過ぎるとポツリぽつりのアタリになってきたけど、それでも家族サービスには丁度良い感じ?
 
PC293921[1].jpg
 あれ?Qさん、魚は!?
 
PC293927[1].jpg
お昼を過ぎた頃には中々群れが回ってこなく、ドームを出て桟橋の方が良く当たってました。どうやら去年よりドームが沖に出たみたいで、岸寄りがポイントだったり。
 PC293935[1].jpgPC293938[1].jpg
表彰式は恒例のユルイ感じで、皆さん景品をゲット。
  
PC293947[1].jpg

こんな感じで2017年最後のイベントを皆で楽しく過ごしました。景品をご提供してくださった皆様、ありがとうございました。   

 
 

  HEARTS MARINE公式Facebookページ

もご覧下さいませ!
 
 
 

 

FireShot_180101.png
旧年中は格別のお引立てを賜わり厚くお礼申し上げます。
昨年7月には魚探専任スタッフが加わり、4名体制となりました。
皆様には今まで以上に満足して頂けるようスタッフ一同、
力を合わせて頑張りますので変わらぬ御愛顧のほど
宜しくお願い申し上げます。
 
平成三十年 元旦 ハーツマリン代表 春木 克也
 
 
 
 
 本日は仕事納め。スタッフ全員で大掃除中です。 
 
PC281589[1].jpg
 今年はスタッフが1名増えて机の増設など例年より大掛かりになっています。
 
無事に年の瀬を迎えられたのもお客様のお蔭と大変感謝しております。一年間、大変お世話になりました。引き続き、来年もよろしくお願い致します。
 
では、良いお年をお迎えくださいませ。
 
 
 
 
 昨日、ブラックホーク1700RZを納艇致しました。
 
IMG_9421[1].jpg
IMG_9422[1].jpg
ガラスコーティングでピカピカになった愛艇の納艇にテンション高めのサムアップです!
 
IMG_9440[1].jpg
IMG_9437[1].jpg
 操船も楽しそう。いい笑顔を頂きました!この仕事をやっていてよかったと思える瞬間ですね。
 
このほどは当店でご購入頂きましてありがとうございました。いつでも遊びに来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 今年も残すところ1週間ちょっと。1年が経つのは早いですねぇ・・・という訳で当店の年末・年始の休業日をお知らせ致します。
 
年末年始の休業日:2017年12月29日から2018年1月3日まで
 
 
通常営業は12月28日までですが、12月29日と年明けの1月3日はスタッフ1名が対応致しますのでランチングやボートのお掃除等が可能です。12月29日・1月3日にご来店の際には事前にランチング専用ダイヤル090-5511-8282までご連絡ください。
 
休業期間中は大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程よろしくお願い致します。
 
 
 
 
 
 お待たせいたしました!トライトン19XSの詳細をUPしました。
 
IMG_9345[1].jpg
 
事前にご連絡頂ければいつでもご試乗頂けます。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。 
 
 
 
 
おかげさまで多くの冬季メンテナンスをお申込み頂いていますが、併せてご依頼頂いたパワーポールのホースを交換しています。
 
PB243837[1].jpg
今まで破裂などのトラブルがあった青/黒のナイロンホースでしたが、NEWモデルになってからは信頼性の高い耐圧ゴムホースに替わっています。そんなこともあってお客様から『新しいパーツを従来のパワーポールに付けられませんか?』とリクエストを頂いたのでトライすることに。
 
PB243847[1].jpg
PB243849[1].jpg
PB243845[1].jpg
ポンプ側とシリンダー側のニップルを交換する必要がありますが、可能でした。
 
PB243840[1].jpg
ただし、ブレイドの場合、元々のホースが狭い所を通っているので少し加工が必要でした。
 
PB243843[1].jpg
太くなったホースは本体に穴を開けて取り回すようにしました。ブレイド以外のプロ2や初期型シグネチャーなどは本体加工無しで通せます。
 
PB243856[1].jpg
ポンプ側のニップルも交換して完了!!少しコストが掛かりますが湖上でのトラブルを少しでも無くしたい方にはお勧めの対策ですよ。
 
 
 

  HEARTS MARINE公式Facebookページ

もご覧下さいませ!
 
 
 
 
 
 昨日、当店の公式Facebookページでお知らせしました通り、トライトン19XSが入庫しました。
 
IMG_9284[1].jpg
目立つキズもなく、シートやカーペットにも汚れなし。新艇!?と思うほどの極上艇です。約20ftの船体にオプティ225を搭載、霞水系などの大規模レイクをストレスなく走り回ることができます。また、トレーラー車検(30年6月まで)を取得済みなのでトレイルをお考えの方にもお勧めです。
 
詳細をUPするまで少しお時間を頂きますが、現物確認・試乗は可能です。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
 

  HEARTS MARINE公式Facebookページ

もご覧下さいませ!