パワーポールの取り付けをご依頼頂いたのですが、どうしても電源ケーブルが増えてゴチャゴチャしがち。
 
P8293391[1].jpg
P8303413[1].jpg
そのままバッテリーに入れると4本・5本と複雑になり、誤配線によるショートにも繋がります。
 
P8303411[1].jpg
そこでこの様なターミナルポストを追加してみました。
 
P8293395[1].jpg
エンジンメインハーネスはバッテリーに直で入れ、その他のボートアクセサリーやパワーポール電源はターミナルポストを経由してから電源を取るようにしました。
 
P8293393[1].jpg
バッテリーにはそれぞれ2本づつのみ。分かりやすくスッキリしたのでは?今回はパワーポールの取り付けのタイミングで作業しましたが、単に配線をまとめたいとのご要望にもお応えいたしますので、一度ご相談ください。
 
 
 
 
 
 昨日、チャンピオンミーン15をご成約頂きました。
 
IMG_6361[1].jpg
船舶免許を取得したばかりのお客様。エンジン等が新しくて牽引できるボートということでお選びいただきました。
 
少しお時間を頂きますが、気持ちよくバスボートライフがスタートできるよう納艇整備させて頂きます。ご成約、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 このほど当店の電話とは別にランチング専用ダイヤルを設けることにしました。
 
 
ランチング専用ダイヤル:090-5511-8282
 
 
前日までのランチングのご予約や釣行前後のランチングのご依頼はランチング専用ダイヤルにお電話ください。 
 
RIMG7644.jpg
 エンジントラブルによるレスキュー等を考慮して原則、当店ドックへの帰着上限時間は当日の神栖市日没30分前か18時のいずれか早い時間とし、当日の帰着上限時間30分前には外浪逆浦より下流の常陸利根川まで戻って釣りをするようご協力ください。
 
神栖市の日没時間:http://www.japanab.com/sun/11611000
 
また、すべてのボートのランチングを終えて駐車場から会員さんの車がなくなり次第、駐車場側の門を閉じますのでお帰りの際はクラブハウス側を通過してください。
 
駐艇会員・ランチング会員の皆様にはご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 

 

   昨日、当店の公式Facebookページでお知らせしました通り、レンジャー482DVSとスナガブラックホーク1700RZが入庫しました。
 
IMG_6923[1].jpg
レンジャー482DVSは琵琶湖で使用可能な環境対策エンジンのオプティマックス175を搭載、エレキはフォートレックス112、魚探は前後にローランスElite-7Tiが装備されています。
 
IMG_72272[1].jpg
ブラックホーク1700RZはマーキュリー90馬力にエレキはモーターガイドTR-82、魚探はコンソールにローランスElite-7Ti+Point-1とホンデックスHE-6201、エレキにはローランスElite-7HDIを搭載。来年の6月までトレーラー車検が残っている一艇です。
 
詳細をUPするまで少しお時間を頂きますが、現物確認・試乗は可能です。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
 
 
HEARTS MARINE TOURNAMENT 2017 
第4戦
Date Aug 20
 
 Name人数weightfishBig fish
1横堀 進13370g3 
2小野田 大輝13340g31720g
3掛水 守23180g3 
4安達 真秀23130g3 
5笠井 克紀12950g3 
5柴田 泰12950g3 
7長山 裕一22890g3 
8鈴木 大三 22810g3 
9内山 裕22710g3 
10亀田 裕生22650g3 
11布施 一孝22530g3 
11榎本 篤史 22530g3 
13冨樫 孝治 12240g3 
14中澤 一美 12130g3 
15北橋 訓功 11950g2 
16井上 武則 11860g3 
17君嶋 一慶 11720g2 
18長尾 仁志 11670g1 
19中川 岳 21550g2 
20小林 正人 11540g2 
21柳岡 昭寿 11460g3 
22中林 典昭 21410g2 
23石毛 直也 11220g1 
24鍋島 健 11110g2 
25福島 勇介 11040g2 
26山本 純司1970g1 
27中村 浩之1910g1 
28名越 公一2850g2 
29保坂 英記1830g2 
30石原 智弘2510g1 
31
高橋 透
10g0 
31森 貴敬10g0 
31中谷里 隆行10g0 

31

藤村 智広10g0 
31五味 眞廣10g0 

 

各地で連日のゲリラ豪雨が騒がれてる中、AOYとクラッシック出場権利を賭けた2017年最終戦が開催されました。第3戦の減水傾向から一転、若干の増水傾向で水温も下がったコンディションへどう対応したのでしょうか?
 
では、当日の模様です。
薄曇りの微風という最高のコンディションでの朝を迎え、35艇、47名のエントリーとなりました。
 
IMG_7054.JPGIMG_7056.JPG 
 
皆さんのご協力で、スムーズなランチングとスタートもできました。
 
P8203323.JPGP8203328.JPGP8203329.JPGP8203341.JPG 
 
各所でトーナメントが行われておりましたが、トラブルも無く無事に帰着しウエイン開始です。
 
P8203347.JPGP8203366.JPGP8203377.JPG 
 
上位入賞者です
第5位 柴田選手・笠井選手 (同ウエイト)
 
P8203367.JPGP8203353.JPG 
柴田選手 得意としてるバックスライド系ワームでリミットを揃え、常陸利根川の杭で入れ替えに成功したそうです。
 
笠井選手 
常陸利根川のウインディーサイドのバンク沿いの杭でリミットメイク後、チャターベイトを巻き倒しウエイトアップしたそうです。
 
第4位 安達選手
P8203350.JPG
北利根川の流入河川にてスイムジグとバックスライド系ワームでリミットメイク後、カスミ本湖西岸の石積みを1/4ozのフットボールでジグでウエイトアップさせたそうです。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3位 掛水選手
P8203348.JPG
北利根川のバンク沿いでスピナーベイトでリミットメイク後、妙技水道で入れ替えし、帰りの常陸利根川の杭で1600gをキャッチしお立ち台を手繰りよせました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第2位 小野田選手
P8203355.JPG
自社で開発中のポークをトレーラーにしたフットボールジグで、北利根、常陸利根のブレイクをスイミングで 攻略。ビッグフィッシュ賞となった1720gを含むすべての魚をキャッチしました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、2017年の最終戦を制したのは・・
優勝 横堀選手
P8203361.JPG
常陸利根川のバンク沿いをバックスライド系ワームやスモラバでスローに攻め、キロフィッシュでリミットメイクし見事初優勝となりました。おめでとうございました!
 
表彰式の後は恒例の抽選会です!今回も沢山のご協賛をいただきました。
 
IMG_7108.JPGIMG_7086.JPGIMG_7081.JPGIMG_7097.JPG 
 
《御協賛頂いた皆様》Bait Breath様・SUNLINE様・LuckyCraft様・NORIES様・Teckel様・mibro様・K・O Garage様・ZENAQ様・OTHER SELF様・エレキの修理屋さん様・日本サプライ様・イスズフーズ様・片岡プロ・中澤さん・君嶋さん・藤村さん・渋田さん・佐藤さん
 
IMG_7116.JPG
年間ランキングは、後日改めてご報告させていただきます。2017年シリーズ戦は終了となりましたが、MORIZO CUPも予定されてます!皆様のご参加お待ちしております。
 
 
 
 
バスキャットLYNXをオーダー頂きました!
 
20286749_10155772137184113_8619381474662344082_o.jpg
  以前から新艇を検討されていたお客様。他のブランドで商談を進めていた時期もありましたが、今年の3月に発表されたバスキャットLYNXの写真を見て『買います!』とプレオーダーを頂き、2018年モデルの受付がスタートしたということで正式オーダーを頂きました。かなりのお時間を頂くことになりますが、楽しみにお待ちくださいませ。
 
バスキャット2018年モデルに興味があるお客様がいらっしゃいましたらお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールからご連絡ください。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤマハSHO225&250パッケージの新艇は同等価格でマーキュリーProXS200&250パッケージがお選び頂けるようになりました!
 
 

 
大変お待たせいたしました!レンジャー・トライトン・バスキャットの2018年モデル販売価格が決まりましたのでオーダーの受付を開始しました!!
 
当店新艇サイト:http://heartsmarine.com/newboats/
 
レンジャーは概報通り、Lコマンチシリーズが新たに加わりました。
 
 
バスキャットもLynx・Pantera ClassicがNEWモデルとして発売されました。
 
LYNX-25.jpg
 
トライトンはNEWモデルの発売こそありませんでしたが、ワイドデッキでソフトな走破性のTRXシリーズが継続発売されています。
 
当店ではレンジャーZ518・Z519・Z521C、バスキャットエイラ・クーガーFTD、トライトン189TRXなどを試乗したり、実物を見て頂くことができます。来年は新艇で!とお考えのお客様がいらっしゃいましたらお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールからご連絡ください。
 
 
 
 
 
2017年ハーツマリントーナメント、シリーズ第4戦が開催され、参加艇数35艇47名が熱いバトルを繰り広げました。
 
IMG_7117[1].jpg

 

P8203361[1].jpg
 優勝 横堀選手 3,370g(3本リミット) 
 
P8203355[1].jpg
   準優勝 小野田選手 3,340g(3本リミット)
 
P8203348[1].jpg
 第3位 掛水選手 3,180g(3本リミット)
 
 

トーナメントの詳細は追ってUPさせて頂きます。参加して頂いた皆様、賞品を提供して頂いた皆様、お手伝い頂いた皆様ありがとうございました。

 

P8203381[1].jpg

 

《御協賛頂いた皆様》Bait Breath様・SUNLINE様・LuckyCraft様・NORIES様・Teckel様・mibro様・K・O Garage様・ZENAQ様・OTHER SELF様・エレキの修理屋さん様・日本サプライ様・イスズフーズ様・片岡プロ・中澤さん・君嶋さん・藤村さん・渋田さん・佐藤さん

 

  

 HEARTS MARINE公式Facebookページ

もご覧下さいませ!

  

ヤマハSHOですが、トリムを上下した時にガタが出てるとの事。
 
P8183297[1].jpg
P8183308[1].jpg
早速サイドブラケットを外して核心部へ。
 
P8183301[1].jpg
ブッシュを見てみると、大きく削れて半分ほどは無くなっていますね。ここはトリムを上下した時の支点となる所。 
 
P8183306[1].jpg
 新品のブッシュは材質が変わっているのか?色が違いますね。
 
P8193313[1]_LI.jpg
この辺のブッシュはグリスが緩衝剤の役目をしており、それが切れると比較的早く摩耗してしまいます!!3ヵ月に一度ぐらいはグリスガンにてグリスUPが必要ですね。
 
P8193314[1]_LI.jpg
こちら縦軸のマウントにも同じ様なブッシュが入っていますが、ここのブッシュ交換は非常に大変。エンジンパワーヘッドを降ろさないと交換できません。そうなる前にもグリスUPは大事ですよ!!
 
 
 

  HEARTS MARINE公式Facebookページ

 
 
 
 
 
 バサーオールスタークラシック2017の都合により日程が変更となりましたハーツマリンクラシック2017ですが、MORIZO CUP2017を10月29日に開催することになりましたので再び、日程を変更とすることになりました。
 
 
242939272_624.v1479113002.jpg
ハーツマリンクラシック2017・・・10月14・15日(予備日未定)
MORIZO CUP2017・・・10月29日
 
トーナメント参加者の皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 

7月中旬に開催されたレンジャーのディーラーカンファレンスで発表されたレンジャーの2018年モデル。海外サイトから拝借した写真でお伝えいたします。

 
2018年のNEWモデルとして発表されたのはZ521L・Z520LというLコマンチシリーズ。
 
19944615.jpg
 最大の特徴はコンソールデザイン。
 
20507618_10155614089804596_4651950666192011128_o.jpg
20414349_10155593577784596_887885031668268485_o.jpg
16インチのGPS魚探を埋め込むことができるデザインになりました。それ以外にも・・・
 
19983957_10155544593054596_4795485108009935342_o.jpg
Z521L_12.jpg
従来モデルも昨年に引き続き、継続して発売されます。
 
派手な演出で発表されたのが50周年記念モデルのZ521L Icon。
 
20229526_10155578524989596_3240792467962079620_o.jpg
 
19984188_10155545859699596_817378044183199982_o.jpg
独特のカラーリングに50周年モデルの証がいたるところに!
 
19984176_10155545859709596_8790253721900324078_o.jpg
19944473_10155545860274596_5924670941489543497_o.jpg
19944647_10155545860199596_423696760441442565_o.jpg
アメリカでの発売価格は約10万ドル!すごい時代になりましたね。
 
パッケージカラーはいくつかがNEWカラーに変更、FUSIONカラーにはアローがオレンジのようなカラーが復活しました。
 
DSCN6044_zpsd0ocd5e4.jpg
 
DSCN6045_zpsyzwfwpm4.jpg
 
DSCN6042_zpsykcs8ozl.jpg
 リミテッドエディションカラーはガラッと変わりました。
 
DSCN6043_zpsa7dci8as.jpg
 2018年モデルの価格や装備についてはいずれ日本正規代理店のFUSIONさんから発表があると思いますが、レンジャーの場合は新艇のオーダーから日本到着までのリードタイムがかなり長いです。早くて5ヶ月、遅いと7ヶ月以上掛かることも。来シーズンはレンジャーの新艇で!とお考えの方は早めのオーダーをお勧めします。
 
事前にご連絡頂ければ現行のZ519と同じZ119Cにご試乗頂けます。また、現行モデルのZ518やZ521Cも実物を見て頂くことができます。気になる方はお気軽に0299-77-9212かお問い合わせメールからご連絡ください。
 
 
 
 
 

 

昨日、チャンピオン171DCを納艇致しました。
 
IMG_6794[1].jpg
IMG_6801[2].jpg
以前、バスボートを保有されていたお客様。アルミボートから再びバスボートへの乗り換えです。恥ずかしがり屋さんなので表情がお伝えできないのは残念ですが、満面の笑みでした。
 
IMG_6807[1].jpg
元々、バスボートオーナーですから湖上レクチャーというよりボートのチェックで終了マイフィールドに牽引してお帰りになりました。
 
このほどは当店でご購入頂きましてありがとうございました。思う存分、バスボートライフを楽しんでくださいませ。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
大変お待たせいたしました。レンジャー519DVSの詳細をUPしました。
 
IMG_6673[1].jpg
 
事前にご連絡頂ければいつでもご試乗頂けます。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。 
 
 
 
 
 
 昨日まで開催していました8周年記念セールではたくさんのお問い合わせを頂きましてありがとうございました。ご成約頂きましたお客様には改めて感謝申し上げます。
 
セール最後にご成約頂いたのはレンジャー522DVXでした。
 
IMG_5742.jpg
今まで小型バスボートで釣りを楽しまれていたお客様。デッキの広さとヤマハSHOが搭載されていることが決め手となってご成約頂きました。納艇まで少しお時間を頂きますが、楽しみにお待ちください。
 
併せてプレオーダーキャンペーンにもたくさんのお問い合わせを頂きましてありがとうございました。

cl-029.jpg

近々、レンジャー・トライトン・バスキャットの2018年モデル価格や仕様をお知らせいたしますので新艇をご検討されているお客様がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。
 
 
 
 
 
 
HEARTS MARINE TOURNAMENT 2017 
年間ランキング中間報告(第3戦終了時点)
 
順位
NAME
第1戦
第2戦
第3戦
TOATAL
1
亀田 裕生
2600g
950g
3570g
7120g
2
保坂 英記
3250g
3490g
0g
6740g
3
中谷里 隆行
0g
3530g
2960g
6490g
4
柴田 泰
3340g
730g
1580g
5650g
5
柳岡 昭寿
3250g
1400g
950g
5600g
6
石毛 直也
2920g
1630g
820g
5370g
7
布施 一考
3460g
No
1790g
5250g
8
北橋 訓功
1350g
1230g
2650g
5230g
9
中川 岳
3040g
0g
2010g
5050g
10
小野田 大輝
1470g
2100g
1470g
5040g
11
笠井 克紀
 3730g
1260g
0g
4990g
12
中村 浩之
3230g
820g
930g
4980g
13
安達 真秀
3750g
500g
660g
4910g
14
榎本 篤史
2650g
1600g
610g
4860g
15
森 貴敬
2480g
2340g
0g
4820g
16
君嶋 一慶
2850g
1560g
340g
4750g
17
早野 剛史
No 
2200g
2440g
4640g
18
長山 裕一
2650g 
No
1920g
4570g 
19
五味 眞廣
1420g 
2800g
No 
4220g
20
Take-G
No 
2450g
1350g 
3800g
21 
小林 正人
2550g 
1240g
No
3790g
22
宮本 明
1380g 
1280g
1100g
3760g
23
石原 智弘
1300g 
1180g
1140g
3620g
24
横堀 進
1370g 
450g
1300g
3120g
25
内野 勝彦
2460g 
610g
No
3070g
26
日置 典重
No
3030g
No
3030g
27
長尾 仁志
0g
2150g
870g
3020g
28
鈴木 大三
1900g
1020g
No
2920g
29
高橋 透
850g
2020g
0g
2870g
30
中澤 一美
0g
2000g
860g
2860g
31
内山 裕
2820g
0g
0g
2820g
32
小暮 吉訓
2610g
No
No
2610g
33
掛水 守
210g
1840g
560g
2610g
34
山本 純司
900g
680g
680g
2260g
35
柴沼 聡
1200g
1030g 
0g
2230g
36
安藤 憲一 
2130g
0g
No
2130g
37
鍋島 健
1200g
0g
870g
2070g
38
福島 勇介
390g 
1000g
670g
2060g
39
藤村 智弘
2040g
0g
0g
2040g
40
堀江 貴志
1980g
No
No
1980g
41
松田 守彦
1160g
520g
No
1680g
42
名越 公一
No
No
1640g
1640g
43
伊藤 貴志
570g
1000g
No
1570g
44
中林 典昭
140g
830g
0g
970g
45
井上 武則
No
900g
0g
900g
46
正木 正実
No
No
830g
830g
47
佐藤 和幸
390g
No
No
390g
48
秋葉 和也
0g
0g
320g
320g
49
西村 茂剛
0g
No
No
0g
49
櫛田 英実
0g
No
No
0g
49
 篠崎 隆義
No
0g
No
0g
 
ハーツマリントーナメント2017第3戦終了時点での年間ランキングです。上位15名までがクラッシックへの参加権利が与えられます。
 
シリーズ最終戦は8/20(日)に開催されます。参加される選手の皆さん、頑張って下さい!
 
 
 
 

 

トレーラーアルミホイールのNEWデザインが入荷しました!
 
 
Z16 15インチ
IMG_9708.JPGのサムネール画像のサムネール画像
Z86 15インチ
IMG_9767.JPG
Z66MAT 15インチ
IMG_9716.JPGのサムネール画像のサムネール画像
Z08MAT 15インチ
IMG_9713.JPGのサムネール画像のサムネール画像
 
今回はBLACKにこだわってラインナップしました。けん引車のホイールカラーに合わせてもいいですし、変化させてもオシャレだと思います。
 
他にも様々なデザイン、サイズをそろえていますので詳しくは下記パンフレットをご覧ください。
 
 
PDF用ボタン.jpg
 
 
ホイールのマッチングや詳しい情報は080-8854-1285(ハーツレンタル山本)までご連絡ください。
 
当店では、トレーラー用部品についても様々なご要望承りますので、お気軽にご相談下さい。
 
 
 
 
 
   昨日、当店の公式Facebookページでお知らせしました通り、人気のレンジャー519DVXが入庫しました。
 
IMG_6312_2[1].jpg
2006年モデルの519DVXに環境対策のオプティ200馬力を搭載。ローランスのHDSが前後、ボブスのアクションジャックにオンボードチャージャー、29年9月までのトレーラー車検付きの1艇です。
 
詳細をUPするまで少しお時間を頂きますが、現物確認・試乗は可能です。気になる方は0299-77-9212かお問い合わせメールからお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
 
 
右セレクトバナー
右レンタルバナー
右レンタルバナー
右ガイドバナー

ご案内

HEARTS MARINE
HEARTS MARINE
〒314-0122
茨城県神栖市萩原182-1
TEL 0299-77-9212
FAX 0299-77-9213
HD 090−1422−6511(春木)
http://www.heartsmarine.com/

Movable -ケータイ-

HEARTS MARINEQRコード

アーカイブ