昨日、チャンピオンミーン15を納艇致しました。
 
IMG_7406[1].jpg
IMG_7408[1].jpg
船舶免許を所得したばかりのお客様。念願のバスボートに喜びもひとしおです。
 
IMG_7419[1].jpg
初めてのバスボートということで時間を掛けて湖上レクチャー。
 
IMG_7426[1].jpg
レクチャー後はお友達と遅くまで初釣行を楽しまれていました。
 
このほどは当店でご購入いただきましてありがとうございました。これからのバスボートライフをしっかりサポートさせて頂きますね。
 
 
 
 
 
 9月30日・10月1に開催されるBasser Allstar Classic 2017 (バサーオールスタークラシック2017)。霞ヶ浦・北浦を含む利根川水系全域がトーナメントウォーターという日本最大規模のトーナメントとなります。
 

12009605_1043782358996066_2421764380306593628_n.jpg

今年も『水の郷さわら』が会場となりましたので当店のブースを出展致します!展示するボートやブースでの催し物は決まり次第、当ブログでお知らせ致します。 
 
IMG_20161030_072344[1].jpg
IMG_20161030_072334[1].jpg
 
 
IMG_0813.JPG
会場にお越しの際には是非、当店ブースへ遊びに来て下さい。皆様のお越しをお待ちしております。
 
※尚、大会当日の9月30日・10月1はブース出展の為、お店やランチングはお休みさせて頂きます。ご理解の程、よろしくお願い致します。
 
  
 
 
 
 先日、レンジャー482DVSをご成約頂きました。
 
IMG_5837[1].jpg
 バスボートを所有されているお客様。今まで以上にのめり込むための動機付けにしたいということでお乗り換え頂きました。併せてスズキDF200ASTへのお載せ替えもご依頼いただきました。
 
P3020251.jpg
少しお時間を頂くことになりますが、セッティングも含めてしっかりと対応させて頂きますので楽しみにしていてください。ご成約、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 HEARTS MARINE TOURNAMENT 2017
年間ランキング 最終結果
 
 NAME第1戦第2戦第3戦第4戦TOTAL
AOY亀田 裕生2600g950g3570g2650g9770g
2柴田 泰3340g730g1580g2950g8600g
3小野田 大輝1470g2100g1470g3340g8380g
4鈴木 大三1900g1020g2480g2810g8210g
5安達 真秀3750g500g660g3130g8040g
6笠井 克紀3730g1260g0g2950g7940g
7布施 一孝3460gNo1790g2530g7780g
8保坂 英記3250g3490g830g830g7570g
9長山 裕一2650gNo1920g2890g7460g
10榎本 篤史2650g1600g610g2530g7390g
11北橋 訓功1350g1230g2650g1950g 7180g
12柳岡 昭寿3250g1400g950g1460g 7060g
13中川 岳3040g0g2010g1550g 6600g
14石毛 直也2920g1630g820g1220g 6590g
15中谷里 隆行0g3530g2960g0g6490g
15横堀 進1370g450g1300g3370g6490g
17君嶋 一慶2850g1560g340g1720g6470g
18中村 浩之3230g820g930g910g5890g
19掛水 守210g1840g560g3180g5790g
20内山 裕2820g0g0g2710g5530g
21小林 正人2550g1240gNo1540g5330g
22中澤 一美0g2000g860g2130g4990g
23森 貴敬2480g2340g0g0g4820g
24長尾 仁志0g2150g870g1670g4960g
25早野 剛史No2200g2440gNo4640g
26五味 眞廣1420g2800gNo0g4220g
27石原 智弘1300g1180g1140g510g4130g
28Take-GNo2450g1350gNo3800g
29宮本 明1380g1280g1100gNo3760g
30山本 純司900g680g680g970g3230g
31鍋島 健1200g0g870g1110g3180g
32福島 勇介390g1000g670g1040g3100g
33内野 勝彦2460g610gNoNo3070g
34日置 典重No3030gNoNo3030g
35高橋 透850g2020g0g0g2870g
36井上 武則No900g0g1860g2760g
37小暮 吉訓2610gNoNoNo2610g
38名越 公一NoNo1640g850g2490g
39中林 典昭140g830g0g1410g2380g
40冨樫 幸治NoNoNo2240g2240g
41柴沼 聡1200g1030g0gNo2230g
42安藤 憲一2130g0gNoNo2130g
43藤村 智弘2040g0g0g0g2040g
44堀江 貴志1980gNoNoNo1980g
45松田 守彦1160g520gNoNo1680g
46伊藤 貴志570g1000gNoNo1570g
47正木 正実NoNo830gNo830g
48佐藤 和幸390gNoNoNo390g
49秋葉 和也0g0g320gNo320g
50西村 茂剛0gNoNoNo0g
50植田 英実0gNoNoNo0g
50篠崎 隆義No0gNoNo0g
       
 
 
ハーツマリントーナメント2017年間ランキングです。安定したスコアーの中、第3戦での優勝でAOYレースをリードした亀田選手が見事AOYの栄冠を手にしました。カスミ本湖の釣りを練習した甲斐がありましたね。おめでとうございました!
 
kameda.jpg
年間ランキング上位15名までが10月14日・15日に開催されるクラッシックへの参加権利が与えられます。
 
IMG_7077.JPG
クラシック出場が確定した選手は近日中に発表致します。
 
 
 
 
 先日、レンジャーボートトレーラーのタイヤ交換をご依頼頂きました。 
 
IMG_9875.JPG
各地をトレイルしているボートトレーラーなので残り溝が3mmを切った状態での高速道路走行は不安なのでオーナーさんと相談して4本全て交換しました。 
 
IMG_9880.JPG
IMG_9888.JPG
 NEWタイヤに換えるとけん引時の静粛性や安定性がすぐに体感出来ると思います。但し、スピードの出しすぎは危険です。安全速度(トレーラーの法定速度は高速道路80km)でトレイルして下さい!
 
 
当店では、トレーラーについての様々なご要望承りますので、お気軽にご相談下さい。
 
 
 

 

 先日、レンジャー519DVXをご成約頂きました。
 
IMG_6717[1].jpg
いろいろな湖をトレイルしたい希望をお持ちのお客様。トレーラー車検を取得しているボートであることがポイントになってご成約頂きました。
 
少しお時間を頂きますが、継続車検も含めてしっかり対応させて頂きますね。ご成約、ありがとうございました。
 
 
 
 

 HEARTS MARINE公式Facebookページ

  
 
 
 
 
 大変お待たせいたしました!レンジャー482DVSとブラックホーク1700RZの詳細をUPしました。
 
IMG_6817[2].jpg
 
IMG_7142[2].jpg
 
事前にご連絡頂ければいつでもご試乗頂けます。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。 
 
 
 
 
 
 先日、レンジャー522DVXを納艇致しました。
 
IMG_7252[1].jpg
IMG_7253[2].jpg
IMG_7257[1].jpg
今まで小型バスボートで楽しまれていたお客様。念願の大型バスボートに笑みがこぼれます。
 
IMG_7265[1].jpg
IMG_7268[1].jpg
操船はちょっと緊張気味かな!?
 
IMG_7272[1].jpg
操船レクチャー後はお友達と出撃!のはずが雷雨に見舞われてこの日は終了。納艇フィッシュは次回に持ち越しとなりました。
 
このほどは当店でご購入頂きましてありがとうございました。ストレスがない大型バスボートで思う存分、楽しんでくださいませ。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
パワーポールの取り付けをご依頼頂いたのですが、どうしても電源ケーブルが増えてゴチャゴチャしがち。
 
P8293391[1].jpg
P8303413[1].jpg
そのままバッテリーに入れると4本・5本と複雑になり、誤配線によるショートにも繋がります。
 
P8303411[1].jpg
そこでこの様なターミナルポストを追加してみました。
 
P8293395[1].jpg
エンジンメインハーネスはバッテリーに直で入れ、その他のボートアクセサリーやパワーポール電源はターミナルポストを経由してから電源を取るようにしました。
 
P8293393[1].jpg
バッテリーにはそれぞれ2本づつのみ。分かりやすくスッキリしたのでは?今回はパワーポールの取り付けのタイミングで作業しましたが、単に配線をまとめたいとのご要望にもお応えいたしますので、一度ご相談ください。
 
 
 
 
 
 昨日、チャンピオンミーン15をご成約頂きました。
 
IMG_6361[1].jpg
船舶免許を取得したばかりのお客様。エンジン等が新しくて牽引できるボートということでお選びいただきました。
 
少しお時間を頂きますが、気持ちよくバスボートライフがスタートできるよう納艇整備させて頂きます。ご成約、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 このほど当店の電話とは別にランチング専用ダイヤルを設けることにしました。
 
 
ランチング専用ダイヤル:090-5511-8282
 
 
前日までのランチングのご予約や釣行前後のランチングのご依頼はランチング専用ダイヤルにお電話ください。 
 
RIMG7644.jpg
 エンジントラブルによるレスキュー等を考慮して原則、当店ドックへの帰着上限時間は当日の神栖市日没30分前か18時のいずれか早い時間とし、当日の帰着上限時間30分前には外浪逆浦より下流の常陸利根川まで戻って釣りをするようご協力ください。
 
神栖市の日没時間:http://www.japanab.com/sun/11611000
 
また、すべてのボートのランチングを終えて駐車場から会員さんの車がなくなり次第、駐車場側の門を閉じますのでお帰りの際はクラブハウス側を通過してください。
 
駐艇会員・ランチング会員の皆様にはご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 

 

   昨日、当店の公式Facebookページでお知らせしました通り、レンジャー482DVSとスナガブラックホーク1700RZが入庫しました。
 
IMG_6923[1].jpg
レンジャー482DVSは琵琶湖で使用可能な環境対策エンジンのオプティマックス175を搭載、エレキはフォートレックス112、魚探は前後にローランスElite-7Tiが装備されています。
 
IMG_72272[1].jpg
ブラックホーク1700RZはマーキュリー90馬力にエレキはモーターガイドTR-82、魚探はコンソールにローランスElite-7Ti+Point-1とホンデックスHE-6201、エレキにはローランスElite-7HDIを搭載。来年の6月までトレーラー車検が残っている一艇です。
 
詳細をUPするまで少しお時間を頂きますが、現物確認・試乗は可能です。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
 
 
HEARTS MARINE TOURNAMENT 2017 
第4戦
Date Aug 20
 
 Name人数weightfishBig fish
1横堀 進13370g3 
2小野田 大輝13340g31720g
3掛水 守23180g3 
4安達 真秀23130g3 
5笠井 克紀12950g3 
5柴田 泰12950g3 
7長山 裕一22890g3 
8鈴木 大三 22810g3 
9内山 裕22710g3 
10亀田 裕生22650g3 
11布施 一孝22530g3 
11榎本 篤史 22530g3 
13冨樫 孝治 12240g3 
14中澤 一美 12130g3 
15北橋 訓功 11950g2 
16井上 武則 11860g3 
17君嶋 一慶 11720g2 
18長尾 仁志 11670g1 
19中川 岳 21550g2 
20小林 正人 11540g2 
21柳岡 昭寿 11460g3 
22中林 典昭 21410g2 
23石毛 直也 11220g1 
24鍋島 健 11110g2 
25福島 勇介 11040g2 
26山本 純司1970g1 
27中村 浩之1910g1 
28名越 公一2850g2 
29保坂 英記1830g2 
30石原 智弘2510g1 
31
高橋 透
10g0 
31森 貴敬10g0 
31中谷里 隆行10g0 

31

藤村 智広10g0 
31五味 眞廣10g0 

 

各地で連日のゲリラ豪雨が騒がれてる中、AOYとクラッシック出場権利を賭けた2017年最終戦が開催されました。第3戦の減水傾向から一転、若干の増水傾向で水温も下がったコンディションへどう対応したのでしょうか?
 
では、当日の模様です。
薄曇りの微風という最高のコンディションでの朝を迎え、35艇、47名のエントリーとなりました。
 
IMG_7054.JPGIMG_7056.JPG 
 
皆さんのご協力で、スムーズなランチングとスタートもできました。
 
P8203323.JPGP8203328.JPGP8203329.JPGP8203341.JPG 
 
各所でトーナメントが行われておりましたが、トラブルも無く無事に帰着しウエイン開始です。
 
P8203347.JPGP8203366.JPGP8203377.JPG 
 
上位入賞者です
第5位 柴田選手・笠井選手 (同ウエイト)
 
P8203367.JPGP8203353.JPG 
柴田選手 得意としてるバックスライド系ワームでリミットを揃え、常陸利根川の杭で入れ替えに成功したそうです。
 
笠井選手 
常陸利根川のウインディーサイドのバンク沿いの杭でリミットメイク後、チャターベイトを巻き倒しウエイトアップしたそうです。
 
第4位 安達選手
P8203350.JPG
北利根川の流入河川にてスイムジグとバックスライド系ワームでリミットメイク後、カスミ本湖西岸の石積みを1/4ozのフットボールでジグでウエイトアップさせたそうです。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3位 掛水選手
P8203348.JPG
北利根川のバンク沿いでスピナーベイトでリミットメイク後、妙技水道で入れ替えし、帰りの常陸利根川の杭で1600gをキャッチしお立ち台を手繰りよせました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第2位 小野田選手
P8203355.JPG
自社で開発中のポークをトレーラーにしたフットボールジグで、北利根、常陸利根のブレイクをスイミングで 攻略。ビッグフィッシュ賞となった1720gを含むすべての魚をキャッチしました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、2017年の最終戦を制したのは・・
優勝 横堀選手
P8203361.JPG
常陸利根川のバンク沿いをバックスライド系ワームやスモラバでスローに攻め、キロフィッシュでリミットメイクし見事初優勝となりました。おめでとうございました!
 
表彰式の後は恒例の抽選会です!今回も沢山のご協賛をいただきました。
 
IMG_7108.JPGIMG_7086.JPGIMG_7081.JPGIMG_7097.JPG 
 
《御協賛頂いた皆様》Bait Breath様・SUNLINE様・LuckyCraft様・NORIES様・Teckel様・mibro様・K・O Garage様・ZENAQ様・OTHER SELF様・エレキの修理屋さん様・日本サプライ様・イスズフーズ様・片岡プロ・中澤さん・君嶋さん・藤村さん・渋田さん・佐藤さん
 
IMG_7116.JPG
年間ランキングは、後日改めてご報告させていただきます。2017年シリーズ戦は終了となりましたが、MORIZO CUPも予定されてます!皆様のご参加お待ちしております。
 
 
 
 
バスキャットLYNXをオーダー頂きました!
 
20286749_10155772137184113_8619381474662344082_o.jpg
  以前から新艇を検討されていたお客様。他のブランドで商談を進めていた時期もありましたが、今年の3月に発表されたバスキャットLYNXの写真を見て『買います!』とプレオーダーを頂き、2018年モデルの受付がスタートしたということで正式オーダーを頂きました。かなりのお時間を頂くことになりますが、楽しみにお待ちくださいませ。
 
バスキャット2018年モデルに興味があるお客様がいらっしゃいましたらお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールからご連絡ください。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 大変お待たせいたしました!レンジャー・トライトン・バスキャットの2018年モデル販売価格が決まりましたのでオーダーの受付を開始しました!!
 
当店新艇サイト:http://heartsmarine.com/newboats/
 
レンジャーは概報通り、Lコマンチシリーズが新たに加わりました。
 
 
バスキャットもLynx・Pantera ClassicがNEWモデルとして発売されました。
 
LYNX-25.jpg
 
トライトンはNEWモデルの発売こそありませんでしたが、ワイドデッキでソフトな走破性のTRXシリーズが継続発売されています。
 
当店ではレンジャーZ518・Z519・Z521C、バスキャットエイラ・クーガーFTD、トライトン189TRXなどを試乗したり、実物を見て頂くことができます。来年は新艇で!とお考えのお客様がいらっしゃいましたらお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールからご連絡ください。
 
 
 
 
 
2017年ハーツマリントーナメント、シリーズ第4戦が開催され、参加艇数35艇47名が熱いバトルを繰り広げました。
 
IMG_7117[1].jpg

 

P8203361[1].jpg
 優勝 横堀選手 3,370g(3本リミット) 
 
P8203355[1].jpg
   準優勝 小野田選手 3,340g(3本リミット)
 
P8203348[1].jpg
 第3位 掛水選手 3,180g(3本リミット)
 
 

トーナメントの詳細は追ってUPさせて頂きます。参加して頂いた皆様、賞品を提供して頂いた皆様、お手伝い頂いた皆様ありがとうございました。

 

P8203381[1].jpg

 

《御協賛頂いた皆様》Bait Breath様・SUNLINE様・LuckyCraft様・NORIES様・Teckel様・mibro様・K・O Garage様・ZENAQ様・OTHER SELF様・エレキの修理屋さん様・日本サプライ様・イスズフーズ様・片岡プロ・中澤さん・君嶋さん・藤村さん・渋田さん・佐藤さん

 

  

 HEARTS MARINE公式Facebookページ

もご覧下さいませ!

  

ヤマハSHOですが、トリムを上下した時にガタが出てるとの事。
 
P8183297[1].jpg
P8183308[1].jpg
早速サイドブラケットを外して核心部へ。
 
P8183301[1].jpg
ブッシュを見てみると、大きく削れて半分ほどは無くなっていますね。ここはトリムを上下した時の支点となる所。 
 
P8183306[1].jpg
 新品のブッシュは材質が変わっているのか?色が違いますね。
 
P8193313[1]_LI.jpg
この辺のブッシュはグリスが緩衝剤の役目をしており、それが切れると比較的早く摩耗してしまいます!!3ヵ月に一度ぐらいはグリスガンにてグリスUPが必要ですね。
 
P8193314[1]_LI.jpg
こちら縦軸のマウントにも同じ様なブッシュが入っていますが、ここのブッシュ交換は非常に大変。エンジンパワーヘッドを降ろさないと交換できません。そうなる前にもグリスUPは大事ですよ!!
 
 
 

  HEARTS MARINE公式Facebookページ

 
 
 
 
 
 バサーオールスタークラシック2017の都合により日程が変更となりましたハーツマリンクラシック2017ですが、MORIZO CUP2017を10月29日に開催することになりましたので再び、日程を変更とすることになりました。
 
 
242939272_624.v1479113002.jpg
ハーツマリンクラシック2017・・・10月14・15日(予備日未定)
MORIZO CUP2017・・・10月29日
 
トーナメント参加者の皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 

7月中旬に開催されたレンジャーのディーラーカンファレンスで発表されたレンジャーの2018年モデル。海外サイトから拝借した写真でお伝えいたします。

 
2018年のNEWモデルとして発表されたのはZ521L・Z520LというLコマンチシリーズ。
 
19944615.jpg
 最大の特徴はコンソールデザイン。
 
20507618_10155614089804596_4651950666192011128_o.jpg
20414349_10155593577784596_887885031668268485_o.jpg
16インチのGPS魚探を埋め込むことができるデザインになりました。それ以外にも・・・
 
19983957_10155544593054596_4795485108009935342_o.jpg
Z521L_12.jpg
従来モデルも昨年に引き続き、継続して発売されます。
 
派手な演出で発表されたのが50周年記念モデルのZ521L Icon。
 
20229526_10155578524989596_3240792467962079620_o.jpg
 
19984188_10155545859699596_817378044183199982_o.jpg
独特のカラーリングに50周年モデルの証がいたるところに!
 
19984176_10155545859709596_8790253721900324078_o.jpg
19944473_10155545860274596_5924670941489543497_o.jpg
19944647_10155545860199596_423696760441442565_o.jpg
アメリカでの発売価格は約10万ドル!すごい時代になりましたね。
 
パッケージカラーはいくつかがNEWカラーに変更、FUSIONカラーにはアローがオレンジのようなカラーが復活しました。
 
DSCN6044_zpsd0ocd5e4.jpg
 
DSCN6045_zpsyzwfwpm4.jpg
 
DSCN6042_zpsykcs8ozl.jpg
 リミテッドエディションカラーはガラッと変わりました。
 
DSCN6043_zpsa7dci8as.jpg
 2018年モデルの価格や装備についてはいずれ日本正規代理店のFUSIONさんから発表があると思いますが、レンジャーの場合は新艇のオーダーから日本到着までのリードタイムがかなり長いです。早くて5ヶ月、遅いと7ヶ月以上掛かることも。来シーズンはレンジャーの新艇で!とお考えの方は早めのオーダーをお勧めします。
 
事前にご連絡頂ければ現行のZ519と同じZ119Cにご試乗頂けます。また、現行モデルのZ518やZ521Cも実物を見て頂くことができます。気になる方はお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールからご連絡ください。
 
 
 
 
 

 

昨日、チャンピオン171DCを納艇致しました。
 
IMG_6794[1].jpg
IMG_6801[2].jpg
以前、バスボートを保有されていたお客様。アルミボートから再びバスボートへの乗り換えです。恥ずかしがり屋さんなので表情がお伝えできないのは残念ですが、満面の笑みでした。
 
IMG_6807[1].jpg
元々、バスボートオーナーですから湖上レクチャーというよりボートのチェックで終了マイフィールドに牽引してお帰りになりました。
 
このほどは当店でご購入頂きましてありがとうございました。思う存分、バスボートライフを楽しんでくださいませ。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
大変お待たせいたしました。レンジャー519DVSの詳細をUPしました。
 
IMG_6673[1].jpg
 
事前にご連絡頂ければいつでもご試乗頂けます。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。 
 
 
 
 
 
 昨日まで開催していました8周年記念セールではたくさんのお問い合わせを頂きましてありがとうございました。ご成約頂きましたお客様には改めて感謝申し上げます。
 
セール最後にご成約頂いたのはレンジャー522DVXでした。
 
IMG_5742.jpg
今まで小型バスボートで釣りを楽しまれていたお客様。デッキの広さとヤマハSHOが搭載されていることが決め手となってご成約頂きました。納艇まで少しお時間を頂きますが、楽しみにお待ちください。
 
併せてプレオーダーキャンペーンにもたくさんのお問い合わせを頂きましてありがとうございました。

cl-029.jpg

近々、レンジャー・トライトン・バスキャットの2018年モデル価格や仕様をお知らせいたしますので新艇をご検討されているお客様がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。
 
 
 
 
 
 
HEARTS MARINE TOURNAMENT 2017 
年間ランキング中間報告(第3戦終了時点)
 
順位
NAME
第1戦
第2戦
第3戦
TOATAL
1
亀田 裕生
2600g
950g
3570g
7120g
2
保坂 英記
3250g
3490g
0g
6740g
3
中谷里 隆行
0g
3530g
2960g
6490g
4
柴田 泰
3340g
730g
1580g
5650g
5
柳岡 昭寿
3250g
1400g
950g
5600g
6
石毛 直也
2920g
1630g
820g
5370g
7
布施 一考
3460g
No
1790g
5250g
8
北橋 訓功
1350g
1230g
2650g
5230g
9
中川 岳
3040g
0g
2010g
5050g
10
小野田 大輝
1470g
2100g
1470g
5040g
11
笠井 克紀
 3730g
1260g
0g
4990g
12
中村 浩之
3230g
820g
930g
4980g
13
安達 真秀
3750g
500g
660g
4910g
14
榎本 篤史
2650g
1600g
610g
4860g
15
森 貴敬
2480g
2340g
0g
4820g
16
君嶋 一慶
2850g
1560g
340g
4750g
17
早野 剛史
No 
2200g
2440g
4640g
18
長山 裕一
2650g 
No
1920g
4570g 
19
五味 眞廣
1420g 
2800g
No 
4220g
20
Take-G
No 
2450g
1350g 
3800g
21 
小林 正人
2550g 
1240g
No
3790g
22
宮本 明
1380g 
1280g
1100g
3760g
23
石原 智弘
1300g 
1180g
1140g
3620g
24
横堀 進
1370g 
450g
1300g
3120g
25
内野 勝彦
2460g 
610g
No
3070g
26
日置 典重
No
3030g
No
3030g
27
長尾 仁志
0g
2150g
870g
3020g
28
鈴木 大三
1900g
1020g
No
2920g
29
高橋 透
850g
2020g
0g
2870g
30
中澤 一美
0g
2000g
860g
2860g
31
内山 裕
2820g
0g
0g
2820g
32
小暮 吉訓
2610g
No
No
2610g
33
掛水 守
210g
1840g
560g
2610g
34
山本 純司
900g
680g
680g
2260g
35
柴沼 聡
1200g
1030g 
0g
2230g
36
安藤 憲一 
2130g
0g
No
2130g
37
鍋島 健
1200g
0g
870g
2070g
38
福島 勇介
390g 
1000g
670g
2060g
39
藤村 智弘
2040g
0g
0g
2040g
40
堀江 貴志
1980g
No
No
1980g
41
松田 守彦
1160g
520g
No
1680g
42
名越 公一
No
No
1640g
1640g
43
伊藤 貴志
570g
1000g
No
1570g
44
中林 典昭
140g
830g
0g
970g
45
井上 武則
No
900g
0g
900g
46
正木 正実
No
No
830g
830g
47
佐藤 和幸
390g
No
No
390g
48
秋葉 和也
0g
0g
320g
320g
49
西村 茂剛
0g
No
No
0g
49
櫛田 英実
0g
No
No
0g
49
 篠崎 隆義
No
0g
No
0g
 
ハーツマリントーナメント2017第3戦終了時点での年間ランキングです。上位15名までがクラッシックへの参加権利が与えられます。
 
シリーズ最終戦は8/20(日)に開催されます。参加される選手の皆さん、頑張って下さい!
 
 
 
 

 

トレーラーアルミホイールのNEWデザインが入荷しました!
 
 
Z16 15インチ
IMG_9708.JPGのサムネール画像のサムネール画像
Z86 15インチ
IMG_9767.JPG
Z66MAT 15インチ
IMG_9716.JPGのサムネール画像のサムネール画像
Z08MAT 15インチ
IMG_9713.JPGのサムネール画像のサムネール画像
 
今回はBLACKにこだわってラインナップしました。けん引車のホイールカラーに合わせてもいいですし、変化させてもオシャレだと思います。
 
他にも様々なデザイン、サイズをそろえていますので詳しくは下記パンフレットをご覧ください。
 
 
PDF用ボタン.jpg
 
 
ホイールのマッチングや詳しい情報は080-8854-1285(ハーツレンタル山本)までご連絡ください。
 
当店では、トレーラー用部品についても様々なご要望承りますので、お気軽にご相談下さい。
 
 
 
 
 
   昨日、当店の公式Facebookページでお知らせしました通り、人気のレンジャー519DVXが入庫しました。
 
IMG_6312_2[1].jpg
2006年モデルの519DVXに環境対策のオプティ200馬力を搭載。ローランスのHDSが前後、ボブスのアクションジャックにオンボードチャージャー、29年9月までのトレーラー車検付きの1艇です。
 
詳細をUPするまで少しお時間を頂きますが、現物確認・試乗は可能です。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
 
 
 ガーミンってどうなんですか!?シリーズ。
 
 
最終回はガーミンGPS魚探のネットワークについてお伝えいたします。
 
6a00d83451bb7069e201a3fd15d70f970b-600wi.png
 ガーミンGPS魚探にはNMEA0138の共有ケーブルを利用したネットワークとイーサネットケーブルを利用したネットワークの2種類があります。
 
NMEA0138によるネットワーク
 
NMEA0138によるネットワークはechoMAPシリーズSTRIKERシリーズに使用されるもので一方のechoMAP・STRIKERでポイント入力するともう一方のechoMAP・STRIKERにポイントが同時入力(共有)されます。
cf-lg (1).jpg
言い方を変えればポイントの同時入力(共有)しかできません。
 
それに対してイーサネットによるネットワークはGPSMAPシリーズに使用されるもので一方のGPSMAPでポイント入力するともう一方のGPSMAPにポイントが同時入力(共有)されるのはもちろん、クイックドローのデータを共有したり、魚探映像を共有することができます。
 
 
【クイックドローデータの共有】
 
ガーミンのネットワークに関して一番多いのが『コンソール側の魚探で作成したクイックドローデータはフロントの魚探で確認できるの!?』というご質問です。
 
実際に当店デモ艇に装着しているGPSMAP7410xsvGPSMAP1022xsvをイーサネットケーブルでネットワークしてクイックドロー機能を使用してみると・・・
 
IMG_5666[1].jpg
両機にリアルタイムでクイックドロー機能で作図された等深線が表示されます。つまり、運転しながら作成した等深線をすぐにフロントの魚探で見ながら釣りをすることができるのです。
 
IMG_5712[1].jpg
GPSMAP7410xsvGPSMAP922xsとの組み合わせでも同様です。ちなみにフロントの魚探にはデータ保存用のSDカードは必要ありません。コンソール側の魚探に記録されたデータをイーサネットケーブルを介してモニターしているのです。
 
 
【魚探映像の共有】
 
次に多いのが『サイドビュー回路を内蔵しているGPSMAPシリーズにサイドビュー回路を内蔵していないGPSMAP922xsをネットワークするとGPSMAPシリーズのサイドビューを共有できるの!?』というご質問です。
 
これも実際に当店デモ艇に装着しているGPSMAP7410xsvGPSMAP922xsをイーサネットケーブルでネットワークすると・・・
 
IMG_5727[1].jpg
サイドビュー回路を内蔵していないGPSMAP922xsでもGPSMAP7410xsvのサイドビュー映像を見ること(共有)ができます。
 
これによりコンソールはサイドビュー回路を内蔵しているGPSMAPシリーズを装備してフロントにはサイドビュー回路を内蔵していないGPSMAP922xsGPSMAP722xsを装備することでコストを抑えた組み合わせでのネットワーク構築も可能です。
 
【ヘディングセンサーの共有】
 
ガーミン魚探に使用できるヘディングセンサーにはNMEA0183を介して接続するHD-10DIなどとNMEA2000を介して接続するスティディーキャストがあります。単体の場合、すべてのヘディングセンサーが使用できますが、NMEA2000ネットワークの場合はTカプラーなどの配線キットが必要になるのでNMEA0183を介して接続するヘディングセンサーがお勧めです。
 
HD-10DI_4.jpg
複数台をイーサネットケーブルでネットワークしている場合はNMEA0183を介してHD-10DIをひとつの魚探に接続するだけでネットワーク上にある魚探すべてで共有できます。
 
HD-10DI_network_2.jpg
イーサネット対応していないechoMAPシリーズをNMEA0183でネットワークするとNMEA0183を介して接続するHD-10DIなどのヘディングセンサーが使用できません。その場合はNMEA2000を介して接続するスティディーキャストを使用することになります。 
 
スティディーキャストネットワーク_3.jpg
 
3回に分けてガーミンGPS魚探についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。
 
ちょっと理解しづらいところもあったかもしれませんが、当店でご購入頂いたお客様にはGPS魚探専任スタッフが取り付け方法や操作方法の疑問点や不具合に対して電話やメールで完全サポート致します。ご購入の相談・お問い合わせは090−3470−1858(HEARTS FINDER 高橋)までお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
 
先日、チャージャー295TFを納艇致しました。
 
P7273206[1].jpg
P7273208[1].jpg
以前からボートのご相談を頂いていたお客様。チャージャーのフォルムが気に入ったそうで満面の笑みを頂きました。
 
P7273213[1].jpg
P7273218[1].jpg
この日は操船レクチャーのみ。終始、笑顔だったのが印象的でした。翌日はお友達との釣行で『楽しめました!』と笑顔。喜んでいただけて何よりです。
 
このほどは当店でご購入いただきましてありがとうございました。笑顔のバスボートライフが続けられるようサポートさせて頂きますね。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 バスキャットPantera Classicをオーダー頂きました。
 
cl-031.jpg
現バスキャットオーナーのお客様。2018年モデルから新たにラインナップに加わったPantera Classicのプレオーダー特価キャンペーンが後押しとなってお乗り換え頂けることになりました。少しお時間を頂きますが、1日も早くお乗り頂けるよう手配させて頂きますのでよろしくお願いいたします。
 
バスキャットといえば現在、ディーラーミーティングが開催されています。今まで秘密のベールに包まれていたLYNXの走行性能の一部も公開されています。
 
 
 ワイドビームになったにもかかわらず120km/hで走行できるのはバスキャットだからこそ。すでにプレオーダー頂いているお客様がいらっしゃいますが、ディーラーミーティングが終わって仕様が判りましたら正式にオーダーを受け付けることができると思います。
 
Pantera ClassicやLYNXが気になる方はお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールからご連絡ください。
 
 
 
 
 
 HEARTS MARINE TOURNAMENT 2017
第3戦  Pride of HEARTS
Date July 16
 Name人数weightfishBig fish
1亀田 裕生23570g31540g
2中谷里 隆行12960g3 
3北橋 訓功12650g3 
4鈴木 大三22480g3 
5早野 剛史12440g3 
6中川 岳22010g3 
7長山 裕一11920g3 
8
布施 一考
21790g3 
9名越 公一21640g3 
10柴田 泰11580g3 
11小野田 大輝11470g3 
12Take-G21350g2 
13横堀 進11300g2 
14石原 智弘11140g3 
15宮本 明21100g3 
16柳岡 昭寿1950g2 
17中村 浩之1930g1 
18長尾 仁志2870g2 
18
鍋島 健
1870g1 
20中澤 一美1860g1 
21正木 正実1830g1 
22石毛 直也1820g3 
23山本 純司1680g1 
24福島 勇介1670g1 
25安達 真秀2660g1 
26榎本 篤史2610g1 
27掛水 守2560g2 
28君嶋 一慶2340g1 
29秋葉 和也1320g1 
30内山 裕20g0 
30笠井 克紀10g0 
30高橋 透10g0 
30保坂 英記10g0 
30柴沼 聡20g0 
30中林 典昭20g0 
30藤村 智弘10g0 
30井上 武則10g0 
30森 貴敬10g0 

 

連日猛暑が続く中、夏の特別戦となる「Pride of HEARTS」が開催されました。
梅雨時期にもかかわらず雨が降らないカスミ水系は減水傾向、水温も30℃に達し非常にタフな試合となりました。
 
では、当日の模様です。
風の無い穏やかな朝焼けの中での受付。38艇、53名のエントリーとなりました。
 
IMG_6203[1].jpgIMG_6205[1].jpg 
 
皆さんのご協力で、無事にランチングとスタートができました。
 
P7163103[1].jpgP7163118[1].jpgP7163120[1].jpgP7163137[1].jpg 
 
昼間になっても風が吹くことはなく、灼熱の中での戦いとなりましたが、熱中症になることもなく無事に帰着してウエイイン開始です。
 
 
P7163154[1].jpgP7163162[1].jpgP7163172[1].jpgP7163148[1].jpg 
 
上位入賞者です。
 
第5位 早野プロ
P7163167[1].jpg
ガイドで見つけてあった、水温の若干低い流入河川のインレットに的を絞り、ライトリグを駆使しりリミットメイクしたそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第4位 鈴木選手
P7163171[1].jpg
常陸利根川の水門周りをライトリグで攻略し、リミットメイクに成功したそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3位 北橋選手
20173戦3位.jpg
外浪逆浦のバンク沿いをチャターベイトでファーストムービングに反応する魚を捕らえ、初のお立ち台となりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第2位 中谷里選手
20173戦2位.jpg
カレントの利いてる利根川の流入河川で、食い気の無い魚をバックスライド系ワームでバイトに持ち込み、2戦連続のお立ち台となりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして今年のPride of HEARTS制したのは・・
優勝 亀田選手!
 
20173戦1位.jpg
朝一は前川の護岸沿いにて、ラバージグのフォーリングでリミットメイク後、密かに練習していたカスミ本湖の浚渫エリアで勝負。ミドルレンジのベイトが確認できるブレイクでのヘビーキャロライナリグでビッグフィッシュとなった1540gをキャッチし優勝を手繰り寄せました。初優勝おめでとうございます!
 
表彰式の後は恒例の抽選会です。今回も沢山の景品をご協賛いただきました。
 
IMG_6261[1].jpgIMG_6263[1].jpg 
 
 《御協賛頂いた皆様》Bait Breath様・SUNLINE様・LuckyCraft様・NORIES様・Teckel様・mibro様・K・O Garage様・ZENAQ様・OTHER SELF様・エレキの修理屋さん様・日本サプライ様・イスズフーズ様・味のめんたい福太郎様(五味さん)・片岡プロ・早野プロ・中澤さん・君嶋さん・藤村さん・Qさん・森さん・佐藤さん・服部さん
 
IMG_6278[1].jpg
次回は早くも2017年シリーズ最終戦です。クラッシック出場権利が決まる重要な1戦です。沢山のご参加お待ちしております。
 
 
 
 
 

 

先日、2017年モデルのレンジャーZ519新艇を納艇致しました。
 
IMG_6171[1].jpg
IMG_6172[1].jpg
昨年の12月にオーダー頂いて約8ヶ月。待ち望んでいた納艇に喜びもひとしおです。
 
IMG_6177[2].jpg
IMG_6186[1].jpg
レンタルバスボートで楽しまれていたとは言え、今まで乗ってきたボートとは大きさも馬力も違うので慎重に操船されていましたが、すぐに慣れると思いますよ。
 
IMG_6197[1].jpg
操船レクチャー後は専任スタッフと一緒に魚探の使い方レクチャーへ。
 
このほどは当店でご購入頂きましてありがとうございました。入荷が遅れているオプション等でご迷惑をお掛けしておりますが、もうしばらくお待ちくださいませ。今後とも末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
オプティマックス150ですが、アイドリングが落ち着かずパワーも無いみたいとの事。
 
P7203190[1].jpg
一先ずプラグ交換すると一気筒だけ焼けがカブっているみたい。
 
P7203184[1].jpg
点火を確認すると点火してませんでした。この場合ほとんどがイグニッションコイルなのですが、一応コイルへのハーネスを入れ替えてみたところ同じ番手が点火しないので間違いないでしょう。
 
P7203185[1].jpg
見た目には分からないですがASSYで交換ですね。
 
P7203194[1].jpg
こちらはオプティProXS250。警告音が鳴るとの事で早速テスターを繋ぐとオーバーヒートの記録が多数。
 
P7203195[1].jpg
P7203192[1].jpg
今回はインペラ交換と念の為にサーモスタットも交換しました。他にも色々と修理をしてますが、梅雨が明け、エンジンも暑さでバテぎみかもしれませんね?
 
 
 
 

   HEARTS MARINE公式Facebookページ

 
 
 
 
 
 とても暑かった3連休、中古艇の動きも熱かったようでチャンピオン171DCとチャンピオン188CXをご成約頂きました。
 
IMG_4764[1].jpg
 アルミボートからのステップアップをご検討されていたお客様。充実した装備とドレスアップされた仕様を気に入ってチャンピオン171DCをご成約頂きました。
 
 
IMG_5375[1].jpg
 バスボートのサイズアップをご検討されていたお客様。理想のサイズとエンジンの仕様が気に入ってチャンピオン188CXをご成約頂きました。
 
両艇とも少しお時間を頂きますが、安心してお乗り頂けるよう納艇整備を進めますね。ご成約、ありがとうございました。
 
 
 

 ハーツマリントーナメント2017第3戦Pride of HEARTSの模様(写真)をフォトギャラリーにUPしました。

 

 

IMG_6278[1].jpg

 

こちらをご覧ください。

http://photozou.jp/photo/list/464018/9067688

 

 

  HEARTS MARINE公式Facebookページ

もご覧下さいませ!
 
 
 
 

 

 ご報告が遅くなりましたが、レンジャー518SVXを納艇致しました。
 
P7013062[1].jpg
P7013066[1].jpg
念願だったアルミボートからバスボートへのステップアップを実現して思わず笑みがこぼれます。
 
P7013073[1].jpg
P7013080[1].jpg
先輩のバスボートに同船していたこともあって操船はスムーズでした。この日は天気が悪くて雨が降りそうだったので釣りは持ち越し。その後、連日で釣りを楽しまれていました。
 
このほどは当店でご購入いただきましてありがとうございました。新しい相棒でのトーナメント、頑張ってくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
2017年ハーツマリントーナメント、シリーズ第3戦(Pride of HEARTS)が開催され、参加艇数38艇53名が熱いバトルを繰り広げました。
 
IMG_6273[1].jpg

 

P7163150[1].jpg
 優勝 亀田選手 3,570g(3本リミット) 
 
P7163153[1].jpg
   準優勝 中谷里選手 2,960g(3本リミット)
 
P7163152[1].jpg
 第3位 北橋選手 2,650g(3本リミット)
 
 

トーナメントの詳細は追ってUPさせて頂きます。参加して頂いた皆様、賞品を提供して頂いた皆様、お手伝い頂いた皆様ありがとうございました。

 

P7163147[1].jpg

 

《御協賛頂いた皆様》Bait Breath様・SUNLINE様・LuckyCraft様・NORIES様・Teckel様・mibro様・K・O Garage様・ZENAQ様・OTHER SELF様・エレキの修理屋さん様・日本サプライ様・イスズフーズ様・味のめんたい福太郎様(五味さん)・片岡プロ・早野プロ・中澤さん・君嶋さん・藤村さん・Qさん・森さん・佐藤さん・服部さん

 

  

 HEARTS MARINE公式Facebookページ

もご覧下さいませ!
 

 

 

 

 

 
先日、ご依頼頂いていたトレーラー車検を受けに陸運支局に行ってきました。
 
 
IMG_9671.JPG
 
 
こちらはバスキャットボートトレーラー、通関証明書がありましたので並行輸入車届出書を作成して審査後に登録しました。新艇で輸入した仕様が2軸の内1軸しかディスクブレーキが付いていませんでしたので 1軸ディスクブレーキを追加した上で登録致しました。
 
 
 当店では、トレーラーについての様々なご要望承りますので、お気軽にご相談下さい。
 
 
 
 
 
a
 今年前半は各メーカーの主力GPS魚探の店頭デモ機を揃えたり、各メーカーさんにご協力頂きましてH-1グランプリにブース出展したりとGPS魚探の販売環境作りに注力してきました。
 
IMG_4907[1].jpg
18110252_1033246070109119_1246150959_o.jpg
P4230593[1].jpg
というのも近年、GPS魚探の進化は凄まじいものがあり、お客様からの購入のご相談や操作方法・トラブルに関しての問い合わせが増えてきたからです。そのような状況に対応するために当店にGPS魚探専任スタッフが加入しました。
 
IMG_6163.jpg
 GPS魚探専任スタッフの高橋透です
 
決して安い買い物ではないGPS魚探を購入する際、数ある販売店の中から当店を選んでいただくために見て触って納得してもらえる環境を作り、購入後もアフターケアとして操作方法やリギングなどの相談や問い合わせに対応できる体制を整えました。詳細は当店のGPS魚探専用サイト『HEARTS FINDER』をご覧ください。
 
HEARTS FINDER:http://heartsfinder.com/
 
当店の駐艇会員の皆さんはもちろん、愛艇を牽引してご来店頂けるお客様やレンタルボートユーザー・ご自身でリギングされるお客様のご要望にしっかり応えていきたいと思ってます。
 
全メーカー全シリーズを使いこなせるだけの完璧なスキルを身に付けるまでには至っておりませんが、『ハーツマリンで買ってよかった』と言っていただけるよう精進いたしますので今後にご期待ください。
 
 
 
バレット20XRDのエアレーターポンプを交換しています。
 
P7053085[1].jpg
P7053090[1].jpg
バレットの場合ポンプ類は全て燃料タンクの下。先ずはタンクの取り外しから始めます。
 
P7053086[1].jpg
タンクが膨張してたりするとチェーンブロックの出番でしたが、今回は比較的簡単に外れました。
 
P7053088[1].jpg
エアレーターポンプのみの故障でしたが、ついでにリサーキュレーターとビルジポンプも新品に交換しました。
これでしばらくタンクを外す作業は無いのでは?
 
 
 
 
 先週から始まりました8周年記念SALE。
 
SALE.jpg
早速、多くのお問い合わせを頂いております。仕様を知りたいというお電話が多いので、取り急ぎSALE艇の仕様をバスボート新艇・中古艇カテゴリーにUP致しました。
 
バスボート新艇・中古艇:http://www.heartsmarine.com/gallery/
 
詳細写真は天候を見ながら順次、UPしていく予定です。いずれもボートも試乗可能なので詳細写真UPまで待てない!という方はお気軽に0299-77-9212までお問い合わせください。
 
レンジャーZ520とチャージャー295TFはご成約いただきました。
 
IMG_6051.jpg
188073227.jpg
少しお時間を頂くことになりますが、楽しみにお待ちください。ご成約ありがとうございました。
 
 
 
 
 
当店フェイスブックでもお知らせしましたが、チャンピオンのカーペット張り替え作業を行いました。
 
P6273030[1].jpg
張り替えで一番重要なのは下地処理。接着剤をとことん落として光が映り込むまでに。
 
P6283044[1].jpg
大雑把にカットして、貼りながら細かな所をカット。この時重要なのはカッターの切れ味。バンバン交換していきます。
 
P6273042[1].jpgP6283051[1].jpg
ストレージは、角に合わせ面が来ないように気を付けながら。
 
P6283047[1].jpg
P6283050[1].jpg
ストレージの数も多いので組み付けにも時間が掛かります。
 
P6293058[1].jpg
P6293055[1].jpg
完成した写真。作業には苦労しますが、終わった時の達成感は大きいですね。
 
P6273040[1].jpg
今回はPolish Pro RIVERの山崎さんにお手伝いを頂いたので三日弱で完成しました。今までは時間が掛かるためにオフシーズンの作業をお勧めしていましたが、今後もお手伝い頂けるとの事ですのでハイシーズンでもウイークデー中に作業が可能になりました。カーペット張り替えをご検討の方は是非一度ご相談ください。
 
 
 

  HEARTS MARINE公式Facebookページ

もご覧下さいませ! 

 
 
 
 
 HEARTS MARINE TOURNAMENT 2017
第2戦
Date Jun 26
 
 Name人数weightfishBig fish
1中谷里 隆行13530g3 
2保坂 英記13490g3 
3日置 典重13030g3 
4五味 眞廣22800g3 
5Take-G22450g3 
6森 貴敬22340g3 
7長尾 仁志22150g2 
8小野田 大輝22100g2 
9高橋 透22020g3 
10中澤 一美12000g2 
11掛水 守31840g21490g
12早野 剛史21700g3 
13石毛 直也11630g3 
14榎本 篤史21600g2 
15君嶋 一慶21560g3 
16柳岡 昭寿11400g2 
17宮本 明11280g2 
18笠井 克紀11260g1 
19小林 正人11240g2 
20北橋 訓功11230g2 
21石原 智弘11180g2 
22柴沼 聡21030g2 
23鈴木 大三21020g3 
24伊藤 貴志21000g2 
24福島 勇介11000g2 
26亀田 裕生2950g1 
27井上 武則2900g1 
28中林 典昭2830g1 
29中村 浩之1820g1 
30
柴田 泰
1730g1 
31山本 純司1680g1 
32内野 勝彦1610g1 
33松田 守彦2520g1 
34安達 真秀2500g1 
35横堀 進1450g1 
36秋葉 和也0g0 
36中川 岳0g0 
36鍋島 健0g0 
36内山 裕0g0 
36篠崎 隆義0g0 
36藤村 智弘0g0 
36安藤 憲一0g0 

 

梅雨らしい小雨模様の中、ハーツマリントーナメント2017第2戦が開催されました。
この日はマリーナトーナメントがいくつも開催されるとういうことで、バスのの状況に加えアングラーのプレッシャーやエリアのバッティングを考慮した戦略を求められました。
 
では、トーナメントの模様です。42艇、65名と多くのエントリーとなりました。
 248884756_624.v1498564993.jpg248884770_624.v1498564989.jpg
小雨の中のランチングとなりましたが、選手皆さんのご協力でスムーズなスタートができました。
P6252909[1].jpgP6252937[1].jpgP6252963.jpgP6252951[1].jpg 
減水傾向だったカスミ水系も数日前の雨で若干水位が上昇、試合当日は梅雨空のローライトというアングラーにとっては最高のコンディションでしたが結果はいかに・・
皆さん無事に帰着です。ウエイン率が高い結果となりました。
P6252993[1].jpgP6252976[1].jpgP6252983[1].jpgP6253010[1].jpg 
では上位入賞者です。
第5位 竹内プロ
P6253012[1].jpg
常陸利根川、利根川のシャローにてGスティック・ダブルモーションでリミットメイク後、ジャックハンマーにTTシャッドのコンビで入れ替えに成功したそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第4位 五味プロ
P6252986[1].jpg
カスミ本湖・北利根のシャローをノーシンカー、ネコリグで攻略。7本キャッチし入れ替えを繰り返しウエイトをアップに成功したそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3位 日置プロ
P6253004[1].jpg
JB戦のプラを兼ねてエリアをカスミ本湖に絞り、シャローにてラバージグでキャッチしたそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第2位 保坂選手
P6252988[1].jpg
利根川支流のブラインドストラクチャーを、得意としてるラバージグのスイミングでキャッチしたそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして2017年の第2戦を制したのは・・
優勝 中谷里選手!
P6252981[1].jpg
 常陸利根川下流域にてエバーグリーンのラウドバズでモーニングバイトを捕らえ2本キャッチ後、利根川でリミットメイク。その後、常陸利根川中流のキンチャクにてバックスライド系ワームで入れ替えに成功し、久々の優勝を手繰り寄せました。おめでとうございました!
 
表彰式後は恒例の抽選会。今回も沢山のご協賛をいただきました。
IMG_5976[1].jpgIMG_5986[1].jpgIMG_6011[1].jpgIMG_6006[1].jpg 

《御協賛頂いた皆様》Bait Breath様・SUNLINE様・LuckyCraft様・NORIES様・Teckel様・mibro様・K・O Garage様・エレキの修理屋さん様・日本サプライ様・イスズフーズ様・味のめんたい福太郎様(五味さん)・片岡プロ・早野プロ・中澤さん・君嶋さん・内野さん・藤村さん・秋葉さん・今井さん・Qちゃん

第3戦は特別戦の「Pride of HEARTS」となります。沢山のご参加お待ちしております。

 

IMG_6022[1].jpg

 HEARTS MARINE公式Facebookページ

もご覧下さいませ!  
 
 

 

  ハーツマリントーナメント2017第1戦の模様(写真)をフォトギャラリーにUPしました。

IMG_5997.jpg
 

こちらをご覧下さい。

 
 
 
 
 
 
2017年ハーツマリントーナメント、シリーズ第2戦が開催され、参加艇数42艇65名が熱いバトルを繰り広げました。
IMG_6024[1].jpg

 

P6252981[1].jpg
 優勝 中谷里選手 3,530g(3本リミット) 
 
P6252988[1].jpg
   準優勝 保坂選手 3,490g(3本リミット)
 
P6253004[1].jpg
 第3位 日置選手 3,030g(3本リミット)
 
 

トーナメントの詳細は追ってUPさせて頂きます。参加して頂いた皆様、賞品を提供して頂いた皆様、お手伝い頂いた皆様ありがとうございました。

 

IMG_5959[1].jpg

 

《御協賛頂いた皆様》Bait Breath様・SUNLINE様・LuckyCraft様・NORIES様・Teckel様・mibro様・K・O Garage様・エレキの修理屋さん様・日本サプライ様・イスズフーズ様・味のめんたい福太郎様(五味さん)・片岡プロ・早野プロ・中澤さん・君嶋さん・内野さん・藤村さん・秋葉さん・今井さん・Qちゃん・

 

 HEARTS MARINE公式Facebookページ

もご覧下さいませ! 

 

 

 ローランスHDS Carbon・Gen3シリーズを検討されている方に朗報です!
 
12976806.jpg
本日よりサマーキャンペーンを開催いたします。
 
《サマーキャンペーンその1》
 
プレゼント.jpg
《サマーキャンペーンその2》
ローランスHDS-7 CARBON&Gen3 Touchを購入すると 同時購入した振動子を税別15,000円お値引きいたします。トータルスキャン振動子なら税別37,000円でHDI振動子なら税別7,000円で購入できます。
 
《サマーキャンペーンその3》
また、ローランスの7インチ以上のGPS魚探を購入された方、全員にもれなくローランスオリジナルドライTシャツをプレゼント!
 
IMG_5774.JPG
購入するモデルによっては17%以上のお値引きとなるサマーキャンペーン、期間は7月末までなのでこの機会に是非、ご検討くださいませ。
 
 
 
 
 
 大変お待たせいたしました。レンジャー519DVSの詳細をUPしました。
 
IMG_5508[1].jpg
 
渋めのカラーリングが目を引くレンジャー519DVSです。事前にご連絡頂ければいつでもご試乗頂けます。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
まずはこちらのトレーラー画像をご覧下さい。 
 
IMG_9420.JPG
鬼キャン(極端なネガティブキャンバー)状態ですが、車軸が腐食で折れた結果です。 
 
IMG_9520.JPG
 
IMG_9421.JPG
リーフスプリングの取り付け部分は腐食が起きやすく応力も掛かる部分で過去にも同じ場所が折れたトレーラーがあります。このトレーラーはトレイルする方では無かったので大事には至りませんでしたが、遠征中にこの様な事が起こると大惨事となりますので、トレイルする方は車軸周りの腐食にはお気を付けください。 
 
IMG_9522.JPG
今回はメインフレーム中央部分の腐食も進んでいましたので、オーナーさんと相談した結果補修では無く、新車トレーラーと入れ替える事となりました。オーナーさんトレーラー納車までしばらくお待ち下さい。 
 
当店では、トレーラーについての様々なご要望承りますので、お気軽にご相談下さい。
 
 
 
 
 
 
 6月になり、各バスボートメーカーは2017年モデルの受注を終えて2018年モデルへ移行する時期になりました。すでに気の早いお客様から2018年モデルのお問い合わせをいただいております。そこで2018年モデルとして確定しているモデルの一部をプレオーダー特価で提供させて頂きます。
 
第1弾はBassCat PanteraClassic(パンテラクラシック)です。
 
cl-029.jpg
今年の3月に開催されたバスマスタークラシックで発表されたパンテラクラシック。新設計の19.6ft船体にゆとりのフロントデッキで釣りのしやすさが向上したアメリカでも注目されているモデルです。
 
 
今回、3月にNEWモデルとして発表されたスズキDF200AST(マットブラック)との組み合わせをプレオーダー特価550万円(税込・諸経費別)で期間・台数限定にて提供させて頂きます。ヤマハSHO225やマーキュリーProXS200との組み合わせも承ります。
 
 
 
LYNX-25.jpg
併せてBassCat Lynx(リンクス)のプレオーダーも承ります。
 
 
また、レンジャー・トライトンについてもお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールからご連絡ください。
 
 
 
 
 
もご覧下さいませ!
 
 
 
 

 

 HEARTS MARINE TOURNAMENT 2017
第1戦
Date Jun 4
 Name人数weightfishBig fish
1安達 真秀23750g3 
2笠井 克紀13730g3 
3布施 一孝23460g3 
4柴田 泰13340g3 
5保坂 英記13250g3 
5柳岡 昭寿13250g3 
7中村 浩之13230g3 
8中川 岳23040g3 
9石毛 直也12920g3 
10君嶋 一慶22850g3 
11内山 裕22820g3 
12長山 裕一22650g3 
13榎本 篤史22650g3 
14小暮 吉則12610g3 
15亀田 裕生22600g31560g 
16小林 正人12550g3 
17森 貴敬12480g3 
18内野 勝彦12460g3 
19安藤 憲一22130g3 
20藤村 智弘22040g3 
21堀江 貴志11980g3 
22鈴木 大三21900g3 
23小野田 大輝11470g2 
24五味 眞廣21420g1 
25宮本 明21380g3 
26 横堀 進11370g3 
27北橋 訓功11350g2 
28石原 智弘11300g3 
29柴沼 聡11200g3 
29鍋島 健11200g1 
31松田 守彦21160g2 
32山本 純司1900g1 
33高橋 透1850g1 
34伊藤 貴志2570g2 
35福島 勇介1390g1 
35佐藤 和幸1390g1 
37掛水 守2210g1 
38中林 典昭2140g1 
39中澤 一美10g0 
39長尾 仁志20g0 
39西村 茂剛20g0 
39秋葉 和也10g0 
39櫛田 英実20g0 
39中谷里 隆行10g0

 

 
会員の皆さんが楽しみにしていました、ハーツマリントーナメント 2017年シーズンがついに開幕!今シーズンは、スポーニングの保護を目的に5月のトーナメント開催を自主規制、6月のスタートとなりました。
 
ではトーナメントの模様です。44艇、64名と過去最高のエントリーとなりました。
 
 248445069_624.v1497013460.jpg248445070_624.v1497013232.jpg
 
多数のボートのランチングでしたが皆さんのご協力でスムーズなスタートとなりました。
 
248445096_624.v1497013237.jpg248445099_624.v1497009893.jpg248445105_624.v1497009893.jpg248445115_624.v1497013471.jpg 
 
当日は10時くらいまでローライトの無風、その後は東風がやや強くなりましたが、とても釣りがしやすいコンディションでした。
 
皆さん無事に帰着です。リミットメイク率も非常に高く、多くの魚が持ち込まれました。
 
P6042809[1].jpgP6042822[1].jpgP6042824[1].jpgP6042843[1].jpg
 
では、上位入賞者です。
第5位 保坂選手、柳岡選手  ※同ウエイトでお二人の入賞となりました
248445140_624.v1497009874.jpg248445149_624.v1496995480.jpg 
保坂選手 利根川支流にて、実績のあるブラインドのストラクチャーをタイトに攻めてキャッチしたそうです
柳岡選手 常陸利根川のバンク沿いをサイトで魚を探し、スモラバ・ノーシンカーでバイトに持ち込みました
 
第4位 柴田選手
248445170_624.v1496991610.jpg
常陸利根川のブレイク沿いのストラクチャーに対してはネコリグで、浅いアシ際のシェードではバックスライド系ワームでアプローチしてバイトに持ち込んだそうです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3位 布施選手
248445156_624.v1497009747.jpg
前日プラでバイトを得た、常陸利根川の巾着帯に的を絞り1段沈んだブレイクを1/16ozネコリグのフォーリングで攻略しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第2位 笠井選手
248445143_624.v1497009947.jpg
朝の無風時は、プラクティスで掴んでいた常陸利根川のアシ際でのサイトが利くことを確認してスモラバでリミットメイク、風が吹き出してからはバンクにブレイクが寄ってる杭周りで入換え。キャッチ数は2桁に達したそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、2017年第1戦を制したのは・・・
優勝 安達プロ
248445176_624.v1496995270.jpg
朝一、常陸利根川の巾着帯をバックスライド系ワームでキャッチ。その後北浦へ移動して八幡ワンド最奥の竹杭壁にて、OSP ドライブシュリンプ4インチのジカリグで最大魚となる1400gをキャッチ!その後、パートナーがネコリグでキロフィッシュの入れ換えに成功して2位と20gの僅差で優勝となりました。おめでとうございます!詳細はご本人のブログでもレポートされてます。
 
 
表彰式後は恒例の抽選会。今回も沢山のご協賛をいただきました。
 
248445241_624.v1497013436.jpg248445244_624.v1497013460.jpg 
 
《御協賛頂いた皆様》
Bait Breath様・SUNLINE様・LuckyCraft様・NORIES様・Teckel様・mibro様・K・O Garage様・エレキの修理屋さん様・日本サプライ様・イスズフーズ様(小野田さん)・味のめんたい福太郎様(五味さん)・片岡プロ・中澤さん・君嶋さん・内野さん・藤村さん・秋葉さん
 
第2戦は6月25日(日)となります。沢山のエントリーお待ちしております!
 
248445251_624.v1497013460.jpg
 先日、スキーターSX176を納艇致しました。
 
IMG_5599[1].jpg
IMG_5605[1].jpg
初めてのバスボートということで喜びのサムアップ!
 
IMG_5624[1].jpg
IMG_5615[1].jpg
湖上レクチャーは真剣モード。檜原湖遠征も予定されていたのでランチングもレクチャーさせて頂きました。
 
IMG_5625[2].jpg
このほどは当店でご購入いただきましてありがとうございました。今後のバスボートライフ・トレイルライフをサポートさせて頂きますね。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
   ハーツマリントーナメント2017第1戦の模様(写真)をフォトギャラリーにUPしました。
 
IMG_5433[1].jpg
こちらをご覧下さい。
 
 
 
 
 
 
エンジン始動時に魚探の電源が落ちてしまうとの事。対策としてはバッテリーを瞬発力のあるオプティマなどに変えるのが一番ですが、それでも解消されない場合があります。今回もその一例。
 
P6082850[1].jpg
以前のボートでは元々のアクセサリーハーネスが細く、最近の大画面魚探には容量が足りないケースも。左が元々のハーネスで魚探はもちろんビルジなどのモーターもここから取っています。しかも沢山のコネクターやターミナルを経由しているし、腐食などで電圧が落ちるのは仕方がない事。右が新たに魚探専用に引き直したハーネス。
 
P6082852[1].jpg
なるべくターミナルを作りたくないのですが、運転席側の魚探電源用にコンソール下に一つ。さらに前に配線を持って行き。
 
P6082856[1].jpg
右側が最終ターミナル。左の既存のターミナルに比べると太さの違いが判るのでは?
 
P6082858[1].jpg
エレキ側の魚探で電圧を見たところ。既存の電源では11.8V。
 
P6082863[1].jpg
新たに引き直した電源では12.4Vでした。これで解消できたのでは?魚探の電源でお困りの場合は一度お気軽にご相談ください。
 
 
 

 HEARTS MARINE公式Facebookページ

 
 
 
 
 
   昨日、当店の公式Facebookページでお知らせしました通り、レンジャー519DVSが入庫しました。
 
IMG_5597[2].jpg
経年による日焼けなどがありますが、大きなキズはなくシートも張り替えてありますのでまずまずのコンディションを維持しています。
 
詳細をUPするまで少しお時間を頂きますが、気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
 
 レンジャー518SVXをご成約頂きました。
 
IMG_4292[1].jpg
バスボートへのステップアップを考えていたお客様。大幅なプライスダウンに即決頂きました。
 
少しお時間をいただきますが、8月のトーナメントに間に合うように整備させて頂きますね。ご成約、ありがとうございました。
 
 
 

2017年ハーツマリントーナメント、シリーズ第1戦が開催され、参加艇数44艇64名が熱いバトルを繰り広げました。

 

 

IMG_5483[1].jpg
P6042834[1].jpg
 優勝 安達選手 3,750g(3本リミット) 
 
P6042813[1].jpg
   準優勝 笠井選手 3,730g(3本リミット)
 
P6042820[1].jpg
 第3位 布施選手 3,460g(3本リミット)
 
 

トーナメントの詳細は追ってUPさせて頂きます。参加して頂いた皆様、賞品を提供して頂いた皆様、お手伝い頂いた皆様ありがとうございました。

 

《御協賛頂いた皆様》Bait Breath様・SUNLINE様・LuckyCraft様・NORIES様・Teckel様・mibro様・K・O Garage様・エレキの修理屋さん様・日本サプライ様・イスズフーズ様・味のめんたい福太郎様(五味さん)・片岡プロ・中澤さん・君嶋さん・内野さん・藤村さん・秋葉さん

 

 

 

 HEARTS MARINE公式Facebookページ

もご覧下さいませ!

 

 

 

 

  大変お待たせいたしました。チャンピオン188CXの詳細をUPしました。
 
IMG_5278[1].jpg
 
昨年、ヤマハSHO225に載せ替えたばかり。トレーラー車検の取得歴もありますので駐艇派にもトレイル派にもお勧めの一艇です。
 
事前にご連絡頂ければいつでもご試乗頂けます。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
先日入荷した新艇レンジャーZ519のリギングを始めました。
 
P6012749[1].jpg
P6012747[1].jpg
P6012746[1].jpg
魚探などの付属品がまだ揃っていませんが、出来る所からコツコツと。
 
P6012743[1].jpg
多くの装備をご依頼頂いたので作業に少しお時間を頂きますが、オーナー様もう暫くお待ちください。
 
 
 

 HEARTS MARINE公式Facebookページ

 
 
 
 
 
 
 今月末に発売されたBasser7月号をご覧の方はご存じだと思いますが、Basser Allstar Classic 2017 (バサーオールスタークラシック2017)が9月30日・10月1日の2日間で開催されることになりました。
 
 
P5310861[1].jpg
 当店は昨年同様、ブース出展を予定していますので両日に予定しておりましたハーツマリントーナメントのクラシックを10月28・29日に変更いたします。
 
 
 ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
委託でお預かりしているレンジャー518SVXのオーナーさんのご協力で大幅値引きいたしまた!
 
IMG_4292[1].jpg
ワイドデッキの先駆けであるレンジャー518SVX。17年経った今も現行モデルと変わらない釣りのしやすさです。
 
 
気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
 
  昨日、当店の公式Facebookページでお知らせしました通り、チャンピオン188CXが入庫しました。
 
IMG_5386[1].jpg
 中古市場にはなかなか出回らないチャンピオン188CXに昨年、ヤマハSHO225を搭載。HDS-7 Gen2 Touch+Elite-7HDIにPoint-1が装備されていてトレーラー車検取得歴もある一艇です。
 
詳細をUPするまで少しお時間を頂きますが、気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
 
今春のバスマスタークラシックで発表されたバスキャットNEWモデルのLYNX(リンクス)
 
orig_46ff6411c772badb2b1cac108d6b820f2aaf5008.jpg
どんなボートなのか!?気になるところですが、琵琶湖にあるバスキャットディーラー『Be Freek』の店長さんがバスキャット社に訪問。リック社長がLYNX(リンクス)について語った模様を動画撮影、YouTubeにUPされました。
 
 
 
 写真では判らないLYNX(リンクス)の特徴についていろいろと語っています。予定では7月から生産が始まるとのこと。気になる方はお気軽にお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールからご連絡ください。
 
 
 
 
 
もご覧下さいませ!
 
 
 
 
 前回、機種の違いについてお伝えしたガーミンのGPS魚探。
 
 
今回はガーミンってどうなんですか!?と言わせる要因のひとつになっている振動子についてです。
 
Download-the-latest-garmin-marine-software-update-today[1].jpg
ガーミンのカタログには30種類もの振動子が掲載されています。
 
 
振動子の機能でカテゴリー分けされているのでバスフィッシング向きなのか、海釣り向きなのか、一見すると理解しづらいところがあります。更に振動子のコネクターが4pin・8pin・12pinとあって余計に判りづらくしています。ここではバスフィッシングに最適な浅場用振動子をご紹介します。
 
◆オールインワン振動子はGT52HW-TM
 
ハミンバードの振動子やローランスのトータルスキャン振動子と同じ、サイドビュー&クリア(ダウン)ビュー&2D画像が見れるオールインワン振動子としてお勧めなのがGT52HW-TM(12pin)になります。
 
P5200810[1].jpg
長さは15.5cmでエレキのモーター内に収まる大きさで振動子ポールにも装着しやすく、レンタルボートユーザーにも扱いやすい振動子です。(5月のロットからブラケットが樹脂製になりました)
 
サイド&クリア(ダウン)ビュー回路が内蔵されているGPSMAP7400xsvシリーズGPSMAP1222・1022xsvシリーズechoMAPsvシリーズは本体側の振動子コネクターが12pinなのでGT52HW-TMが直接、接続できます。
 
本体側の振動子コネクターが4pin×2のSTRIKER7svには12pin振動子→4pin×2変換ケーブルを介して使用することになります。
 
◆走行中の水深測位はインハル振動子がお勧め
 
オールインワン振動子ではバスボートで走行中に水深が表示されないのでは!?とご心配な方にはサイド&クリア(ダウン)ビュー振動子とインハルタイプの2D振動子というふたつの振動子を設置します。お勧めはGT30-TM(12pin)P72(8pin)との組み合わせか2D振動子もチャープとなるGT30-TM(12pin)GT8HM-IH(8pin)との組み合わせです。
 
本体側に12pinと8pinのふたつの振動子コネクターがあるGPSMAP7400xsvシリーズはふたつの振動子を直接、接続できます。本体側に12pinの振動子コネクターしかないGPSMAP1222・1022xsvシリーズechoMAPsvシリーズ12pin振動子+8pin振動子→12pin本体変換ケーブル(Yケーブル) を介して接続します。
 
y-cable_2.jpg
◆クリア(ダウン)ビュー・2DだけでいいならGT20-TMかGT22HW-TM
 
バスボートのバウ側ではクリア(ダウン)ビュー・2D画像で十分って方も少なからずいらっしゃいます。チャープのクリア(ダウン)ビューと通常2D画像ならGT20-TM(8pin)という振動子がお勧めです。
 
gt20.jpg
 
GT20-TMは8pinですから本体側に12pinと8pinのふたつの振動子コネクターがあるGPSMAP7400xsvシリーズは直接、接続できます。また、GPSMAP922xs・722xsシリーズも本体側が8pin振動子コネクターなので直接、接続できます。
 
本体側に12pinの振動子コネクターしかないGPSMAP1222・1022xsvシリーズechoMAPsvシリーズの場合は8pin振動子→12pin本体変換ケーブルを介して接続することになります。
 
2D画像もチャープがいいならGT22HW-TM(8pin)がお勧めです。
 
Garmin_GT22HW_TM_Plastic_CHIRP_Transducer__40504.1456940467.1280.1280.png
◆未来!?が見える3Dライブソナー
 
他のGPS魚探メーカーにはない振動子が前方を探査できるPanoptix(パノプティクス)という3Dライブソナーです。バスフィッシングにお勧めなのはトローリングモーターに取り付けることができるPS21PS31です。
 
panoptix.jpg
PS21はライブビューフォワードとフロントビューフォワードが見れる振動子でPS31はライブビューフォワードとフロントビューフォワードに加えてリアルビュー3Dが見ることができます。
 
B-LiveVu-Forward-Large-1.jpg
ライブビューフォワード
 
F.jpg
フロントビューフォワード
 
C-RealVu-3D-Forward-Large-2.jpg
リアルビュー3D
 
 
通常の魚探画像はボートが動くことで過去の画像を表示しますが、3Dライブソナーはボートが動いていなくても前方が探査できてボート前方のベイトの群れやルアーへの反応、障害物やブレイクまでの距離などが確認できます。GPSMAP7400xsvシリーズGPSMAP1222・1022xsvシリーズGPSMAP922xs・722xsシリーズechoMAPsvシリーズで使用することができます。
 
当店では会員さんはもちろん、湖上から当店ドックまでの自走や牽引しての愛艇の持ち込み、レンタルボート・アルミボートユーザーの方などすべてのお客様に対応致します。各メーカーのデモ機も見て触って頂けます。気になる方がいらっしゃいましたらお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールにてご相談ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
本日、道の駅水の郷さわらで開催された小型バスボート合同試乗会におじゃましてきました。
 
IMG_5238[1].jpg
試乗に用意されたのはダイナミクスさんのSOUTHER-450 / 60HPとSOUTHER-425 / 40HPとキサカさんのSTACER ST-440SF / 60HP/WIZARD WV-375D / 20HPです。
 
IMG_5188[1].jpg
先ずはSOUTHER-425 から。名艇SOUTHER395をベースに更なるパフォーマンスUPを求めたティラ―ハンドル専用艇。
 
IMG_5193[1].jpg
ティラーハンドルでは驚くほどのスピードに、しかしながら常に安定した走りに感動!!
 
IMG_5222[1].jpg
続いてはSOUTHERのフラッグシップSOUTHER-450。コンソールは戦闘機を想わせるデザインで、またデカールもその気にさせますね。
 
IMG_5230[1].jpg
プレー二ングから滑走状態に気持ち良く加速。試乗した時は無風のベタ凪でしたが、プレジャーボートの引き波もスムースにいなしていました。
 
IMG_5236[1].jpg
 
IMG_5248[1].jpg
こちらのSTACER ST-440SFには試乗できませんでしたが、ビックアルミ特有のデッキの広さは特筆ですね。
 
P5200815[1].jpg
また、今回の試乗艇には新しいコンソールがセットされていました。最近のバスボートで多く見られる魚探がビルトインできるものに。また並べたロッドのティップを逃げる様にアイランドコンソールが採用されていましたね。
 
トレイル派に絶大の支持を得る両ブランド。今後も大注目です。
 
ダイナミクス様、キサカ様、今回は貴重なお時間を頂きありがとうございました。
 
 
 

  HEARTS MARINE公式Facebookページ

 
 
 
 
 
 
 
先日ご依頼頂いていたトレーラーの予備検査を受けに陸運支局に行ってきました。
 
 
 
IMG_9362.JPG
 
 通関証明書が無かった為、組立車届出書を作成し審査後、陸運支局で予備検査を受けました。無事予備検査が取れましたので3カ月以内に新規登録をお願いします。
 
 
IMG_9357.JPG
 
こちらは 当店でご購入頂いたSKEETER SX176ボートトレーラーです。ナンバー付きでトレイルされるとの事で法定12カ月点検をご依頼頂きました。提携整備工場で点検整備を実施致しました。
 
オーナーさんトレイルの準備は整いました。安全運転でお願いします。
 
 
当店では、トレーラーについての様々なご要望承りますので、お気軽にご相談下さい。
 
 
 
 
 
 
 先月末、届いた当店デモ機のハミンバードHELIX 10 CHIRP MEGA SI GPS G2N
 
IMG_4873[1].jpg
遅ればせながらレンジャーZ119Cに装着してMEGAを体感してきました。
 
18471019_1052008871566172_121555536_n.jpg
 
IMG_5177[1].jpg
ひと回り大きくなったMEGA振動子
 
常陸利根川では有名な沈船を従来の455kHzでチェックするとこんな感じ。
 
S00015.PNG
同じ沈船を1.2MHzのMEGA IMAGINGでチェックすると・・・
 
S00006.PNG
沈船の骨組みまではっきりと判るシャープな画像に!まさにMEGAですね。
 
とある護岸をチェックすると・・・
 
S00012.PNG
水深50cm前後の崩れも鮮明に!シャローの描写力は他メーカーを大きく上回ります。
 
S00013.PNG
水門も奥の奥まで丸見えです!
 
 MEGA IMAGINGを実現する1.2MHzはディープの描写力が劣りますが、シャローからミドルレンジが有力なポイントとなる霞水系では大きな武器になると思います。
 
※ MEGA IMAGINGがディープの描写力が劣る理由は正規代理店である岡田商事さんがブログで詳しく説明されているのでご参照ください
 
 
当店ではGPS魚探について会員さんはもちろん、湖上から当店ドックまでの自走や牽引しての愛艇の持ち込み、レンタルボート・アルミボートユーザーの方などすべてのお客様に対応致します。気になる方がいらっしゃいましたらお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールにてご相談ください。
 
 
 
 
 
もご覧下さいませ!
 
 
 
 
先日行われたバスボート走行会の模様をお知らせいたします。
 
IMG_4941[1]170510.jpg
 先ずは榎本さん(バレット20/プロマックス225)相変わらずヤンチャな走り。
 
IMG_4926[1]170510.jpg

IMG_5138[1]170510.jpg

佐久間さん(アリソン2003/レーシング260)は開始早々エンジントラブル。しかしながら私、春木(アリソン2003/プロマックスX225)のボートで参戦しました。
 
IMG_4976[1]170510.jpg
嶋村さん(バレット20/レーシング280)はセッティングが決まって他を圧倒する速さ。
 
IMG_5093[1]170510.jpg

IMG_5013[1]170510.jpg

保坂さん(バスキャットエイラ/SHO275)はバケットシートをセットして気合の走り。パワーポールフォールディングブラケットを装着して初の走行会だったので、その操作性の違いなど確認していましたね。
 
IMG_5027[1].jpg
 ご意見番の勝川さんは久々のバスボートにご満悦の様子。
 
IMG_5165[1]170510.jpg
他にも最高速チャレンジなど大いにバスボート走行会を楽しみました。 
 
今回の走行会の写真をこちらにUPしましたので、是非ご覧ください。
 
 
 
 

   HEARTS MARINE公式Facebookページ

 
 
 
 
 
 この春から取り扱いを始めたガーミンのGPS魚探
 
garmin.jpg
最近、お客様から『ガーミンってどうなんですか!?』という聞かれ方をされます。これは話題のGPS魚探とは言え、周りで使っている人が少なくて実機を見たこともなければ触ったこともない人が多いからだと思います。また、カタログを見ると本体機種や振動子の種類が多くて何を選べばよいのかよく判らないのも理由のひとつではないかと思います。
 
今回はガーミン魚探をご存知の方が多いローランス魚探と対比しながら説明したいと思います。
 
ローランス魚探で最も売れているのがElite-Tiシリーズです。 
Elite-12-Ti_Front_lg.pngElite-Tiシリーズはオールインワン振動子でサイドスキャン・ダウンスキャン・2Dすべての画像が見れて外部アンテナやヘディングセンサーに対応、2台をNMEA2000ネットワークすることでポイントの同時入力が可能なタッチモデルです。
 
Elite-Tiシリーズに似ているガーミン魚探はechoMAPシリーズになります。
cf-lg (1).jpg
echoMAPシリーズはオールインワン振動子でサイドビュー・クリアビュー・2Dすべての画像が見れて外部アンテナやヘディングセンサーに対応、2台をNMEA0183ネットワークすることでポイントの同時入力が可能なキーパッドモデルです。また、Elite-Tiシリーズにはない自動等深線作図機能クイックドローコンターズを有しています。
 
ローランスの上位機種となるのがHDSシリーズ
 
HDS-12-Carbon-Left_lg.jpg
HDSシリーズはオールインワン振動子でサイドスキャン・ダウンスキャン・2Dすべての画像が見れて外部アンテナやヘディングセンサーに対応、2台をイーサネット&NMEA2000ネットワークすることでポイントの同時入力はもちろん、ポイント共有やネットワーク上にある振動子すべての画像を共有可能なマルチタッチモデルです。
 
HDSシリーズに似ているガーミン魚探はGPSMAP7400シリーズになります。
 
20150525124019_garmin_gpsmap_7410_choris_aisthitirio.jpeg
GPSMAP7400シリーズはオールインワン振動子でサイドビュー・クリアビュー・2Dすべての画像が見れて外部アンテナやヘディングセンサーに対応、2台をイーサネットによるガーミンネットワークすることでポイントの同時入力はもちろん、ポイント共有やネットワーク上にある振動子すべての画像を共有可能なマルチタッチモデルです。もちろん、HDSシリーズにはない自動等深線作図機能クイックドローコンターズを有しています。また、GPSMAP1222&1022はキーパッドモデルではありますが、GPSMAP7400シリーズと同様の機能を有しています。
 
以前、発売されていたHDSのGen1&Gen2(キーパッドモデル)シリーズ。
 
DSC03674[1].jpg
 
HDSのGen1・Gen2(キーパッドモデル)シリーズは別売りのストラクチャースキャンユニットを介してサイドスキャン・ダウンスキャン画像を見るモデルでした。
61ikQ2JlruL._SX522_.jpg
外部アンテナやヘディングセンサーに対応、2台をイーサネット&NMEA2000ネットワークすることでポイントの同時入力はもちろん、ポイント共有やネットワーク上にある振動子すべての画像を共有可能でした。
 
HDSのGen1・Gen2シリーズに似ているのがGPSMAP922&722やAQUAMAPシリーズになります。
AQUAMAP100xs_prod_02rf-lg_1.jpg
GPSMAP922&722やAQUAMAPシリーズは2Dやとクリアビューを見ることはできますが、サイドビューは別売りのユニットGCV10を介して見ることができるモデルです。
Garmin-010-01156-00.jpg
外部アンテナやヘディングセンサーに対応、2台をイーサネットによるガーミンネットワークすることでポイントの同時入力はもちろん、ポイント共有やネットワーク上にある振動子すべての画像を共有可能です。もちろん、自動等深線作図機能クイックドローコンターズを有しています。
 
対比したことで判りやすくなったのかどうか!?ちょっと不安ですが、少しはイメージしやすくなったのではないでしょうか。
 
当店では会員さんはもちろん、湖上から当店ドックまでの自走や牽引しての愛艇の持ち込み、レンタルボート・アルミボートユーザーの方などすべてのお客様に対応致します。気になる方がいらっしゃいましたらお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールにてご相談ください。
 
 
 
 
 
 このほど当店ではパワーポールの日本正規代理店であるFUSIONさんのご協力によりパワーポールの東日本代理店を務めることになりました。
 
bld8.jpg
霞水系では定番アイテムとなったパワーポール。2017年モデルからポンプやホースが新型になり、より信頼性が高まりました。
 
cmonster_power (1).jpg
heavy_hose.jpg
小売りはもちろん、関東以北の販売店様に対して業販も承ります。
 
bld2.jpg
当店で扱うパワーポールの仕様は以下の通りです。
 
※サイドマウントアダプタープレートとリモコン2個が付属します
  (トランサムに挟み込むプレートをご希望の場合は別途、費用が掛かります)
※Bladeは本体が3年保証、ポンプ・リモコンが2年保証です
※PRO2は本体・ポンプ・リモコンが2年保証です
※SPORTSMAN2は本体・ポンプ・リモコンが1年保証です
 
パワーポールの販売・業販についてはお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールにてご相談ください。
 

 

先日、ご依頼頂いていたトレーラー車検を受けに連日、陸運支局に行ってきました。
 
 
bIMG_9223.jpg
こちらはレンジャーボートトレーラー、1年継続検査です。 
 
bIMG_9187.jpg
 こちらはバスキャットボートトレーラー、当店で輸入して通関証明書がありましたので並行輸入車届出書を作成して審査後に登録しました。