先日、お持ち込みのお客様からサウザーボートトレーラーのLEDウィンカーが点かないとのご相談を受けました。 
 
IMG_8814.JPG
テスターでリアの電圧を調べましたが、通電していませんでした。 
 
IMG_8817.JPG
そこでフロントの7ピンカプラーを開けて見ると緑の右ウィンカーの線が取り付け位置から切れていました。 
 
IMG_8820.JPG
 元々はハンダで先端を固めて取りつけてありましたが、経年劣化で線が折れてしまったようです。念の為、他の線も圧着ピンに交換しました。 
 
IMG_8823.JPG
交換後、ウィンカーの点灯を確認しました。ライト類の点灯不具合には配線の断線やアース不良などもありますので、1ヶ所ずつ確認していくしかありません。ご自身で手に負えなくなった時は、ご相談下さい。
 
今回、お預かりしたトレーラーを確認したところ、もう1ヶ所発見された不具合がこちら。 
 
IMG_8832.JPG
 ハブベアリングのプロテクターキャップが外れて中のグリスが飛び散っていました。このまま走っているとグリス切れでベアリングが焼き付くなどの不具合が心配されますので、ハブベアリングのオーバーホールもご依頼頂きました。後日、提携整備工場にて分解整備致します。オーナーさんもう少しお待ちください。 
 
当店では、トレーラーについての様々なご要望承りますので、お気軽にご相談下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 既にインプレをされている業者さんが多くてちょっと出遅れましたが、挽回すべく『ミンコタ ウルトレックス体感&受注会!』を開催致します。
 
ultrex.png
《ミンコタ ウルトレックス体感&受注会!》
 
日にち:2017年02月26(日)から03月05日(日)
時間:土日は14時から16時、平日は前日までにご予約頂き、待ち合わせ時間を決めましょう。
場所:ハーツマリンドッグ(湖上からボートでお越し頂いてもOKです)
ご予約・お問い合わせ:0299-77-9212
 
当日はレンジャーZ119cに搭載したウルトレックスをご自身で操作してもらい、体感して頂けます。併せてその場で受注を承ります。
 
IMG_3776.jpg
ウルトレックス最大の特徴が自動操舵系トローリングモーターにもかかわらず、ワイヤーケーブルのトローリングモーターと同じ感覚で操作できること。実際にはワイヤーとペダルにセンサーを取り付けて動作を感知してモーターで本体を駆動させています。
 
f3b44ff5-1ab0-4578-893b-74511d820177.png
ミンコタではパワーステアリングと称していますが、従来のトローリングモーターで感じていたペダルを踏み切ったところから戻す時に感じていた抵抗感が違ったり、動き出しにタイムラグがあると感じる方やモーター音が気になる方もいるようです。これらの感覚は実際に湖上で操作してもらわないと感じ取ることができないと思います。
 
また、皆さんが一番注目されている機能であるスポットロック。
 
7a8b4ba0-ef0a-4439-8c1b-3a3ee81b1c79.jpg
ステイできる精度やトローリングモーターの動作など、ご自身がイメージしている通りの機能なのかどうか、気になるところだと思います。
 
百聞は一見に如かず!ウルトレックスに興味があるお客様がいらっしゃいましたらこの機会に是非、体感してください。皆様のお越しをお待ちしております!
 
 
 
 
 

  HEARTS MARINE公式Facebookページ

 
 
 
 
 
 
今年から新たに発売されたローランスElite-9Tiですが、ようやくデリバリーも落ち着いてきたので、取り付け作業に追われています。
 
P2140939[1].jpg
P2140941[1].jpg
こちらトライトンTr-21XHPですが、メーターパネルにフレームが無く、このまま魚探をセットするのは強度的に不可能でした。
 
P2140947[1].jpg
P2140945[1].jpg
新たにアングルを曲げてベースを制作。
 
P2140955[1].jpg
Tr21Xはハンドルとの距離があるので、純正コの字架台をそのままセット。
 
P2210979[1].jpg
続いてトライトン18SE。こちらにはフレームがあったので、J-SPECオリジナルコンソールパネルを制作してダッシュボード用ストライドマウントにてセット。
 
P2210981[1].jpg
ちなみにダッシュボード用ストライドマウントはロングを選択。
 
P2210989[1].jpg
コンソールとハンドルとの距離感がベストな位置にセットできたのでは?
 
P2210993[1].jpg
エレキ側はお約束のストライドマウントで決まりでしょう?こんな感じで取り付け作業を進めています。また、ローランスElite-9Ti(トータルスキャンモデル)は現在即納可能な在庫も在りますのでお気軽にご相談ください。
 
 
 
 
 
 
 
 スナガ イーグル155&205の2017年標準モデルの価格が改定されたことに伴い、EAGLE155 Hearts Marine EditionEAGLE 205 Hearts Marine Packageの価格を改定致しました。
 
IMG_9990[1].jpg
 EAGLE155 Hearts Marine Edition(写真のアルミホイールはオプションです)
 
12671691_1295004877182291_7040498033968866138_o.jpg
 EAGLE 205 Hearts Marine Package(写真のダブルアクスルはオプションです)
 
 イーグル155は2017年モデルよりアルミホイールが標準装備されました。
 
16463852_1609911299024979_979891854819348587_o.jpg
 従いましてEAGLE155 Hearts Marine Editionもトレーラータイヤ・スペアタイヤ共にスナガ純正アルミホイールとしました。
 
イーグル205は標準装備されるトローリングモーターがX5-80に変更。EAGLE 205 Hearts Marine Package船体の大きさを考慮してX5-105をパッケージとしました。
 
13495628_1367229269959851_8606530482154549943_o.jpg
どちらも当店がボートの特性を最大限に引き出すオプションをチョイスした上で当店オリジナル仕様として特別価格で販売しております。実物の見学や試乗も可能です。興味がある方はお気軽にお電話0299-77-9212かお問い合わせメールからご相談ください。
 
 
 
 
 
先週末、名古屋で開催されたキープキャストに行ってきました。
 
IMG_20170219_082512[1].jpg
朝からすごい行列!徹夜組もいたそうです・・・
 
今回の目的はいつもお世話になっていますエレキの修理屋さん・ノースウェーブさん・テッケルlさんの合同ブースのお手伝いと関係者の方々との交流。
 
IMG_20170218_081344[1].jpg
有名ルアーメーカーと変わらない規模となったブース
 
IMG_20170218_084956[1].jpg
心身共にカエルになってお客様をお迎えです
 
今回、大忙しだったのがエレキの修理屋さん。エレキの解体ショーに話題のウルトレックス展示。お客さんが途切れることないぐらいの大盛況でした。
 
IMG_20170219_130250[1].jpg
滅多に見ることができない作業にお客様は興味津々
 
IMG_20170219_111800[1].jpg
多くのプロもご来店。福島健プロもウルトレックスは釣りを変える!と真剣モードでした
 
ノースウェーブさんブースでは話題のElite-9Tiを中心にHDSとの違いなど聞きに来られるお客様が多くおられました。
 
IMG_20170218_110507[1].jpg
豊富な知識を持つ多くのスタッフが広々としたスペースで濃密なコミュニケーション
 
テッケルブースは恒例の色塗り体験。
 
16797645_1196249487097155_1657170662303143779_o.jpg
親子で楽しんでいる姿はいつ見ても微笑ましい
 
IMG_20170218_085529.jpg
前田さんのキャラも随分と変わりました・・・
 
キープキャストは多くのバスボートが見られるのも特徴のひとつ。
 
IMG_20170218_120406[1].jpg
スキーターZX250。関東でスキーターの新艇が欲しい方はご相談ください!
 
IMG_20170218_112458[1].jpg
ナイトロZ21。関東にはあまり浮いていないので新鮮です
 
IMG_20170218_112123[1].jpg
久しぶりの参戦となったスナガボートさんはイーグルアルファ616を展示
 
IMG_20170218_112311[1].jpg
キサカさんは売れ筋のアルミボート
 
IMG_20170219_160501[1].jpg
ダイナミクスさんはこのクラスでは圧倒的なシェアを誇るサウザー450
 
GPS魚探関係では岡田商事さんが日本初お披露目となるハミンバードHELIX G2Nシリーズを展示。
 
IMG_20170218_155440[1].jpg
詳細は後日、当ブログにUPします
 
ホンデックスさんはホンデックスの9インチオールインワン魚探を展示。
 
IMG_20170218_164102[1].jpg
発売目標は今年の秋頃、筐体やキーのレイアウトはガラッと変わるそうです
 
シーズンオフで体がなまっていることもあって腰は痛いし、足はつるし、ボロボロになりましたが、楽しくてとても有意義な2日間でした。関係者の皆さん、大変お疲れ様でした!
 
 
 
 
 随分と引っ張ってきましたが、エリートプロネタもそろそろ打ち止め。最後はトローリングモーターについて調べてみました。
 
トローリングモーターはミンコタモーターガイドの二大ブランドのみ。多かったのはミンコタの69台。モーターガイドは35台でした。
 
13708280_10153795890352547_820651522100880660_o.jpg
12741863_10153920020403560_5337220538134831318_n.png
関東の人間からするとレンタルボートのトローリングモーターと言えばモーターガイド。圧倒的なシェアです。その流れからバスボートにもモーターガイドを搭載している人が多いのですが、アメリカではミンコタの方がシェアが高いんですね。
 
69台のミンコタの内、話題のULTREX(ウルトレックス)は34台。
 
14224712_10153947168092547_7207032867837856138_n.jpg
流心でペダルを踏まずに釣りをするオット・デフォー。衝撃的でした!
 
当店のデモ機はすでに日本へ到着していますが、今週末に開催されるキープキャストでエレキの修理屋さんブースにて展示されます。
 
bnr-adv2.png
日本で不特定多数の皆さんに見て触って頂ける初めての機会なので是非、キープキャストにご来場の際にはエレキの修理屋さんブースにお越しくださいませ。
 
FORTREX(フォートレックス)は35台。
 
bass0796.jpg
半分が従来品なんですね。新製品に対する信頼性から様子見のエリートプロもいるのでしょうか。
 
モーターガイドは35台中、現行モデルのX5が28台。
 
bass8545.jpg
廃盤モデルのTR-109が7台。
 
10012189_10152319660158560_108897932218143975_o.jpg
エリートプロからするとトローリングモーターは体の一部になっているでしょうからペダルの材質が変わったことに違和感を覚えるプロもいるのではないでしょうか。
 
ついでにシャローアンカーに触れておくとパワーポールを装着しているのは93艇(うち78艇が8ft)、タロンが8艇、搭載していないボートは3艇でした。
 
pro2_newheaderimage_1.jpg
昔のシグネチャーモデルと同じデザインでかっこ良くなったPro2シリーズ
 
11015238_10153584579257547_3067507736009279506_n.jpg
残念ながらタロンは日本の正規販売なし
 
パワーポールは希望するエリートプロには無償支給されるという話ですからシェアが高いのは当然。タロンを搭載しているのはすべて契約プロ(全員、トローリングモーターはミンコタでした)だと思われます。
 
 
 
 
 
竹じぃこと竹内プロのTake-Z号をメンテナンスしています。
 
P2080877[1].jpg
今年からTOP50に参戦するのでトラブルが無いようシッカリと各部を点検。
 
P2080878[1].jpg
インペラやプラグなど消耗品は全て交換。
 
P2080867[1].jpg
エレキは遠征先でもすぐに交換できるよう改造しました。
 
P2080869[1].jpg
P2080871[1].jpg
電源ハーネスをワンタッチで脱着できるプラグを装着。
 
P2080875[1].jpg
P2090880[1].jpg
こちらは予備のエレキ。こちらにももちろんプラグを取り付けているので、ホント簡単。竹じぃでも交換できるでしょう?この他にもフェイスブックで紹介した七色ダム用のスモールボートや、弥栄ダム用のアルミボートなどの整備に追われていますが、今期の活躍に期待しましょう。
 
 
 

  HEARTS MARINE公式Facebookページ

 
 
 
 
 
前回に引き続き、B.A.S.S.サイトで公開されたエリートプロが乗るバスボートに搭載されているエンジンについて調べてみました。
 
一番多いのがマーキュリー。実に約60%にあたる63台が搭載されていました。そのほとんどがProXS。4ストロークのVERADOはわずか2台でした。
 
12923139_1043598769030280_7758378681043617880_n.jpg
次に多いのがヤマハで30台、すべてSHOでした。 
 
P2100908-0213.jpg
このマーキュリーとヤマハの2大ブランドで約90%のシェアです。
 
少数派はエビンルードが5台、スズキが4台、ホンダが2台。
 
15731741_10154336573096553_4686125626013749518_o.jpg
10495367.jpg
12983882_10154094101070917_786362906977211016_o.jpg
ボートブランドを絡めて見ていくと一番多いのがスキーターとヤマハの組み合わせで16艇。
 
007_eliteboats2017_deanrojas_0.jpg
ディーン・ロハス艇
 
親子関係の会社ですから当然ですが、スキーターにはヤマハ以外のエンジンは搭載されていません。
 
次に多いのがレンジャーとマーキュリーが14艇、トライトンとマーキュリーが同じく14艇。ナイトロとマーキュリーが12艇と続きます。
 
060_eliteboats2017_skeetreese_1.jpg
 スキート・リース艇
 
051_eliteboats2017_boydduckett_0.jpg
ボイド・ダケット艇
 
099_eliteboats2017_edwinevers_0.jpg
 エドウィン・エバース艇
 
ナイトロはすべてマーキュリーが搭載されていました。ナイトロはバスプロショップス傘下のホワイトリバーマリングループ。同グループは一昨年、レンジャー・トライトン・ストラトスを傘下に加えました。マーキュリー社との結び付きはかなり強いようで同グループブランドのバスボートに乗るエリートプロの約84%がマーキュリーを搭載しています。また、昨年までトライトンのHPでは搭載するエンジンにスズキを選択できましたが、2017年モデルから選択できなくなりました。
 
バスキャットはマーキュリーが6艇、ヤマハが1艇、スズキが2艇、ホンダが2艇とバラエティーに富んだ組み合わせ。
 
031_eliteboats2017_paulelias_0.jpg
 ポール・アライアス艇
 
090_eliteboats2017_brandoncard_1.jpg
ブランドン・カード艇 
 
昨年までトライトンとホンダの組み合わせで乗っていたポール・アライアスとトライトンとスズキの組み合わせで乗っていたブランドン・カードは共に今年、バスキャットに移籍。トライトンがホワイトリバーマリングループになったのが影響したのかもしれませんね。
 
フェニックスもマーキュリーが9艇、ヤマハが6艇、スズキが1艇、エビンルードが1艇とバラエティーに富んだ組み合わせ。
 
102_eliteboats2017_cliffordpirch_1.jpg
クリフ・パーチ艇
 
少数派のエンジンを搭載したかったらバスキャットかフェニックス、または少数派ボートブランドという選択になるんでしょうかね!?
 
082_eliteboats2017_johnhunter_1.jpg
 ファルコンにスズキを搭載したジョン・ハンター艇、少数派中の少数派です!
 
 スズキマリン店の当店としてはスズキのエンジンを搭載したエリートプロが2名から4名に倍増したのがちょっと嬉しかったりします。目指せ!2桁搭載!!
 
 
 
 
 

 HEARTS MARINE公式Facebookページ

  駐艇会員さんによる毎年恒例の寒中釣り大会。昨年は悪天候で中止となりましたが、今年も懲りずに潮来マリーナ内にある管理釣り場富士見池で開催されます。
 
IMG_6607[1].jpg
 
第5回チキチキ寒中バス釣り大会!

日にち:2017年03月05日(日)
場所:潮来マリーナ内 第二富士見池
集合時間:8時半に第二富士見池駐車場に集合
参加費:500円  ※管釣り代(半日券3,000円)は個別にお支払い下さい
ルール:富士見池ルールに基づく(フックはバーブレス、3インチ以下のワームは使用不可etc)
競技方法:全長勝負!(ウエイインできるのは3匹までです)
表彰:一番でかいバスを釣った人の総取り!
※雨天・悪天候は中止です。開催するかどうかは前日の18時頃までにHEARTS MARINE公式Facebookページでお知らせします!

協賛:参加者全員 参加される方の地元名産をお持ち下さいませ♪

スケジュール:
   08:30・・・第二富士見池駐車場に集合、簡単なミーティングとチケットの購入&昼食の予約
   09:00から12:00・・・競技
   12:00から12:30・・・後片付け
   12:30から13:30・・・潮来マリーナ内にあるお食事処で昼食&表彰式
   13:30・・・解散
 
管釣りと侮るなかれ!毎年、爆釣の方がいる一方で数名がノーフィッシュというハーツマリントーナメントさながらの戦いになります。今シーズンの運試しをするのも良し、この冬に買ったタックルのテストをするのも良し、みんなでワイワイやりましょう。
 
また、同日の14:30頃からモーターボート総合保険相談会を実施致します。当日はいつもお世話になっている損保ジャパンの方にお越し頂いてモーターボート総合保険についてご相談・加入手続きができる場を設けます。
  
IMG_5929[1].jpg
IMG_5935[1].jpg
釣り大会も保険相談も事前のご予約が必要です。参加希望者は3月4日までに0299-77-9212までご連絡下さい。
 
※保険のご相談・加入は随時受け付けております。釣り大会当日に都合が付かない方は別途、ご相談ください。
 
 
 
 
 暫くは魚探ネタでしのいでいましたが、いよいよネタ切れになってきたので先週、B.A.S.S.サイトで公開されたエリートプロが乗るバスボートについて調べてみました。(写真はB.A.S.S.より拝借)
 
公開された写真の中で一番多かったのがレンジャーボートで20艇。
 
096_eliteboats2017_morizoshimizu_1.jpg
我らがモリゾープロもレンジャーです
 
次に多かったのがフェニックスボートで17艇。トライトンボートスキーターボートが16艇ずつ。
 
069_eliteboats2017_aaronmartens_1.jpg
フェニックスと言えばアーロン・マーティンス
 
097_eliteboats2017_geraldswindle_1.jpg
トライトンと言えばAOYを2度獲得したジェラルド・スウィンドル
 
004_eliteboats2017_altonjonessr_0.jpg
スキーターと言えば親子参戦で話題のアルトン・ジョーンズ
 
第2グループとなるのがナイトロボートの12艇、バスキャットボートの11艇(バスキャットからのアナウンスでは全12艇だそうです)、レジェンドボートの7艇。
 
010_eliteboats2017_kvdkevinvandam_0.jpg
ナイトロと言えばケビン・バンダム 
 
094_eliteboats2017_mikeiaconelli_1.jpg
 バスキャットと言えばマイク・アイコネリ 
 
064_eliteboats2017_chrislane_1.jpg
 レジェンドと言えばクリス・レーン
 
 少数派グループだけど日本では認知されているストラトスボートが1艇。
 
088_eliteboats2017_mikemcclelland_0.jpg
ビックリしたのがファルコンボートというブランド。
 
020_eliteboats2017_brettpreuett_0.jpg
 存在すら知りませんでしたが、2名のプロがファルコンで参戦しています。HPを見るとファルコンの特徴はワイドボディ。
 
IMG_3556.JPG
なんとビーム幅が99インチ!日本ではトレーラー車検が取得できないサイズです・・・
 
あとは日本にも輸入されていたブレイザーボートが1艇、 アルミのエクスプレスボートも1艇、参戦しています。
 
050_eliteboats2017_jessetacoronte_1.jpg
 
008_eliteboats2017_skylarhamilton_0.jpg
数年前からフェニックスボートに乗るプロが増えましたね。そして今年、大きく数を伸ばしたのがバスキャットボート。数名のプロが移籍してきました。これにはそれなりの理由があるようなので次回、触れたいと思います。
 
 
 
 
引き続き冬季メンテナンスを進めています。こちらレンジャー462VSですが、コンソールの中心に魚探を配置したいとの事。
 
P2090883[1].jpg
 
P2090885[1].jpg
今回は思い切ってメーターの配置も変更するので、オリジナルコンソールパネルを制作。
 
P2090888[1].jpg
元々パネルがあったわけでは無く、台紙をあてながら型紙を制作。メーターの穴や架台の位置などトレースするのに苦労していましたが、さすがJ-SPEC。位置のズレもなく微妙な曲線もキレイに仕上がってます。
 
P2090895[1].jpg
メーターも新調して大きくイメージチェンジ。
 
P2100907[1].jpg
まだ魚探の架台が付いていないけどこんな感じ。魚探とメーターそれぞれ見やすい所に配置できたのでは?
 
このように、メンテナンスと並行して様々なご要望にお応えしながら作業を進めています。
 
 
 

  HEARTS MARINE公式Facebookページ

 
 
 前回に引き続き、B.A.S.S.サイトで公開されたエリートプロが乗るバスボートについて調べてみました。
 
 
公開されたボートで一番多かったのは昨年同様、レンジャーで26艇。
 
shimizu_morizo-43.jpg
清水盛三プロは昨年乗っていたZ521cを継続使用
 
omori_takahiro-68.jpg
大森貴洋艇は最新のZ520L
 
昨年の20艇から増えているのはFLWからの移籍組が増えたからでしょうか!?
 
fukae_shin-22.jpg
FLWから移籍した深江真一プロは新艇が間に合わなかったようでZ520cで出場
 
次に多かったのがトライトンで20艇。こちらも昨年の16艇から数を増やしています。
 
ashley_casey-100.jpg
2015年のクラシックを制したケーシー・アシュリー艇
 
フェニックスは昨年とほぼ同じ17艇。
 
hackney_greg-79.jpg
フリッパーで有名なグレック・ハックニー艇
 
このあとスキーターの15艇、ナイトロの13艇、バスキャットの12艇と続きます。
 
palaniuk_brandon-99.jpg
昨年のAOY、スキーターの顔となったブラントン・パラニューク艇
 
vandam_kevin-77.jpg
ナイトロと言えばケビン・バンダム
 
iaconelli_michael-13.jpg
 マイク・アイコネリ艇 写真を見る限り、リンクスではないようです
 
少数派はアルミのエクスプレスボートが2艇、ファルコンが1艇、ブレーザーが1艇。
 
lowen_bill-42.jpg
morris_rick-9.jpg
rojas_dean-47.jpg
スキーターからブレーザーに乗り換えたディーン・ロハス艇
 
昨年との大きな違いは7艇もあったレジェンド。昨年、レンジャー・トライトン・ナイトロ・ストラトスと同じバスプロショップス傘下のホワイトリバーマリングループに買収されたのが影響しているのかどうか判りませんが、公開された写真の中には1艇もありませんでした。
 
lane_chris-8.jpg
レジェンドの顔だったクリス・レーンはナイトロに乗り換え
 
気になるのがバスマスタークラシックで発表される予定のベクサスというニューブランド。
 
 
どんなボートが発表されるのか判りませんが、来年のシェアが大きく変動する可能性もあって楽しみです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 フィッシャーFX21トーナメントをご成約頂きました。
 
IMG_3328[1].jpg
 いつかはフルサイズのバスボートを乗りたいと思っていたお客様。希望していたサイズに充実した装備が決め手となってご購入頂きました。納艇まで少しお時間を頂きますが、楽しみに待っていてください。ご成約、ありがとうございました。
 
また、NEW YEAR SALE告知の際に入庫予定とお知らせしましたトライトンTr-19。 
 
IMG_3133.jpg
こちらも多数のお問い合わせを頂きまして詳細UP前にご成約頂きました。ありがとうございました。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
チャンピオン203のオーナーさんにご依頼頂いた新車トレーラーのナンバーを取得を致しました。オーナーさんが今まで使っていたトレーラーが経年劣化により多くの補修が必要になった為、今回は新車トレーラーをご購入頂きました。
 
ご用意したトレーラーは、多くのバスボートメーカーに純正採用されている EZ LOADER(イージーローダー)トレーラーです。 
 
IMG_8630.JPG
  汎用トレーラーですので、各バスボートのハル形状に合わせてバンクを設定出来るよう、ボルスターブラケットの仕様となっています。 
 
IMG_8657.JPG
  
IMG_8663.JPG
慣性ブレーキも2軸とも新品が付いていますので、安心してトレイルする事ができると思います。古くなったトレーラーは新車に変えるのもひとつの案として良いのではないでしょうか!
 
当店では新車トレーラーをご購入して頂いたお客さんには初回の12カ月法定点検を無料で実施致します。トレーラー並行輸入車、組立車の新規申請をご依頼いた方にも無料で初回の12カ月法定点検を実施致します。
 
当店では、トレーラーについての様々なご要望承りますので、お気軽にご相談下さい。
 
 
 
 
 MEGA imagingの鮮明さで大きなインパクトを与えたハミンバード HELIX G2Nシリーズ
 
 
800x284_HELIX-G2_Sec1-Intro_2.jpg

 

d0145899_170206.jpg
日本での販売価格が決定しました!
 
HELIX 9 CHIRP MEGA SI GPS G2N・・・328,000円(税別)
HELIX 10 CHIRP MEGA SI GPS G2N・・・428,000円(税別)
HELIX 12 CHIRP MEGA SI GPS G2N・・・590,000円(税別)
 
現行モデルのHELIXシリーズから5万円(税別)のUPですね。これを安いと思うか、高いと思うかは実際の画像を見ての判断になると思いますが、どうしても期待しちゃいますね。
 
発売は今春というだけで正確な発売時期は明らかになっておりませんが、気の早い方から予約したいとご依頼頂きましたので当店の通販サイトでも予約受付を開始しました!
 
 
入荷しましたら順番にお渡しすることになりますので気になる方はお早めのご予約がお勧めです。
 
当店では会員さんはもちろん、牽引でのご来店、湖上からのボートの持ち込み、レンタルボート・アルミボートユーザーの方などすべてのお客様に対応致します。お気軽に0299-77-9212までご相談ください。
 
 
 
 
 
イーグル185をご成約頂きました。
 
IMG_2320[1].jpg
 今までレンタルボートで楽しまれていたお客様。息子さんと一緒に楽しみたいということでご購入頂きました。併せてオフセットトレー加工やガラスコーティングもご依頼頂きました。
 
納艇まで少しお時間を頂きますが、シーズンに間に合うようにしっかりと整備させて頂きますね。ご成約、ありがとうございました。
 
 
 
 
 

 

 昨日、チャージャー160Vを納艇致しました。
 
IMG_3352[1].jpg
IMG_3355[2].jpg
気軽に牽引できるサイズをお探しだったお客様。念願のバスボートに少し緊張気味!?
 
IMG_3362[1].jpg
IMG_3373[1].jpg
当日は前日までの暴風がすっかり収まって快晴無風の納艇日和。気持ちよく操船されていました。
 
IMG_3379[2].jpg
利根川メインにトレイルするということでヒッチのご注文も頂きましたので取り付け中は釣りを楽しんでもらうために再び、湖上へ。
 
このほどは当店でご購入頂きましてありがとうございました。充実したトレイルができるようサポートさせて頂きますね。今後ともよろしくお願い致します。
 
 
 
 
 
 
右セレクトバナー
右レンタルバナー
右レンタルバナー
右ガイドバナー

ご案内

HEARTS MARINE
HEARTS MARINE
〒314-0122
茨城県神栖市萩原182-1
TEL 0299-77-9212
FAX 0299-77-9213
HD 090−1422−6511(春木)
http://www.heartsmarine.com/

Movable -ケータイ-

HEARTS MARINEQRコード

アーカイブ