当ブログの「ガーミンGPS魚探2021年NEWモデル情報!」でお知らせしましたとおり、202年1月にガーミンより新しいへディングセンサー付き外部アンテナ「GPS24xd」が発売されます。
 
IMG_9328.jpg
 
このアンテナは日本の準天頂衛星システム「みちびき」(以下QZSS)L1とL5を受信可能で、測位精度の向上が期待される注目の新製品です。
 
今回、発売前のGPS24xdアンテナ(NMEA2000モデル)をテストできる機会を得たので、その実力を比較検証してみました!
 
検証方法は、ローランス対応のQZSS受信対応アンテナIKKI-QZの検証と同じ条件としました。
  
比較するアンテナの仕様・スペックは以下の通りです。
・魚探内蔵アンテナ(魚探はGPSMAP922xs):10Hz受送信、SBAS(MTSAT)補正対応
QZH-9AX:10Hz受送信、SBAS(MTSAT)補正対応、9軸ヘディングセンサー内蔵
GPS24xd:10Hz受送信、SBAS(MTSAT)補正対応、QZSS受信対応(L1・L5)、ヘディングセンサー内蔵、コンパス内蔵
台車1.jpg
 
 
検証その1.定点での位置情報の安定度
 
アンテナが違うガーミン魚探を並べ、1時間静置状態での位置情報の安定度を航跡の振れで確認してみました。
 
内蔵アンテナ 
停止してるにも関わらず航跡が大きくブレており、5m以上の位置情報のズレが発生してます。
内蔵静置.png
 
 
QZH-9AX
内蔵アンテナに比べ航跡のブレが小さいですが、3m弱程のズレが発生してます
QZH静止.jpg
 
GPS 24xd
他のアンテナに比べ、位置情報にブレが無いことがわかります。驚きの精度なのが判ります。
24xd静止.jpg
 
 
検証その2.移動時の測位性能
ガーミン魚探を3台積んだデモ艇(台車)を、まっすぐに引かれた20mのラインに沿ってゆっくり移動させ、航跡の状態を確認しました。
gpsxd24テスト.jpg
 
内蔵アンテナ
予想以上に真っすぐな航跡ですが、スピードが変わるスタート時とストップ時に位置情報が振れて航跡が動いてしまってます。
内蔵アンテナ移動.jpg
 
QZH-9AX
内蔵アンテナに比べ航跡のブレが小さく真っすぐ航跡が書き込まれてます。
QZH移動.jpg
 
GPS 24xd
QZH-9AX同様、位置情報にブレが無いことがわかります。
24xd移動.jpg
 
 
検証その3.ウェイポイントへ再進入する時の測位精度
緑のコーンの横でそれぞれの魚探に位置情報をマーキング。次に魚探を乗せた台車を20mほど移動させて、2回のUターンを経て再びコーンの横に戻って自船マークとウェイポイントのズレがあるかどうか確認しました。 
 
内蔵アンテナ
同じ位置に戻って来たにも関わらず、3m程のズレとなってしまいました。ヘディングセンサーが無いので船首方向わからず、地図表示の方向が逆さになってしまいました。ヘディングセンサーの重要性もわかりますね。
内蔵アンテナポイント戻り.jpg 
QZH-9AX
ウェイポイントとの誤差は2m程と内蔵アンテナに比べ、近い位置へ戻ってます。ヘディングセンサーが効いてますので、ターンしても地図表示はすぐに実際の向きに戻ってます。
QZH9AXポイント戻り.jpg
 
GPS 24xd
ほぼウェイポイントの真上に戻りました。移動した後の測位精度も優れてるのが判ります。ヘディングセンサーも効いて地図表示の方向も完璧です!
24xdポイント戻り.jpg
 
 
以上の検証結果から、GPS24xdはQZSS(L1・L5)受信とヘディング情報の送信で、ガーミン魚探のGPS測位性能と地図表示の安定性を大幅に向上させることが可能なことが判りました。準天頂衛星「みちびき」は自船の真上から衛星を受信しやすくなるので、切り立った崖沿いやリザーバーの谷間でも高精度な測位ができると思われます。
 
今回のテストは陸上実施しましたが、水の上では波によって揺れる事が想定されます。内水面では波が小さく影響は少ないですが、海では揺れも大きくなる事も想定されるので9軸ヘディングセンサー内蔵のQZH-9AXが有利になると思います。使用する環境でGPS24xdQZH-9AXを使い分けするのがお勧めです。
 
GPS24xdのもう一つの特徴として、接続形式がNMEA2000とNMEA0183の2種類のラインナップがあります。ネットワークの接続環境に応じて、最適なモデルを選べるのも嬉しいですね。
NMEA2000は世界的な統一マリン規格で、他社の魚探にもNMEA2000入力端子を備えてるモデルが多くございます。他社の魚探にでも接続可能であれば、ネットワーク構築の簡素化が可能になるかもしれません。
 
 
測位精度が飛躍的に向上した外部アンテナ ガーミン GPS24xdは1月中の発売を予定しております。ただいま当店の通販サイト「ハーツセレクト」でご予約承っております。
 
ガーミン GPS24xdの導入にあたりご質問等ございましたら、ハーツファインダー高橋(TEL:090-3470-1858)までお気軽にご連絡くださいませ。
 
 
 
 

HEARTS MARINE 公式LINEアカウント

HEARTS MARINE公式Facebookページ

HEARTS MARINE公式Twitter

HEARTS MARINE公式Instagram

もご覧下さいませ! 
 
 
 

 

HEARTS MRINE TOURNAMENT 2020
CLASSIC
Date 2020 Nov 14,15
 
 NameDay1fishDay2fishTotal
優勝早野 剛史3970g52350g46320g
2竹内 俊美1630g1750g12380g
3掛水 崚1800g20g01800g
4北橋 訓功390g11110g11500g
5柳岡 昭寿0g01430g21430g
6笠井 克紀1130g20g01130g
7
宮嶋 駿介
1100g10g01100g
8山本 史郎1040g10g01040g
9保坂 英記0g0970g1970g
10榎本 篤史590g10g0590g
11宮本 明110g10g0110g
12赤坂 仁0g00g00g
12藤村 智広0g00g00g
12松田 守彦0g00g00g
12内山 裕0g00g00g
12鈴木 大三0g00g00g
12中村 浩之0g00g00g
12中澤 一美0g00g00g
 
年間ランキング上位者のみで争う2020年のクラッシックが11月14日・15日に開催されました。短日5本リミットの2日間の総重量で争うトーナメントということで、レギュラー戦と違う戦略が求められます。
 
それでは当日の模様です。
冷え込みにより深い霧に包まれた朝でしたが、スタート時には霧も取れ、クラッシック名物の一斉フライトでのスタートとなりました。
IMG_1772[1].jpgIMG_02start.jpg
 
両日共に天候に恵まれましたが、フィールドコンディションは非常に厳しく、まれにみるローウエイトの試合となりました。二日間共に、全選手無事に帰着となりました。
PB141374[1].jpgPB141376[1].jpginomoto[1].jpgPB151382[1].jpg 
 
上位入賞者です。
第5位 柳岡選手
PB151384[1].jpg
初日はノーフィッシュだったものの、二日目はエリアを大きく変えて西浦の新川までロングランを決行。河口周辺にてシャッドで2匹キャッチしたそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第4位 北橋選手
PB151379[1].jpg
初日は常陸利根川中流域のアシにてリダーレスダウンショットでキャッチ、二日目は北利根川のハードボトムのエリアにてシャッドでキロフィッシュをキャッチしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3位 掛水プロ
PB141370[1].jpg
初日北浦の水原の石積み周りと常陸利根川にて2本キャッチ、二日目はノーフィッシュながら入賞となりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第2位 竹内プロ
PB141373[1].jpg
初日は西浦から東浦のをランガンし、東浦の粗朶にて今大会のBig Fish賞となった1630gを持ち込みました。二日目は東浦を打ち続けるもののバイトが無く、帰着間際に常陸利根川の巾着周りにて、ダブルコロラドのスピナーベイトでキャッチとなりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、激タフの2020クラッシックを制したのは・・
優勝 早野プロ
PB141367[1].jpg
 
初日は広くエリアを見るべく、利根川からカスミ本湖まで広くランガンするも11時までノーフィッシュだったものの、最後に入った北利根川のアシにて6バイト5フィッシュで唯一のリミットメイク。二日目も北利根のアシ打ちにて4本をキャッチして、トータルウエイト6320gで優勝となりました。
ハイプレッシャーのアシエリアにてキャッチしたルアーはスモラバ。通常のアシでは軽めのスモラバにフロロカーボンライン、濃いブッシュ系には重めのスモラバにPEライン+リーダーを組み合わせ、中層シェイクでバイトに持ち込んだそうです。
 
表彰式の後は恒例の抽選会。今回も沢山のご協賛をいただきました。
IMG_1836[1].jpgIMG_1871[1].jpg
《ご協賛頂きました皆様》 
KEITEC様・Bait Breath様・SDG Marine様・SUNLINE様・LuckyCraft様・Teckel様・mibro様・フジムラ製作所様・日本サプライ様・釣り吉ホルモン様・早野プロ・中澤さん 
 
2020年シリーズも皆様のご協力で無事に終える事ができました。今回も沢山のご協賛を頂きました。選手の皆さん、お手伝い頂きました皆さん、ありがとうございました。 
 
IMG_1875[1].jpg
 2021年も、皆さんのご参加お待ちしております!
 
 

HEARTS MARINE公式Facebookページ

HEARTS MARINE公式Twitter

HEARTS MARINE公式Instagram

もご覧下さいませ! 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

聞けば東京湾でボートシーバスが熱いそうです。コノシロパターン炸裂!とかビッグベイト炸裂!とか景気の良い話が伝わってきます。
 
実は霞水系もシーバスが熱いのです。 
 

127159285_2089085217894129_8100661107408845719_n.jpg

シーバスは8月ぐらいから利根川を遡上してきます。台風や大雨が降って増水すると逆水門が開くので常陸利根川を遡上、北利根川や北浦でも釣れるようになります。バス釣りをしていると外道として扱われますが、シーバスを本気で狙うとパターンフィッシングが成立したりします。 
 

125996385_4052897291405440_9020160179822105649_o.jpg

今秋は例年以上に釣れていて入れ食い!を味わった駐艇会員さんが多いです。
 
秋はハゼも楽しめます。ハゼも8月頃から利根川を遡上してきます。常陸利根川の逆水門を通過して利根川の下流に行くと数も型も期待できます。
 
IMG_6369[1].jpg
IMG_6396[1].jpg
シーバスもハゼもまだまだ楽しめます。今秋はバスの釣果が芳しくありませんが、たまには愛艇で気分転換をしてみてはいかがでしょうか。当店のレンタルボート『ハーツレンタル』でも楽しめますので是非(^_-)-☆
 
 
 
 
 
 
マーキュリーの新型4ストローク船外機。販売開始からしばらく経ちましたが、供給がスムーズになったのタイミングでキサカさんよりサービス講習会の案内があったので参加してきました。
 
PB124401-1.JPG
 座学では、ラインナップから構成部品・リギングの注意点などあらためて確認しました。
 
PB124405-1.JPG
PB124406-1.JPG
また、実機を使ってデジタルテスターG3の接続・点検方法を勉強。講習会の後にはキサカさん取り扱いのファルコンF215とファルコンF195に試乗してきました。
 
PB124439-1.JPG
 
PB124411-1.JPG
PB124430-1.JPG
先ずはV8ProXS300搭載のファルコンF215から試乗。こちらのボートはバスボートNo.1のビーム幅を誇るワイドなデッキが目を引きます。走りの方はワイドボディーでありながら素早いプレーニング。また、トップスピードまでスムーズな加速は300馬力搭載しているからでもありますが、ハルがうまく水の抵抗を抜いている感じがしますね。重量があり、波を押しつぶして行く走りは重厚でもありソフトなのでロングランでも疲れることはないのでは!?
 
PB124434-1.JPG
PB124446-1.JPG
続いてV6の200馬力搭載のファルコンF195。ファルコンF215が重厚と表現するのであれば、こちらはまさに軽快!!必要十分なトルクと軽いフケ上がりに操船している楽しみが味わえるセッティングでしたね。
 
そして翌日、当店にファルコンボートがやってきた!当店のお客様が興味があるということでキサカさんのご厚意でファルコンF195をお預かりしました!
 
IMG_2107_R.jpg
IMG_2133_R.jpg
IMG_2229_R.jpg
IMG_2177_R.jpg
IMG_2231_R.jpg
ファルコンF195については後日、改めて詳細をお伝えしますが、12月中旬頃まで当店でお預かりする予定です。お預かりしている間、見学はもちろん、ご試乗頂けます。ファルコンF195が気になる方はお気軽に0299-77-9212か当店の公式ラインお問い合わせメールからご連絡くださいませ。  
 
 
 
 
 

毎冬恒例の冬期メンテナンスパック&まとめてご依頼SALE!のご案内です。
 
◆冬期メンテナンス◆
 
12028772.jpg
シーズンオフに愛艇をしっかり点検・整備して2021年シーズンを迎えましょう!例年、シーズン直前にご依頼頂くことが多く、バタバタしてしまうので申込み時期によって価格を変更することに致しました。お早めにお申し込みください。会員様はもちろん、愛艇を持ち込み可能なビジター様も大歓迎です。
 
尚、メンテナンスの順番は希望納期をお聞きした上で原則として申し込み順に対応させて頂きます。申し込みが多数の場合は希望納期にお応えできない場合がございますので予めご了承ください。シーズンインが早いJB・NBCに参戦を予定している方は最優先でメンテさせて頂いますので2020年12月13日までにお申込みください。ご協力の程、よろしくお願い致します。
 
 
2021年1月31日までにお申込み頂いた場合≫ 
基本料金
90HP以上のバスボート 18,000円(税別)
90HP未満のバスボート

16,000円(税別)

 
2021年2月1日以降にお申込み頂いた場合
基本料金
90HP以上のバスボート 22,000円(税別)
90HP未満のバスボート 20,000円(税別)
  
≪冬期メンテナンスパックの作業内容≫
点検項目作業内容

プラグ

点検・清掃・交換(交換時は別途部品代が発生します)
アイドリング回転数点検・調整
冷却水水圧確認
シリンダーヘッド合わせ部の水漏れ点検・増し締め
グリスUPセルモーター・リンク類・トリム部へのグリスUP
燃料系フィルター清掃・フューエルラインのひび割れ/漏れ点検
プライマリーポンプ点検・交換(交換時は別途部品代が発生します)
オイル系オイルラインのひび割れ・クランプ漏れ点検
ケーブル類連結部点検・増し締め
ベルト類亀裂・磨耗点検
ギアオイルオイル交換・水分混入/鉄粉有無の点検
ボルト類

エンジンマウント・その他各所の増し締め

プロペラ欠け・ラインの巻き込み・シールの状態点検
ステアリング各部増し締め・パワステオイル点検・エアー抜き
エンジンカウルガタ点検・トップカウルのバフ掛け清掃
ポンプ類ビルジ/ライブウエルポンプの作動確認
バッテリーターミナル腐食清掃・交換
エレキマウントガタ点検・増し締め
トレーラーバウ/ウインチ/ジャッキへのグリスUP・タイヤエアー調整
その他不具合箇所点検
 
上記メンテナンスを実施中に不具合箇所が見つかった場合は別途、お見積もり後に修理を実施させて頂きます。
 
冬期メンテナンスのお申し込み・お問い合わせは090-1422-6511(春木)までお気軽にご連絡ください。その際、愛艇の気になるところがありましたら併せてお伝えください。冬期メンテナンスパックの受付期限は2021年3月31日までとなります。 
 
◆まとめてご依頼SALE!◆
 
今年もまとめてご依頼SALE!(2021年1月31日まで)を実施します。
 
≪その1≫
期間中に総額30万円(税別)以上のオプションをご購入・取付して頂ける方は冬期メンテナンスパックが無料!
 
≪その2≫ 
期間中に総額15万円(税別)以上30万円(税別)未満のオプションをご購入・取り付け、ガラスコーティングやシート全面張り替えをご依頼頂ければ冬期メンテナンスパックが30%OFF! 
 
まとめてご依頼SALEのお問い合わせは0299-77-9212までお気軽にご連絡ください。受付期限は2021年1月31日までです。
 
※魚探・パワーポール・エレキなどのパーツもオリコローンが使用できます。お気軽にご相談ください。 

オリコローン詳細:http://www.heartsmarine.com/202009/post-1155.html 

 

 昨日、当店の公式LINEアカウント公式Facebookページ公式Twitterでお知らせしました通り、レンジャーZ519を委託でお預かりしました。
 
公式LINEアカウントで先行して情報発信しております。新艇や中古艇をご検討の方は是非、お友達追加してください
 
IMG_2028_R.jpg
 
先日、トライトンTr-19を納艇致しました。
 
IMG_1600_R.jpg
IMG_1608_R.jpg
IMG_1605_R.jpg
マスクで表情は隠れていますが、念願の愛艇に目が笑ってますね。
 
IMG_1610_R.jpg
IMG_1621_R.jpg
当日は雨が降るかも!?という予報でしたが、納艇を祝福するような穏やかな秋空の下、気持ち良く操船されていました。
 
IMG_1627_R.jpg
操船レクチャー後は新調して頂きた魚探のレクチャーへ。当店にはそれぞれの専任スタッフがいますので初めてのバスボートでも安心してご購入頂ける環境を整えています。
 
このほどは当店でご購入頂きましてありがとうございます。今後も末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 バスキャットのNEWモデルであるプーマ203ハイブリットをオーダー頂きました!
 
orig_3c0ae62e1eb5208cb087c27fd452010674546e42.jpg
 バスキャットプーマFTDのオーナーでもあるお客様。以前はチャンピオン乗りだったこともあり、203ハイブリットを気にされていました。
 
125181315_10159471798909113_6874770513641613034_o.jpg
チャンピオン203と融合したトランサム形状!
 
orig_00119b7a439eacc0a60bd3a2628c7979b1db681d.jpg
デッキはプーマFTDと一緒。まさにハイブリットです!
 
日本に1号艇が入庫したということで一緒にSDGマリン様にお邪魔して現物を見学・試乗。 
 
PA264362_R.jpg
試乗の結果、とても気に入って頂けたようで1号艇と同じ仕様のプーマ203ハイブリットをオーダー頂きました。納艇までかなりのお時間を頂きますが、楽しみにお待ちくださいませ。 
 
2020年ハーツマリントーナメントクラシック2日目が開催されました。
 
PB151386-1.JPG
優勝 早野選手 3,970g+2,350g=6,320g (5fish+4fish)
 
PB151388-3.JPG
準優勝 竹内選手 1,630g+750g=2,380g (1fish+1fish)
 
PB141370-11.JPG
3位 掛水選手 1,800g+0g=1,800g (1fish+0fish)
 
IMG_1784-11.JPG
トーナメントの詳細は追ってUPさせて頂きます。賞品を提供して頂いた皆様、お手伝い頂いた皆様、ありがとうございました。
 
 
 

 

HEARTS MARINE TOURNAMENT 2020
特別戦 MORIZO CUP
Date 2020 Nov 8
 
 NAME人数weightfishBig fish
1竹内 俊美2610g2 
2岡田 政行2200g3 
3川崎 隼人21940g21530g
4宮本 明21820g3 
5根本 光太郎1780g2 
6MORIZO1380g1 
7掛水 崚1270g1 
8保立 拓真1210g1 
9宮嶋 駿介1180g1 
10宮家 満1170g1 
11秋葉 和也1140g1 
12福島 勇介1020g1 
13榎本 篤史990g1 
14宮久保 行雄940g1 
15伊藤 貴志900g1 
16鈴木 大三850g1 
17山本 史郎820g1 
18赤坂 仁700g1 
19今泉 拓哉540g1 
20宮川 斗夢0g0 
20山本 純司0g0 
20笠井 克紀10g0 
20高橋 透0g0 
20藤村 智弘0g0 
20中林 典昭0g0 
20亀田 裕生0g0 
20保坂 英記0g0 
20千原 勝也0g0 
20正木 正実0g0 
20小野田 大輝0g0 
20長尾 仁志0g0 
20中村 浩之0g0 
20中澤 一美0g0 
20石毛 直也20g0 
20村崎 陽一0g0 
20五味 眞廣0g0 
20内山 裕0g0 
20島村 勝也0g0 
20清藤 直哉0g0 
20松田 守彦0g0 
20望月 翼0g0 
20河岸 佑多0g0 
20森 貴敬0g0 
20柳岡 昭寿0g0 
 
毎年恒例となってるプロアングラー清水モリゾープロとのファン交流イベント「MORIZO CUP」が開催されました。79名44チームと多くのエントリーとなりました。
 
では、当日の模様です。
深夜に降った雨も上がり、ローライトのコンディションの朝を迎えました。数日前からの河口堰開放で減水傾向となり厳しいコンディションが予想される中、皆さんスタートとなりました。
IMG_1633[1].jpgIMG_1655[1].jpg
トラブルも無く、皆さん無事に帰着となりました。
PB081321[1].jpgPB081325[1].jpgPB081331[1].jpgPB081343[1].jpg 
 
予想通り、厳しいコンディションでしたが、上位陣は複数の魚をウエインしました。
では、上位入賞者です。
 
5位 根本選手
PB081326[1].jpg
常陸利根川最下流の杭エリアを攻め続け、水温の上がり始めた午後にテキサスリグにて2本mの魚をキャッチしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4位 宮本選手
PB081336[1].jpg
北浦最上流の粗朶周りで、シャッドで3本の魚をキャッチしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3位 川崎選手
PB081318[1].jpg
夜越川にてBig Fish賞となった1530gをクランクベイトでキャッチ、ネコリグで1本追加に成功しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2位 岡田選手
PB081333[1].jpg
常陸利根川の水門、利根川のブッシュ、外浪逆浦の沈船などを周り、スモラバやノーシンカーで3匹のキーパーをキャッチしたそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして2020年のMORIZO CUPを制したのは・・
優勝 竹内プロ
PB081330[1].jpg
風をプロテクトできるエリアをパターンとして、北浦からカスミ本湖までランガンを決行。カスミ本湖西浦の巾着周りでジャックハンマーのGフラッシュカラーにて1500gをキャッチ、その後常陸利根川に戻り、巾着にてペアを組んだ井上プロがダブルコロラドのスピナーベイトでキロフィッシュをキャッチし2本ながら優勝となりました。おめでとうございました! 
 
 
表彰式後の抽選会ではMORIZOさん愛用のロッドなど豪華な賞品がプレゼントされました! 
IMG_1706[1].jpgIMG_1705[1].jpgIMG_1726[1].jpgIMG_1719[1].jpg 
 
今回も沢山のご協賛をいただきました。
《ご協賛頂きました皆様》 
EVERGREEN様・SDG様・Bait Breath様・フジムラ製作所様・SUNLINE様・釣り吉ホルモン様・日本サプライ様・小林信義プロ・鈴木晋平プロ・中澤様・今井様・竹内プロ・岡田プロ・長谷川様・味な萌様
 
IMG_1762.jpg
参加頂きました皆さん、お疲れ様でした。近いも沢山のご参加お待ちしております。ありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
 
 

HEARTS MARINE 公式LINEアカウント

HEARTS MARINE公式Facebookページ

HEARTS MARINE公式Twitter

HEARTS MARINE公式Instagram

もご覧下さいませ! 
 
 
 
 
 

 

 ハーツマリントーナメント2020クラシック初日結果速報です。以下上位陣のウエイト。

PB141366-1.JPG

第1位 早野選手 3,970g(5本)

PB141370-1.JPG

第2位 掛水選手 1,800g(2本)

PB141373-1.JPG

第3位 竹内選手 1,630g(1本)

 

 

 

 

ガーミンから2021年NEWモデル情報が届きましたのでお知らせします。
 
◆みちびき対応アンテナ発売!
 
ガーミンユーザー待望のみちびき対応ヘディングセンサー内蔵GPSアンテナ『GPS 24xd』が発売されます!
 
gps-24xd-hvs-cf-xl.jpg
GPS 24xd NMEA 0183
 
みちびき(準天頂衛星システム)とは、準天頂軌道の衛星が主体となって構成されている日本の衛星測位システムのことで、英語ではQZSS(Quasi-Zenith Satellite System)、日本版GPSと呼ぶこともあります。
 
4機以上の衛星で衛星測位は可能ですが、安定した位置情報を得るためには、8機以上の衛星が見えることが必要とされています。しかし、GPS衛星は地球全体に配置しているため、地球の裏側で見えない衛星があり、どの地点でも概ね6機程度しか見ることができませんでした。 2018年春にみちびきが4機体制になると、このうち3機はアジア・オセアニア地域の各地点では常時見ることができます。これでみちびきはGPSと一体で利用でき、GPS衛星6機とみちびき3機を合わせて8機以上となるため、安定した高精度測位を行うことが可能になります。
 
 
 
以前、販売されていたQZSS対応のGPSアンテナIKKI-QZ(NMEA0183)の検証結果で判るとおり、現行のGPSアンテナより精度の登場が期待できます。
 
 
GPS 24xdにはNMEA0183対応とNMEA2000対応の2種類があります。
 
FireShot Capture 100 - GPS 24xd NMEA 2000 - 船舶用製品 - 製品 - Garmin - Japan - Home - www.garmin.co.jp.png
GPS 24xd NMEA 2000
 
どちらの規格にも対応しているのは嬉しいですね。価格はどちらも税別52,000円です。
 
◆UHD振動子がパワーアップ!
 
 鮮明な画像を見ることができるUHDとはUltra High Definition Sonar System(ウルトラ ハイ デフィニション ソナー システム)の略でサイドビュー・クリア(ダウン)ビューの画像をより鮮明(メガイメージング)にするシステムです。
 
12034-UHD-sonar-at-a-glance-img_v2-b38e85f8-dd55-4546-abe2-b24ff3b614a7 (2).jpg
UHDのオールインワン振動子は350WのGT54UHD-TMの1種類だけでした。
 
141683141_o1.jpg
 
2021年モデルには500WのGT56UHD-TMが追加されます。
 
GT56UHD-TM.jpg
GT56UHD-TM
 
出力が500wになることで探査範囲が20%以上、向上します。価格は税別86,000円です。
 
◆GPSMAPシリーズにUHD対応モデル追加!
 
GPSMAPシリーズにUHD対応の7・9・12インチが追加されます。
 
o0480025714848047653.jpg
GPSMAP723xsv・923xsv・1223xsv
 
GPSMAP723xsv・923xsv・1223xsvにはIPSディスプレイを搭載。従来のGPSMAPと比べ、約2倍の処理能力を有するモデルになりました。
 
紹介した商品の発売は2021年1月中旬。近々、当店の通販サイト『ハーツセレクト』にて予約を承ります。
 
以前に増して品揃えが増えて何が何だか判らない!とお悩みの方はお気軽にハーツファインダー高橋(TEL:090-3470-1858)までご連絡くださいませ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 2020年ハーツマリントーナメントMORIZO CUPが開催されました。

 
PB081330-2.JPG

 

優勝 竹内選手 2,610g (2fish)
PB081333-1.JPG
準優勝 岡田選手 2,200g (3fish)
 
PB081318-1.JPG
3位 川崎選手 1,940g (2fish)
 
PB081343-1.JPG
 トーナメントの詳細は追ってUPさせて頂きます。賞品を提供して頂いた皆様、お手伝い頂いた皆様、ありがとうございました。
 
 
  
 
 
 
 
 
 

以前、当ブログにてスクープ!?情報としてお知らせしたパスキャットプーマハイブリット。
 
 
パスキャットプーマハイブリットは4年の時を経てバスキャットプーマ203ハイブリットとして発売されました!
 
orig_0e03919a82deebe658d6d0181aa58da7ce416c9c.jpg
203_Option.jpg
バスキャットプーマ203ハイブリットの日本1号艇がSDGマリンさんに入庫したとの報を受け、見学に行ってきました。
 
PA264349_R.jpg
PA264344_R.jpg
マーキュリーのレーシングエンジンである300Rが目を引きます。
 
トランサム(リフティング・ストレーキ)の形状を見ると・・・
 
PA264341_R.jpg
バスキャットのそれとはまったくの別物ですね。
 
PA264354_R.jpg
当然、ハルの形状も違います。
 
PA264362_R.jpg
でも、湖上に浮いている姿はバスキットです。
 
当日は成田紀明さんがBasser紙の取材でお越しになられていて試乗の際に同船させて頂きました。
 
PA264370_R.jpg
プレーンから加速していくとボートが徐々に浮いてきて時速100キロを超えるとその走りはバスキャット。余裕の120キロオーバーで走ります。
 
PA264377_R.jpg
当日は写真の通り、ベタ凪でチャンピオンの特徴である走破性を体感することはできませんでしたが、ババ荒れの中で乗ってみたいですね。
 
今回、ご紹介したプーマ203ハイブリットを含め、バスキャットが気になる方はお気軽に0299-77-9212か当店の公式ラインお問い合わせメールからご連絡くださいませ。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一昨日、レンジャーZ518を納艇致しました。
 
IMG_1573_R.jpg
IMG_1579_R.jpg
IMG_1578_R.jpg
コロナの影響もあり、オーダー頂いてから約1年。待ちに待ったこの日に喜びもひとしおです(マスクで判りませんが・・・)
 
IMG_1582_R.jpg
IMG_1588_R.jpg
IMG_1589_R.jpg
当日は秋晴れの納艇日和。ボートを走らせることが一番気持ちの良い季節ですね。
 
IMG_1599_R.jpg
午後からお仕事とのことでこの日は納艇レクチャーで終了です。
 
このほどは当店でご購入頂きましてありがとうございました。今後のバスボートライフをしっかりサポートさせて頂きますので末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
 
当店ではレンジャー新艇のご相談を承ります。来シーズンは新艇を!とお考えのお客様はお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールからご連絡くださいませ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 チャージャー295TFをご成約頂きました。
 
IMG_1173_R.JPG
初めてのバスボートをお探しだったお客様。チャージャーボートをお乗りのご友人の後押しもあってご成約頂きました。
 
納艇まで少しお時間を頂きますが、楽しみにお待ちください。ご成約ありがとうございました。 
 
 
 
 
 
 昨日、当店の公式LINEアカウント公式Facebookページ公式Twitterでお知らせしました通り、トライトン20XS HP ELITEを委託でお預かりしました。
 
公式LINEアカウントで先行して情報発信しました。新艇や中古艇をご検討の方は是非、お友達追加してください
 
IMG_1391_R.JPG
 
 
morizo cup2020_BB.jpg

 

毎年恒例のイベントとなりましたMORIZO CUP!今年も開催です!!
 
今大会は盛三プロ自らもゲストという立場ではなく参加者として出場してのガチンコ勝負です!皆様のご参加をお待ちしています。
 
今回は新型コロナウイルス感染症の影響を考え、バーベキューを中止いたします

 

 
☆開催要項☆
 
◇日にち:11月8日(日)
 
◇受付場所・時間:出船準備を終えてハーツマリンクラブハウスに6:00集合
 
◇競技方法:キーパーサイズ20cm以上、5匹リミットの総重量で競う1艇毎のチーム戦
 
◇参加資格:
駐艇・ランチング会員及び当店でボートまたは船外機を購入して当店まで自船を牽引して来れる方
※ランチング会員以外で当店まで自船を牽引して参加される方は必ず事前にエントリーしてください。所定の人数になりましたら締め切ります。
 
◇参加費:5,000円/人
 
◇スケジュール:
受付 6:00から6:10
ミーティング 6:10から6:20
スタート 6:25頃から
帰着・後片付け 1:50から
表彰 16:00頃
 
 
◇表彰:1位から5位とBigFish賞
 
◇ルール:リミット・キーパーサイズ以外はハーツマリントーナメント開催ルールに準ずる
 
※お問い合わせ・申し込みは0299-77-9212(ハーツマリン)まで
 
 
 
 
 

 

 

昨日、当店の公式LINEアカウント公式Facebookページ公式Twitterでお知らせしました通り、チャージャー295TFを委託でお預かりしました。
 
公式LINEアカウントで先行して情報発信しました。新艇や中古艇をご検討の方は是非、お友達追加してください 
 
IMG_1149_R.JPG

【追記】
当店の通販サイト『ハーツセレクト』にてご予約を承っております。
 
 

 
 先日、ハミンバードから次世代モデルとなるHELIX G4NシリーズSOLIX G3シリーズが発表されました。
 
120538039_3684670558212888_2841242130059797492_o.jpg
まず、HELIX G4Nシリーズの概要です。
 
NMEA2000ネットワーク搭載!◆ 
 
HELIX G4NシリーズHELIXG3Nシリーズと仕様に大きな変更はないみたいでNMEA2000ネットワークが搭載されたぐらい。魚探同士のネットワークはイーサネットケーブルで変わらないので船外機の情報を表示する等に使われるものだと思います。
 
◆HELIX15インチモデル追加!◆
 
HELIXG3Nシリーズは7・8・9・10・12インチという5種類の画面サイズがありましたが、HELIX G4Nシリーズでは7インチモデルがなくなり、15インチモデルが追加されました。
 
helix-g4n-lineup_web.jpg
次にSOLIX G3シリーズの概要です。
 
デュアルコアプロセッサ搭載!◆  
 
他社のタッチモデルと比べると応答性に劣るところがあったSOLIX G2シリーズ。 SOLIX G3シリーズにはデュアルコアプロセッサを搭載。応答性の向上が期待できます。
 
より広範囲の探査が可能!◆
 
 SOLIX G2シリーズは両サイドに60m、深さ60mの範囲で探査が可能でしたが、SOLIX G3シリーズは20%向上。両サイドに76m、深さ76mの範囲で探査が可能になりました。また、海の世界では有名なAirmar社の振動子を使用できるようになったことでより深い探査が可能になりました。
 
自社の技術をコアに独自の道を行くハミンバード。日本での発売時期など詳細が判りましたら当ブログでお知らせしますね。
 
 
 
 
 
 
 
 
トライトンTr-19をご成約頂きました。 
 
IMG_0634[1].jpg
 
初めてのバスボートをお探しだったお客様。コンディションの良さやお客様が思い抱くバスボートライフが実現可能であることが決め手となってご成約頂きました。
 
納艇まで少しお時間を頂きますが、楽しみにお待ちください。ご成約ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 先日、トライトン19XSを納艇致しました。
 
IMG_1109_R.jpg
IMG_1113_R.jpg
IMG_1110_R.jpg
理想の中古艇に巡り合えたお客様。待ちに待った納艇に思わずサムアップです。
 
IMG_1118_R.jpg
IMG_1121_R.jpg
車も趣味ということで運転も慣れた感じで軽快に操船されていました。
 
このほどは当店でご購入頂きましてありがとうございます。これからのバスボートライフをしっかりサポートさせて頂きますね。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
今週末に開催予定でしたハーツマリンクラシック2020ですが、台風14号の影響が避けられないと判断し、延期いたします。
 
typhoon_2014_2020-10-08-13-00-00-large.jpg
延期後の日程については下記の通りです。
 
クラシック・・・11月14日・15日(予備日:11月28日・29日)
※MORIZO CUPは11月8日に予定しております
 
延期により参加できなくなった選手がおられましたらご連絡ください。
 
参加選手の皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 10月10・11日に開催されるハーツマリントーナメント2020クラシックの出場者をご紹介します。 
 
IMG_0885[2].jpg

年間順位
氏 名主な戦績
1榎本 篤史
2020年第2戦優勝
2013・20AOY
2019Pride of HEARTS優勝 
2011・12年モリゾーカップ優勝
2011・13年クラシック覇者 
2
赤坂 仁
2020年第1戦優勝
3笠井 克紀
2014年クラシック覇者
4宮嶋 駿介
2019年AOY 
5保坂 英記2020年第4戦優勝
2015年クラシック覇者 
2010AOY
6
藤村 智弘
 
7早野 剛史2020年第3戦優勝
8Take-G(竹内 俊美)
10・12・14Pride of HEARTS優勝
2012AOY
2012年クラシック覇者 
9松田 守彦 
10北橋 訓功 
11掛水 崚
2018年クラシック覇者 
12内山 裕
 
13鈴木 大三
 
14山本 史朗
16中村 浩之  
17宮本 明 
35柳岡 昭寿
2019年クラシック覇者 
中澤 一美  
 
※長年にわたり個人でハーツマリントーナメントに協賛して頂いている中澤一美選手をスポンサー枠として出場して頂くことになりました。
 

 
シリーズ戦と違い、1名乗船の5匹リミット・2日間の合計重量で争われるクラシック。真の強さが問われる戦いとなります。
 
10/10は出船準備を終えてAM5:30にクラブハウス集合です。皆さん、優勝目指して頑張ってください!
 
尚、10月10・11日はクラシック出場選手以外の会員さんのランチングがAM6:30以降となりますこと予めご了承ください。また、クラシック出場選手の帰着を土曜日はPM3:00、日曜日はPM2:00に予定しています。それぞれ約1時間はランチングに時間がかかる可能性がございますのでご注意ください。
 
いろいろとご迷惑をお掛け致しますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願い致します。
 
 
 
 
 

スキーターの2021年NEWモデルであるZXR20をオーダー頂きました!
 
ZXR20-run-8-4836.jpg
バスボート購入にあたり、昔からスキーターに憧れていたお客様。FXRと同じハルでありながらコストパフォーマンスに優れ、自分好みの装備に投資できるのが決め手になりました。かなりのお時間を頂きますが、楽しみにお待ちくださいませ。
 
ZXR20_1005.png
 
バスボートにはいろいろなブランドがありますが、20フィートクラスでSHO275を搭載、ウルトレックス・魚探・パワーポールを標準装備したフルリグではスキーターZXRシリーズが最安クラスになります。
 
スキーターZXR参照ブログ:http://www.heartsmarine.com/202008/2021zxr.html
 
当店で販売するSKEETER Boats は日本正規代理店であるハイテックボートの正規輸入艇です。事前にご連絡の上でご来店いただければZXRと同じハルであるFXR20APEXの現物を見て頂くことが可能です。
 
スキーターZXRが気になる!というお客様はお気軽に0299-77-9212か当店の公式ラインお問い合わせメールからご連絡くださいませ。
 
 
 
 
 
 
 一昨日、レンジャーZ520Lを納艇致しました。
 
IMG_1021_R.jpg

IMG_1026_R.jpg

数年前からレンジャーへの乗り換えを検討されていたお客様。待ちに待った納艇にニンマリです。
 
IMG_1043_R.jpg
IMG_1048_R.jpg
IMG_1039_R.jpg
レンジャーと言えばフロントデッキの広さ!Lコマンチになって走破性が向上したのも乗り換えの後押しになりました。
 
IMG_1065_R.jpg
アメ車で牽引するとカッコ良さ倍増!
 
IMG_1056_R.jpg
IMG_1093_R.jpg
愛車のホイールデザインに合わせてホイールもご購入頂きました!
 
納艇後は新たな相棒を牽引してご自宅まで。
 
このほどは当店でお乗り換え頂きましてありがとうございました。新たなバスボートライフもしっかりサポートさせて頂きますね。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

遅ればせながら当店の公式LINEアカウントを開設しました!
 
lineバナー200927.jpg
当アカウントではバスボートの新艇&中古艇情報・各種キャンペーンを中心に発信します。新艇・中古艇のお問い合わせ・ご相談はもちろん、愛艇の委託販売・買取りのお問い合わせ・ご相談にお答えします。
 
友だち追加
 
新艇をご検討されている方、中古艇をお探しの方は是非、お友達追加してください。皆様からのご相談・お問い合わせをお待ちしております。
 
 
 
 
 
HEARTS MARINE TOURNAMENT 2020
年間ランキング最終結果
 
 Name第1戦第2戦第3戦第4戦TOTAL
AOY榎本 篤史3140g3370g1820g2850g11180g
2赤坂 仁3830g2130g650g1760g8370g
3笠井 克紀2080g2790g0g2880g7750g
4宮嶋 駿介2670g2800g2010gNo7480g
5保坂 英記0g1150g2930g3000g7080g
6藤村 智弘2750g2760g600g750g6860g
7早野 剛史NoNo4080g1900g5980g
8Take-G2430g400g2530g540g5900g
9松田 守彦1920g930g1930g960g5740g
10北橋 訓功0g2320g2500g230g5050g
11掛水 崚2930g800g1100gNo4830g
12内山 裕0g1230g2100g1200g4530g
13鈴木 大三1310g0g1960g1200g4470g
14山本 史朗1980g780g1640g0g4400g
15嶋 大輔200g920g2380g740g4240g
16中村 浩之0g1610g0g2150g3760g
17宮本 明2100g470g910g0g3480g
18山本 純司 550g 0g820g2020g3390g
19ワキ アレック1350g0g1070g820g3240g
20今泉 拓哉NoNo2780gNo2780g
21五味 眞廣1110g1630g0g0g2740g
22小野田 大輝1710g980g0g0g2690g
23長尾 仁志1120g1090g0g0g2210g
24安達 真秀1150g640g0gNo1790g
25秋葉 和也0g1070g560gNo1630g
26中澤 一美770g0g840gNo1610g
27堀江 貴志1520g0gNoNo1520g
28小原 誠0g0g1500gNo1500g
29長山 裕一0g700g790gNo1490g
30守 芳昭1340gNoNoNo1340g
31石毛 直也670g0g630gNo1300g
32伊藤 貴志380g360g490g0g1230g
33馬路 久史1120gNoNoNo1120g
34鍋島 健0gNo1100g0g1100g
35柳岡 昭寿0g0g970gNo970g
36森 貴敬740gNoNoNo740g
37村崎 陽一0g670g0g0g670g
38千原 勝也0g0g0g650g650g
39高橋 透0g460g0g0g460g
40正木 正実0gNoNoNo0g
40日置 典重0gNoNoNo0g
40中村 龍介0gNoNoNo0g
40宮久保 行雄0g0gNoNo0g
40小林 正人0gNoNoNo0g
40横掘 進0gNoNoNo0g
40稲垣 卓也No0g0gNo0g
40宮川 斗夢NoNo0g0g0g
40嶋田 光弘NoNo0gNo0g
 
※大会終了時に発表した順位に間違いがありました。訂正してお詫びいたします。
 
ハーツマリントーナメント2020年間ランキングです。2位に2kg以上の大差で榎本選手がAOYを獲得しました。2013年に続いて2回目のAOYとなります。おめでとうございました!
 
2020AOY.jpg
年間ランキング上位15名までが、10月に開催されるクラッシックへの参加権利が与えられます。
 
IMG_0885[1].jpg
クラッシック出場者は近日中に発表致します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

バスボートが欲しいけど、どうせ買うなら新艇がいいなぁ・・・とお考えの皆様に朗報です!
 
2015年4月から実施してきた、ライフスタイルによって自由に月々のお支払金額を変えられる自由払い型ニューバジェットローンの2.9%特別金利キャンペーン。 
 
 
2018年7月から100万円を超える船外機やパーツにも適用されることになったことからたくさんのお客様にご利用頂きました。
 
今年は新型コロナ感染症の流行もあり、先行きに不安を抱かれるお客様も多く、少しでもお力になれればとの思いからオリコさんのご厚意で新艇限定!2.5%特別金利キャンペーンを実施することになりました。2.5%が適用されるのは2021年3月31日までで700万円以上をお借りいただくことが条件となります。
 
オリコバナー200928.jpg
◆月々50,000円の支払いで新艇が買える!◆
 
900万円クラスの新艇を以下のプランでシミュレーションすると・・・
 
  • 頭金200万円でローン元金700万円
  • 返済期間10年
  • 年に2回10万円ずつボーナス払い
 
2.5_5_120.png
 ※図をクリックすると大きくなります
 
月々の支払いは49,346円、分割払手数料は921,476円となり、月々50,000円弱の支払いで新艇が購入できます。
 
◆初期の支払いを抑えることができるステップアップ返済!◆
 
自由払い型ニューバジェットローンの便利な使い方のひとつにステップアップ返済というのがあり、初期のお支払額を少なくし、徐々にお支払額を上げることも可能です。 
 
900万円クラスの新艇を以下のプランでステップアップ返済すると・・・
 
  • 頭金200万円でローン元金700万円
  • 返済期間10年
  • 年に2回10万円ずつボーナス払い
  • 最初の2年間は月々30,000円、次の2年間は10,000円加算して月々40,000円、その次の2年間は更に10,000円加算して月々60,000円の返済
 
2.5_3_7_120.jpg
  ※図をクリックすると大きくなります
 
最後の2年間は月々72,000円弱の支払いで分割払手数料は1,045,663円となります。2年間で10,000円ずつ昇給すると考えれば無理のない返済プランが可能です。
 
◆なんちゃって残価設定ローン!?◆
 
自由払い型ニューバジェットローンはスポット返済(一部繰上返済)も可能です。900万円クラスの新艇を以下のプランで契約します。
 
  • 頭金200万円でローン元金700万円
  • 5年間は月々40,000円の支払いで残り5年間は月々60,000円弱の支払いのステップアップ返済
  • 年に2回10万円ずつボーナス払い
上記プランだと5年後の残高は430万円ちょっとになります。 
 
2.5_4_6_120.jpg
※図をクリックすると大きくなります
 
ボートのコンディションによりますが、900万円クラス新艇が5年落ちで430万円を下回る価格で売買されることは考えにくいのでボートを売却すれば残高を上回る金額が手に入ります。
 
これで残高全てをスポット返済(一部繰上返済)することでなんちゃって残価設定ローン!?的な返済ができます。そうすると10年間で分割払手数料が996,051円のところ、5年後に残高全てをスポット返済(一部繰上返済)することで分割払手数料が723,573円になります。
 
2.5_4_s_61.jpg
※図をクリックすると大きくなります
 
もし、継続して乗りたいと思えばそのまま支払いを続けます。
 
◆スマホ(PC)でお手軽に審査可能!◆ 
 
 新艇購入を検討したいけど、そもそもローンが通るのか!?と心配なお客様はご自身のスマホ(PC)でお手軽に審査申し込みできます。
 
  1. 当店のお問い合わせから希望するボート・欲しいオプションをお知らせください
  2. 当店で概算の金額を算出した上でローン審査できるリンクを返信します
  3. リンクにアクセスしてシミュレーションした上で返済プランをお決め頂き、必要事項を入力して送信してください
  4. 当店からメールまたはお電話にて審査結果をお知らせします
審査申し込みする前に返済プランが確認したい方は試算サイトでシミュレーションしてみてください。
 
 
もちろん、ご来店頂いての審査も可能です。
 
ライフスタイルによって自由に月々のお支払金額を変えられる自由払い型ニューバジェットローンが特別金利2.5%という絶好の機会。新艇についてのお問い合わせ・ご相談は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
 
 

 

HEARTS MARINE TOUNAMENT 2020
第4戦 Date Sep 13
 
 NAME人数weihtfishBig fish
1保坂 英記23000g3 
2笠井 克紀12880g3 
3榎本 篤史22850g3 
4中村 浩之12150g3 
5山本 純司22020g2 
6早野 剛史11900g3 
7赤坂 仁21760g2 
8鈴木 大三11200g11200g
8内山 裕21200g2 
10松田 守彦2960g1 
11ワキ アレック2820g1 
12藤村 智弘2750g1 
13嶋 大輔2740g1 
14千原 勝也1650g1 
15竹内 俊美2540g1 
16北橋 訓功1230g1 
17山本 史郎10g0 
17高橋 透10g0 
17長尾 仁志10g0 
17宮川 斗夢20g0 
17宮本 明20g0 
17小野田 大輝10g0 
17伊藤 貴志20g0 
17鍋島 健10g0 
17五味 眞廣20g0 
17村崎 陽一20g0 
 
コロナの影響で開催も危ぶまれた2020年シリーズも最終戦を迎えました。AOYとクラッシック出場権利が決まる大事な試合という事で、多くの選手がしっかりとプラクティスをして臨みました。選手からは極めてタフな状況でリミットメイクも難しいとの声が多く、厳しい試合が予想されました。
 
では、当日の模様です。
ソーシャルディスタンスを保った受付にて26艇、41名のエントリーとなりました。
IMG_0867[1].jpgIMG_0869[1].jpg 
 
大きなトラブルも無く、皆さん無事に帰着となりました。
P9130042[1].jpgP9130044[1].jpgP9130049[1].jpgP9130050[1].jpg 
 
では、上位入賞者です。
Big Fish賞 鈴木選手
P9130043[1].jpg
息栖大橋上流の千葉県側垂直護岸にて4インチワームのジグヘッドワッキーにてキャッチしたそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第5位 山本選手
P9130032[1].jpg
息栖大橋上流のヘラ台でストレートワームのノーシンカーでキロアップをキャッチ後沈黙していたが、帰着間際にスピナーベイトにて追加し2fishながら入賞となりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第4位 中村選手
P9130038[1].jpg
朝一に息栖大橋上流のアシにて4インチワームのダウンショットで2本キャッチ、その後に外浪逆浦のトンボ公園の杭にて1本追加してリミットメイクに成功したそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3位 榎本選手
P9130040[1].jpg
北浦上流域からドックの壁を釣り下り、風が吹き出したタイミングからバイトが出て、6本のキャッチして入れ替えを繰り返したそうです。ルアーはホグ系ワームの5gフリーリグでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第2位 笠井選手
P9130033[1].jpg
朝一に常陸利根川のアシおよび水門周りにて、サーフェイス系のワームにてプライムタイムを捉えてリミットメイクしたそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして2020年最終戦を制したのは・・・ 
優勝 保坂選手
P9130034[1].jpg
プラクティスで好感触だった、常陸利根川のタマネギ周りの攻略して2本キャッチ、常陸利根川中流域の垂直護岸にて追加してリミットメイク。ルアーは3インチのシャッドテールワームのダウンショットでタマネギにスタックしないシンカーの選定がキモだったそうです。昨年の最終戦に続いて2020年の最終戦も連続優勝でした。おめでとうございました!
 
表彰式の後は恒例の抽選会です。今回も沢山のご協賛を頂きました!
IMG_0903[1].jpgIMG_0913[1].jpgIMG_0911[1].jpgIMG_0922[1].jpg 
 
《ご協賛頂きました皆様》 
KEITECH様・SDG様・Bait Breath様・LuckyCraft様・Teckel様・mibro様・フジムラ製作所様・SUNLINE様・釣り吉ホルモン様・日本サプライ様・早野プロ
IMG_0925[1].jpg
  
ハーツマリントーナメント2020年の最終年間ランキングは後日ご報告させて頂きます。 
 
秋にはモリゾーCUPも予定されております。皆様のエントリーをお待ちしております!
 
 
 
 
 
 昨日、チャンピオン161を納艇致しました。
 
IMG_0978_R.jpg
IMG_0984_R.jpg
IMG_0981_R.jpg
14ftクラスからの乗り換えとなったお客様。笑顔のサムアップです!
 
IMG_0985_R.jpg
IMG_0987_R.jpg
サイズ・馬力ともUPした愛艇を気持ち良く操船。走りの違いに喜んでおられました。
 
IMG_1003_R.jpg
IMG_1013_R.jpg
操船レクチャー後はご家族で記念撮影。バスボートを購入することに家族の理解が得られないケースもあるだけに羨ましい光景ですね。
 
このほどは当店でお乗り換え頂きましてありがとうございました。今後のステップアップ計画にもしっかり対応させて頂きますので今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
【追記】完売いたしました。ありがとうございました。
 

 
 GPSロック付きトローリングモーターをご検討されている方にご案内です。今夏、入庫した新艇から取り外したミンコタのウルトレックス112(36V仕様)45インチを委託でお預かりしました。
 
1102514_alt04.jpg
販売価格は税別25万円、台数は2台です。保証がないので当店での取り付け(工賃税別2.5万円)てお渡しの際に動作確認して頂くことを販売の条件とさせて頂きます。
 
当店の駐艇会員さんはもちろん、愛艇を牽引して持ち込み可能な方、当店ドッグまで愛艇を自走して来れる方も歓迎です。
 
早い者勝ちとなりますので気になる方は0299-77-9212までお問い合わせくださいませ。
 
 
 
 
 
 

  2020年ハーツマリントーナメント、シリーズ第4戦 が開催されました。

P9130034-3.JPG
優勝 保坂選手 3,000g (3fish)
 
P9130033-3.JPG
準優勝 笠井選手 2,880g (3fish)
 
P9130040-3.JPG
3位 榎本選手 2,850g (3fish)
 
P9130031-3.JPG
 トーナメントの詳細は追ってUPさせて頂きます。賞品を提供して頂いた皆様、お手伝い頂いた皆様、ありがとうございました。
 
 
《ご協賛頂きました皆様》 
KEITECH様・SDG様・Bait Breath様・LuckyCraft様・Teckel様・mibro様・フジムラ製作所様・SUNLINE様・釣り吉ホルモン様・日本サプライ様・早野プロ
 
 
  
 
先日、ステーサーST-420PDを納艇致しました。
 
IMG_0733_R.jpg
IMG_0737_R.jpg
これまでレンタルボートでバスフィッシングを楽しまれていたお客様。念願のマイボートに笑顔のサムアップです。
 
IMG_0759_R.jpg
ランチングの仕方から操船まで一通りのレクチャーをさせて頂きました。
 
IMG_0818_R.jpg
ご家族で釣りを楽しまれているそうでお帰り前に親子で記念撮影。
 
IMG_0824_R.jpg
IMG_0852_R_2.jpg
納艇後は愛艇を牽引してご自宅まで戻られました。
 
このほどは当店でご購入頂きましてありがとうございました。今後のバスボートライフをしっかりサポートさせて頂きますので末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 会員の皆様にはご迷惑をお掛けいたしましたが、駐艇場通路アスファルト化の工事が終わりました。
 
DJI_0142.jpg
 
 
 
DJI_0130.jpg
IMG_0804.jpg
IMG_0805.jpg
IMG_0812.jpg
IMG_0809.jpg
アスファルトと駐艇場所をフラットにするために砕石を追加したのでアスファルトの上が汚れてしまったのはご愛嬌ということで。
 
抜本的に駐艇レイアウトを見直しましたのでボートが背中合わせで駐艇されているスペースも大幅に改善。
 
IMG_0817.jpg
カバーを余裕で置けるスペースが確保できました!
 
アスファルト会員エリアを作ったので赤枠で囲われたエリアに駐艇していたボートの多くは黄枠に移動しています。
 
駐艇場所移動エリア.jpg
また、ボートの長さの関係で駐艇場所を移動したケースもあります。ご自身のボートがどこに駐艇されたのか、気になる方は0299-77-9212までお電話ください。
 
今後も会員の皆様に喜んで頂ける快適な環境を構築すべく努力を続けていきますので今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 

 

昨日、当店の公式Facebookページ公式Twitterでお知らせしました通り、トライトンTr-19を委託でお預かりしました。
 
IMG_0658[1].jpg
既に詳細をUPしております。
 
 
事前にご連絡頂ければいつでもご試乗頂けます。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
HEARTS MARINE TOURNAMENT 2020
年間ランキング中間発表 (第3戦終了時点)
 
 NAME第1戦第2戦第3戦TOTAL
1榎本 篤史3140g3370g1820g8330g
2宮嶋 峻介2670g2800g2010g7480g
3赤坂 仁3830g2130g650g6610g
4藤村 智弘2750g2760g600g6110g
5Take-G2430g400g2530g5360g
6笠井 克紀2080g2790g0g4870g
7掛水 崚2930g800g1100g4830g
8北橋 訓功0g2320g2500g4820g
9松田 守彦1920g930g1930g4780g
10山本 史郎1980g780g1640g4400g
11保坂 英記0g1150g2930g4080g
11早野 剛史NoNo4080g4080g
13嶋 大輔200g920g2380g3500g
14宮本 明2100g470g910g3480g
15内山 裕0g1230g2100g3330g
16鈴木 大三1310g0g1960g3270g
17今泉 拓哉NoNo2780g2780g
18五味 眞廣1110g1630g0g2740g
19小野田 大輝1710g980g0g2690g
20ワキ アレック1350g0g1070g2420g
21長尾 仁志1120g 1090g 0g 2210g 
22安達 真秀1150g 640g 0g 1790g 
23秋葉 和也0g 1070g 560g 1630g 
24中村 浩之0g 1610g 0g 1610g 
24中澤 一美770g 0g 840g 1610g 
26堀江 貴志1520g 0g No 1520g 
27小原 誠0g 0g 1500g 1500g 
28長山 裕一0g 700g 790g 1490g 
29山本 純司550g 0g 820g 1370g 
30
守 芳昭
1340g No No 1340g 
31石毛 直也670g 0g 630g 1300g 
32伊藤 貴志380g 360g 490g 1230g 
33馬路 久史1120g No No 1120g 
34鍋島 健0gNo1100g1100g
35柳岡 昭寿0g 0g 970g 970g 
36
森 貴敬
740g No No 740g 
37村崎 陽一0g 670g 0g 670g 
38高橋 透0g 460g 0g 460g 
39正木 正実0g NoNo 0g 
39日置 典重0g No No 0g 
39中村 龍介0g No No 0g 
39宮久保 行雄0g 0g No 0g 
39千原 勝也0g 0g 0g 0g 
39小林 正人0g No No 0g 
39横掘 進0g No No 0g 
39稲垣 卓也No 0g 0g 0g 
39宮川 斗夢No No 0g 0g 
39嶋田 光弘No No 0g 0g 
 
 
 ハーツマリントーナメント2020第3戦終了時点での年間ランキングです。上位15名までにクラッシックへの参加権利が与えられます。
 
シリーズ第4戦は9/13(日)に開催されます。参加される選手の皆さん、頑張って下さい!
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 

今年3月に2021年モデルとしてスキーターから発表されたZXRシリーズ。
 
ZXR_200831.jpg
従来のZXシリーズのうち、ZX250がZXR250にZX225がZXR20に進化しました。
 
ZXR20-BMT-color-option-A-2.png
 
ZXR20-OVH-color-option-A-open.png
 ハルやデッキの形状はFXRと同じでZXシリーズと比べてかなり広くなりました。
 
ZXR20-center-rod-storage.jpg
 センターストレージはZXシリーズを踏襲した観音開き。
 
ZXR20-helm.jpg
 コンソール周りはロッカースイッチ。
 
ZXR20-seats.jpg
運転席と同じ質感のセンターシートあり、トレーラーがスチールフェンダーなど、FXRシリーズとの違いが見られます。
 
主な仕様は以下の通りです。
 
  • ウルトレックス112 45インチシャフトが標準装備(52インチにアップグレード可能)
  • 魚探はフロントがハミンバード HELIX 9 CHIRP MEGA SI+ GPS G3N(米国仕様)、コンソールがハミンバード HELIX 12 CHIRP MEGA SI+ GPS G3N(米国仕様)が標準装備(変更不可)
  • パワーポールプロ2が1本、標準装備
  • マニュアルジャックが標準装備(油圧ジャックにアップグレード可能)
 
カラーは8パターンから選べます。
 
ZXR20_BMT_color_option_1.jpg
ZXR20_BMT_color_option_2.jpg
ZXR20_BMT_color_option_3.jpg
ZXR20_BMT_color_option_4.jpg
ZXR20_BMT_color_option_5.jpg
ZXR20_BMT_color_option_6.jpg
ZXR20_BMT_color_option_7.jpg
ZXR20_BMT_color_option_8.jpg
当店で販売するSKEETER Boats は日本正規代理店であるハイテックボートの正規輸入艇です。事前にご連絡の上でご来店いただければFXR20APEXの現物を見て頂くことが可能です。
 
スキーターZXRが気になる!というお客様はお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールからご連絡くださいませ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 トライトン19XSをご成約頂きました。
 
IMG_0136[1].jpg
 初めてのバスボートをお探しだったお客様。フル装備とコンディションの良さが決め手となってご成約頂きました。
 
納艇まで少しお時間を頂きますが、楽しみにお待ちください。ご成約ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 

先日、ご案内しました駐艇場通路のアスファルト化ですが、すでに測量や事前準備を進めており、8月31日から工事が始まります
 
P8254117[1].jpg
P8254111[1].jpg
最初にクラブハウス側から着手、最後が第2駐艇場という順番になります。
 
工事に伴い、ボートの駐艇場所も整地します。当日の工事エリアに駐艇しているボートは別の場所に移動させますので駐艇会員さんは必ず釣行前日までに090-5511-8282までランチングのご予約をお願いいたします
 
当初は募集枠を限定しておりましたアスファルト会員ですが、予想を上回る申し込みを頂いたことから枠を拡大することにいたしました。アスファルト会員エリアは下図の通りです。
 
アスファルト会員場所.jpg
アスファルト会員エリアを構築するために一部の駐艇会員さんの愛艇が現駐艇場所から別の場所に移動する可能性があることを予めご了承ください。
 
工事期間中は多大なご迷惑をお掛けすることになりますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 

 

HEARTS MARINE TOURNAMENT 2020
第3戦 Date Aug 16
 
 
 NAME人数weightfishBig fish
1早野 剛史24080g3 
2保坂 英記22930g3 
3今泉 拓哉12780g3 
4竹内 俊美12530g2 
5北橋 訓功12500g3 
6嶋 大輔22380g2 
7内山 裕22100g3 
8宮嶋 駿介22010g3 
9鈴木 大三11960g2 
10松田 守彦21930g2 
11榎本 篤史21820g2 
12山本 史郎11640g11640g
13小原 誠21500g 2 
14掛水 崚21130g1 
15鍋島 健11100g1 
16ワキ アレック21070g2 
17柳岡 昭寿1970g2 
18宮本 明2910g1 
19中澤 一美1840g1 
20山本 純司2 820g1 
21長山 裕一2790g1 
22赤坂 仁2650g1 
23石毛 直也1630g1 
24藤村 智弘2600g1 
25秋葉 和也2560g1 
26伊藤 貴志2490g1 
27五味 眞廣20g0 
27笠井 克紀10g0 
27高橋 透10g0 
27長尾 仁志10g0 
27宮川 斗夢20g0 
27村崎 陽一20g0 
27千原 勝也20g0 
27安達 真秀10g0 
27中村 浩之10g0 
27稲垣 卓也10g0 
27
嶋田 光弘
10g0 
27小野田 大輝10g0 
 
連日猛が続く中、夏の特別戦「Pride of HEARTS」が第3戦として開催されました。酷暑の釣りが想定されるにも関わらず、38艇59名のエントリーをして頂きました。
IMG_0360[1].jpgIMG_0362[1].jpg 
 
当日は高水温に加え極度の減水と魚にもアングラーにも厳しいコンディションが予想されましたが、朝は想定外の曇り空となり、このプライムタイムを捉えることができるかが勝敗を大きく分ける試合となりました。
 
晴れてからも海からの風で比較的涼しいコンディションでの試合となり、皆さん無事に帰着となりました。
P8161262.JPGP8161254.JPGP8161275.JPGP8161257.JPG 
 
 
Big fish賞 山本選手
P8161269[1].jpg
利根川の鹿島線鉄橋周辺のブッシュにてラバージグでキャッチしました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では、上位入賞者です。
5位 北橋選手
P8161259[1].jpg
ローラライトの時間中に、北利根川のアシエリアでチャターベイトでキャッチしたそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4位 竹内プロ
P8161276[1].jpg
牛堀沖ののハードボトムエリアにてフットジグでキャッチ後、常陸利根川入口の縦ストにてもう1匹追加。2本ながらナイスサイズを持ち込み入賞です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3位 今泉プロ
P8161255[1].jpg
ローラライトの時間に常陸利根川や外浪逆浦のシャローにて、サーフェイス系のワームにてキャッチ後、外浪逆浦の石積みでスピナーベイトでキャッチして入れ替えに成功しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2位 保坂選手
P8161273[1].jpg
常陸利根川南岸の護岸にてダウンショットでキャッチ後、北利根のアシでバックスライド系ワーム追加、再び常陸利根川の同エリアの護岸にてキャッチしてリミットメイクしたそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして2020年のPride of HEARTSを制したのは・・・
優勝 早野プロ
P8161265[1].jpg
 ローラライトの時間に常陸利根川から北利根のアシ際をサーフェイス系ワームで攻めてリミットメイク。晴れてからはBig fishが必要なことから、カスミ本湖の浚渫へ向かい2本の入れ替えに成功して、TOP50選手として圧巻のウエイトで優勝となりました。おめでとうございます!
  
表彰式後は恒例の抽選会。今回も沢山のご協賛をいただきました。
IMG_0392[1].jpgIMG_0404[1].jpgIMG_0405[1].jpgIMG_0421[1].jpg 
 
《ご協賛頂きました皆様》 
KEITECH様・SDG様・Bait Breath様・LuckyCraft様・Teckel様・mibro様・フジムラ製作所様・SUNLINE様・釣り吉ホルモン様・日本サプライ様・早野プロ・井口さん・中澤さん
 
IMG_0426[1].jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 スキーターの日本正規代理店であるハイテックボートさんからスキーターFXRの2021年モデルの情報が届きましたのでお知らせいたします。
 
95375958.jpg
2020年モデルと比べるとFXR APEX・FXR Limited・FXR Select(カラーオーダー)とも仕様に変更はありません。主な仕様は以下の通りです。
 
  • ウルトレックス112 45インチシャフトが標準装備(52インチにアップグレード可能)
  • 魚探前後にハミンバード HELIX 12 CHIRP MEGA SI+ GPS G3N(米国仕様)が標準装備
  • APEXはハミンバード SOLIX 12・15にアップグレード可能
  • トレーラーホイールはAPEXはブラック・Limitedはシルバーの18インチが標準装備
  • パワーポールブレイド8ftが2本、標準装備
  • APEXは油圧ジャックが標準装備
  • Limitedはマニュアルジャックが標準装備(油圧ジャックにアップグレード可能)
カラーは変更があり、FXR APEXは2020年モデルから1パターン増えて5パターン、FXR Limitedは8パターンから選べます。
 
【APEXカラー】
 
2021_APEX (3).jpg
2021_APEX (2).jpg
2021_APEX (4).jpg
2021_APEX (1).jpg
2021_APEX (5).jpg
【Limitedカラー】
 
2021limited (1).jpg
2021limited (2).jpg
2021limited (3).jpg
2021limited (4).jpg
2021limited (5).jpg
2021limited (6).jpg
2021limited (7).jpg
2021limited (8).jpg
当店で販売するSKEETER Boats は日本正規代理店であるハイテックボートの正規輸入艇です。事前にご連絡の上でご来店いただければFXR20APEXの現物を見て頂くことが可能です。
 
来シーズンはスキーターFXRで!とお考えのお客様はお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールからご連絡くださいませ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 9月6日に予定しておりましたハーツマリントーナメント2020第4戦ですが、駐艇場のアスファルト工事の都合により9月13日(予備日9月27日)に変更いたします。
 
トーナメント2020バナー0817.jpg
参加を予定していた皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 

 2020年ハーツマリントーナメント、シリーズ第3戦 Pride of HEARTS が開催されました。

P8161265-1.JPG
優勝 早野選手 4,080g (3fish)
 
P8161273-1.JPG
準優勝 保坂選手 2,930g (3fish)
 
P8161255-1.JPG
3位 今泉選手 2,780g (3fish)
 
P8161246-1.JPG
 トーナメントの詳細は追ってUPさせて頂きます。賞品を提供して頂いた皆様、お手伝い頂いた皆様、ありがとうございました。
 
 
《ご協賛頂きました皆様》 
KEITECH様・SDG様・Bait Breath様・LuckyCraft様・Teckel様・mibro様・フジムラ製作所様・SUNLINE様・釣り吉ホルモン様・日本サプライ様・早野プロ・井口さん・中澤さん
 
 
  
 
HEARTS MARINE TOURNAMENT 2020
年間ランキング中間報告(第2戦終了時点)
 
 NAME第1戦第2戦TOTAL
1榎本 篤史3140g3370g6510g
2赤坂 仁3830g2130g5960g
3藤村 智弘2750g2760g5510g
4宮嶋 駿介2670g2800g5470g
5笠井 克紀2080g2790g4870g
6掛水 崚2930g800g3730g
7松田 守彦1920g930g2850g
8Take-G2430g400g2830g
9山本 史郎1980g780g2760g
10五味 眞廣1110g1630g2740g
11小野田 大輝1710g980g2690g
12宮本 明2100g470g2570g
13北橋 訓功0g2320g2320g
14長尾 仁志1120g1090g2210g
15安達 真秀1150g640g1790g
16中村浩之0g1610g1610g
17堀江 貴志1520g0g1520g
18ワキ アレック1350g0g1350g
19守 芳昭1340gNo1340g
20鈴木 大三1310g0g1310g
21内山 裕0g1230g1230g
22保坂 英記0g1150g1150g

23

馬路 久史1120gNo1120g
23嶋 大輔200g920g1120g
25秋葉 和也0g1070g1070g
26中澤 一美770g0g770g
27森 貴敬740gNo740g
27伊藤 貴志380g360g740g
29長山 裕一0g700g700g
30石毛 直也670g0g670g
30村崎 陽一0g670g670g
32山本 純司550g0g550g
33高橋 透0g460g